見出し画像

さみしい春

冷えた冬の朝、巻いたマフラーの中でゆっくりと息を吐く。

今朝はあの人に会えるかな。


バスを待っている人の中で、いつも一人で佇んでいるあの人は、
いつも目線を本に落としながらヘッドホンで何かを聞いている。

あの制服はきっとあの学校だいうことは分かる。

わたしは友達とおはようの挨拶を交わし、昨日見たテレビの話をしながら、目の端であの人の気配だけ感じ取る。

あの人が顔を上げたときの目線や、
眠そうにあくびをしたり、
何度もページをめくったり、
時折スマホを見たり、

何を考えているのか気になる。


声さえ聴いたことがないのに、
どうしてこんなに気になるのだろう。


最近気づいた唯一のことは、
読んでいる本は大学受験の本だということ。


ああそうか
きっと春にはもういない。

背の高いあの人は、
その窮屈そうな学生服はきっともう着ない。


朝だけのそわそわする気持ち、
バス停だけのふわふわした気持ち、
どうすることも、ないけれど。

吐いた白い息が消えていくように、
さよならの気配も感じながら。



春の訪れを感じさせる温かさが
ただたださみしい、バスの中の日差し。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フォローいただけると励みになります!
5
本名ではありません。昔のバイト先で「君はシーラカンスみたいだね」と言われたのがはじまり。しいらって書くと椎平になりました。年を重ねて胸に留めておきたいことも、伝えたいこともだんだん見えてきたお年頃。noteで何かしら伝えられるといいなと思っています。ただの一般人です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。