♪おうちカラオケ♪ | #やめとま話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

♪おうちカラオケ♪ | #やめとま話


私は、歌うことが、大好きだ。

だけど、カラオケボックスには、行かない。

おうちで歌う。


それは、COVID-19だからではない。


では、なぜ、カラオケボックスに行かないのか。


カラオケボックスの音響設備が良すぎるあまり、

全方位から降ってくる大音量の音が、とても怖く感じてしまうから。


私は、持病のてんかんのこともあって、光刺激に弱いのだが、

それに加えて、音刺激も得意ではない。

だけど、音楽は好きで、大好きなアーティストの方も、大勢いる。


だから、ライブ・ツアーとか、行ってみたい!と思うのだが、

光刺激、音刺激をまともに受けやすいので、

自分のために、行かないようにしている。



でも、昔から、歌うことが大好きだったから、

歌うことはやめられなくて、

歌うことをやめたくなくて、

歌いたくなる気持ちを抑えられなかった。


だから、私は、知らず知らずのうちに、

おうちカラオケをするようになった。

そして、やめられなくなった。




私は、歌うとなると、かなり大きい声になってしまう。

妙に、響く声を持っていることもあり、大きさと迫力が増す。

さらに、ノリノリの時は、本当にすごくなる。


ご近所の方や一緒に住んでいる家族には、

申し訳ない思いでいっぱいだが、

このおうちカラオケは、どうしてもやめられない



なぜなら、やはり、歌うこと、声を出すことは、ストレス発散になる。

そして、おうちカラオケは、私が唯一、

好きなアーティストと好きな歌を一緒に歌える場であり、時である

さらに、母も歌が好きなのだが、

母と一緒に、母の好きな歌を歌うことができる


だから、やめられない。とまらない。いや、とまれない。




最近は、You Tubeを聞きつつ、在宅作業しつつ、歌っている。

今も、この記事を書きつつ、歌っている。


今後もやめれそうにない。





THE CALBEEさん、ステキな企画ありがとうございます。


ぜひ、皆様も、ご参加ください!

この記事が参加している募集

スキしてみて

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よければ、フォローお願いします!😀
理系大学院生 / てんかん・HSPとの共生/ 自然・音楽・読書・アニメ・お笑い・可愛いキャラクター・カフェがスキ ★ noteで発信中 (2021/3/27~) ★