見出し画像

静かに息をしている、と思った。

周りは静寂だ。
なんの音もしない。
ただ自分の呼吸するわずかな、ほんのわずかな音と思しき何かを感じるのみだ。

一人で生きているわけではないと分かっている。
けれども、途端に孤独の装いがあっという間に身を包んできてしまう。

いったい、自分は何をしているのだろう。

目の前にある、なんでもないことばかりが圧を放ってくる。
押し寄せる、波が苦しい。


「仕方のないことよ」

いつかの彼女はこう言い放った。

「・・・いつか、解放されるときは来るの?」

絞りだした問いに、しばらく間をおいて彼女は答えた。


「水は低きに流れるのよ。この地球上であれば」。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フォローいただけると励みになります!
4
本名ではありません。昔のバイト先で「君はシーラカンスみたいだね」と言われたのがはじまり。しいらって書くと椎平になりました。年を重ねて胸に留めておきたいことも、伝えたいこともだんだん見えてきたお年頃。noteで何かしら伝えられるといいなと思っています。ただの一般人です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。