椎平巻子

本名ではありません。昔のバイト先で「君はシーラカンスみたいだね」と言われたのがはじまり。しいらって書くと椎平になりました。年を重ねて胸に留めておきたいことも、伝えたいこともだんだん見えてきたお年頃。noteで何かしら伝えられるといいなと思っています。ただの一般人です。

はちみつぶんぶんケーキ

子どもへ読み聞かせをするために借りた図書館の本に、「クマくんのはちみつぶんぶんケーキ」という本があったので、可愛かったから手にとってみたのです。 もうこれ、絵本…

はじめて飛行機に乗ったときのこと

つらつらと書いてみる1 いくつかの記事を読んでいただければ、私が昭和生まれということにお気づきになるかと思う。 そんな私が初めて飛行機に乗ったのは、中学2年生の…

とある夫婦のワンシーン

「うそでしょ」 思わずメグミの口からこぼれたのはたぶんどちらともいえない自分の本当の気持ちだったと思う。 まさかと思って試した妊娠検査薬は、イイエ、万分の一も違…

静かに息をしている、と思った。 周りは静寂だ。 なんの音もしない。 ただ自分の呼吸するわずかな、ほんのわずかな音と思しき何かを感じるのみだ。 一人で生きているわけ…

工作の罠

子どものね、保育園では、晴れた日は園庭で外遊びをするんですが、雨の日は教室で工作をするんですよ。 何の工作するのかなと思っていたら、今は各家庭から持ち寄った空き…

死ぬまで好奇心

90を過ぎた叔母から相談を受けた。 「持っている携帯をスマホにしたいの」 と。 今時90過ぎて携帯を持っていると言っても周りの人間は驚くことが多いというのに、ス…