見出し画像

働く40代オンナ

ふおー。体力の衰えを日々感じているが「んなことあるかい」って自分の驚愕な事実みたいなのを垣間見るといちいち突っ込んでは「んなことあるわな」と自己解決している日々。同じく40代の同志たちはいかがお過ごしだろうか。


週末のおさらいマフィン作りで気づいてしまった体力の衰え。朝8時半からぶっ通しで午後2時までたちっぱなしで焼き菓子を作ってしまう。その間にバターが切れてしまったので歩いて5分のところにあるスーパーに買い物に行き30分ほど休憩のような買い物をしたけれどほぼぶっ通しであった。元より坐骨神経痛を患っているのと姿勢が悪いので低めの机で何かやると悪い姿勢のまま体が固まってしまいそして在庫神経痛が発動して大変なことになるのである。それにしてもマフィンを3種類つくり焼きドーナツを1種類しか作っていないのにママンに「顔が疲れてるけど?」と言われてしまったのは化粧をしてなかったとかまゆげがなかったとかではない。きっと本当に疲労感が顔に出ていたのであろう。嗚呼。そんなお歳になってしまったんだなあと自分で作ったマフィンの試食をむしゃむしゃしながら少しだけ悲しみに浸っていた。マフィンおいしくできたなあという気持ちと半々で。そして甘いものばかりを食していたので「しょっぱいものを食わせろ」とママンに詰め寄り棚の奥からチキンラーメンのカップ型の卵のフリーズドライが入っているものを差し出された。勿論追い生卵したけど。腰を前なのか後ろなのかどっちか分からないけどぎっくり腰になったら大変なのでぎりぎりセーフなラインを探して固まらないようにぐりぐり動かしながらチキンラーメンを食べていたらどうにか復活したけどこれはベッドでだらだらしなければ!と思い立ち午後3時ぐらいに焼き菓子作りを終了させた。

【ミックスベリーマフィン】

画像1

このいびつなふくらみはきれいなきのこ型のマフィンが作りたくて調子にのって型に生地を10分目まで入れて失敗しているパターン。わかっちゃいるけどやめられないっていう類の調子の乗り方で針の穴ほどの期待値をかけていつもオーブンにぶち込んでいる。が失敗している。今回のレシピは前回と違っているのと冷凍フルーツの分量を少なくした。どうにか水気も少な目にできたがやっぱり生のフルーツのほうが断然おいしい。でもこの冷凍フルーツを使ったマフィンをどうにか自分のものにしたいので納得するまで作り続けようと思っている。

【キャラメルクリームマフィン】

画像2

この茶色はココアとかチョコの色ではない。きび砂糖を焦がし的な意味合いまで煮詰めた色だ。少し苦みがあって個人的には「あーやべえうめえ」なんだが人によっては「にがいー」と思うかもしれない。この境目を決めるのが難しいなあ。

【チョコレートマーブルマフィン】

画像3

前回よりも米粉の分量を増やしたので綺麗なマーブルができた。割らないとわからないけど。画像撮り忘れ。トップのココアクランブルは硬めに作ったのでカリカリして◎。おいしいなあと自画自賛。

週末家に引きこもって焼き菓子をごりごり作って途中休憩で近くのたばこ屋の灰皿を目指して散歩に行きそこでも「豆乳の量をもう少し減らさないとなあ」とか「アーモンドプードル入れ忘れたけどそれでもいい感じだっただなあ」とかそういうことしか思っていない。平日は一切マフィンのことを考えるのを止めた(理由は作りたくなるから)ので、週末や祝日のどFreeの日は一日中甘い物のことを考えている。「甘い物」と書くと砂糖中毒者みたいな感じだけど今日はふと「作ることが目的ではなく甘い物が食べたいだけでは?」と思ってしまって慌てて自分の考えを打ち消した。あぶねーあぶねー。違う違う。そうじゃそうじゃない。とお決まりのフレーズを書いておくか。

また体力の話になるんだけど最近目覚ましアラームの前(30分前)に自然と起きてしまう。腰が痛くてとか寝苦しくてとかではない。ぱっきり起きるわけでもない。普通に意識が戻り「もう時間かなー」と思って時計を見ると目覚ましが鳴る30分前なのである。これが平日と休日関係なくある。なんだろうかこれは。寝る体力が6時間もなくなっているのか。44ちゃいで?もう40代が未知すぎてこわい。突然大病して死ぬかもしれないとか色々考えてみたりしてその結果やっぱり自分のやりたいことをやらなければいけないよなあとしみじみ思っている。けど毎日が平凡でいいんだけど淡々と過ぎていく。2018年年末から今年の2月まで悶々としていて今年は1年長く感じるかもしれないなあと思っていたらもう10月になってしまって一応「焼き菓子屋の女店主になる」夢は持ったが悶々と過ごし始めた月がもう目の前のそこにある。あたしは何を得たのか。確かに今年は去年よりも技術的なことや心情的なことで色々取得できたと思っているが本当に取得しているのか。本当に取得したと感じれるってどこらへん?とかむかつくぐらいの心の自問自答が激しくて表側の体力がついていっていない気がする。そして体力の低下・・となるわけだな。うん。

最近BuddyのTwitterをミュートにしてしまった。苦肉の策である。Twitterは自由な場所だし何をつぶやいてもいいしそれにいちいち反応なんかしなくてもいい。でもBuddyであるし全然知らない人ではないので投稿される内容を見るたびに人としてここは反応したほうがいいのだろうかとか純粋な投稿を読むというよりも面倒な方向で考えて読むようになってしまった。BuddyのTwitterは鍵垢でフォローしている人達も身内ばかりなので気がゆるゆるなんだろうとおもうけどあたしがあまり好きではないガチの暴言を投稿する。BuddyはTwitterをそういう場所にしているんだろうけどあたしは違う。ガチの暴言は絶対に投稿しない。あたしが鍵垢でないのも理由の一つだが思ったことを文字にしただけで自分にも不特定多数にもよくない影響が少なからずあると思っているから。それを人は小心と呼ぶがそういう性格なのだ。きっとBuddyも暴言を文字にすることが一部そういう性格なのだろうと思う。でもそこはBuddyでも賛同できないし自分自身の気持ちが他人の暴言(自分に対してではないけど)で荒むのを恐れている。影響力はその場ではわからないが蓄積されて知らない間にそれが普通になり確立されてしまう。人は個性をしっかり保てるほど強くないし心のどこかに闇はある。そこが巨大化しないようにするには自分にとっての「悪」の影響は排除しないとなのである。それが今回BuddyのTwitterの暴言系投稿だった。だったらTwitter止めれよと思うがほぼお菓子作り垢になっているのと他の情報はTwitterで助かっている部分もあるのでそのあたりはうにゃうにゃしてしまう。Buddyだけどすでに半年以上いいねもコメントもしていない状況だったのでミュートにすることは大したことないと自分に言い聞かせている。冷血なのだろうか・・・。


●今日の音楽● Pretty Tracks by Pretty Pink
●日々のつぶやき● ATK on Twitter
●コラム書いてます!● Adflock.jp にてVANSと古着屋とちょい飲みの素人コラム書き。ぜひぜひ読んでね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

思いのはけ口。 あったこと、思ったこと。

3
自分を振り返ること。 心でぺちゃくちゃ喋ってることや脳のシワとシワの間でもやもや思っていることのはけ口場。 自分が死ぬかもしれない時にこれを全部プリントアウトして一緒に燃やしてもらう予定。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。