見出し画像

【恐怖】【意外と便利】位置情報シェアアプリZenlyを使ってみた。

こんにちは。

みなさんは位置情報シェアアプリ「Zenly」なるものが女子高生を中心に流行っているのをご存じですか。
その名の通り、「自分やともだちの位置を共有するアプリ」です。友達をZenly上で追加したら、スマホのGPSをもとにその友達がどこにいるのか逐一観察することが可能になります。(もちろん位置情報シェア機能をオフにすることも可能ですが。)
例えばマップ上で友達の位置が友達の自宅の場所にあれば「あ、もう帰ったんだな」とか、繁華街の飲み屋の位置にあれば「今日はワンチャン狙ってる日だな」とか推測できるわけです。
先日偶然テレビの特集でZenlyが取り上げられており、TwitterやInstagaram等を越え位置情報まで把握し合おうとする女子高生の実態が取り上げられておりました。
私の最初の印象は

怖ッ..

でした。

あたりまえじゃないですか。自分の場所が他者に逐一知られ続けるなんて、プライバシーもくそもないですよね。こっそりひとりで締めパフェを食べに行くこともできなくなります。シェア機能をオフにしたらしたで、「あいつシェア機能オフにしてる。今みんなに知られたくない場所にいるんだな。」とか思われかねませんからね。

とはいえ、試してみる前から偏見をもって物事を決めつけるのはあまり好きではありません。心から理解できないからこそ、むしろ試してみたくなるんですよね。

というわけでZenly、はじめてみました。
条件は①仲のいい友達2人と使用②ゴーストモード(位置シェアをオフにする昨日)、GPSオフ時の詮索なし です。

結論から言うと「クソ便利」です。

・メリット

①「今どこ?」がなくなった

友達2人のうち1人は家が近くよく一緒に帰るのですが、これまでは「今どこ?」「〜駅」「〜駅のどのへん?」「よくわからんから改札行くわ待ってて」「オケ」みたいな会話がよくありました。
Zenly導入後は、テキストによる場所指定の曖昧さがなくなりました。
「とりま9時に〜駅で」とさえ言っておけば、相手が駅のどのあたりにいるかまで把握できるのでいちいち連絡し合う必要がないわけです。

②待ち合わせ相手があとどれくらいで来るかわかる

前にその友人と合流しようという話になった際、自分がいたスタバに来てくれることになりました。
彼の到着次第すぐにスタバを発つことになるので、やっている作業を一区切りしなければいけません。

Zenlyを開くと自分がいるスタバに向かってくる彼の動きが見えるわけです。
その速度や位置から「あと〜分くらいで着くかな」という概算ができ、それに合わせて自分の作業を終わらせることができます。

また待ち合わせに相手が遅刻する場合も、あと何分で着くかなんとなくわかりますよね。「ごめん5分遅れる」(5分後)「ごめんあと10分」(10分後)「ごめんやっぱりもっと遅れそうだから先行ってて!」みたいな意味のないやりとりがなくなります。

③近くにいる友達を誘いやすくなる

急に予定がキャンセルになってやることなくなった…なんとなく誰かに会いたい… みたいなことありませんか?私はけっこうあります。恥ずかしながら。
そんなとき、そっとZenlyを開きます。
「あいつ近くにいるな…」と把握し、ピンポイントに「俺今〜にいるんだけど飯食いに行かね?」みたいな突然の誘いをするわけです。誰彼かまわず声かけるよりも成功率が高くなります。

ただこれは私と友人が長い付き合いで強固な信頼関係があるからできることかもしれません。そこそこくらいの仲の人から「今〜にいるよね?飯食いに行かない?」とか言われたらわりとキツいかもしれないですね…。

④相手の携帯のバッテリー残量がわかる

これが意外と便利です。夜に会う予定がある人のバッテリー残量が極端に低いとき、自分と会う時にはバッテリーが切れてるかもしれないと予測することができます。
「そんなアホなやついるかよ」と思うかもしれないですけどいますよここに。私は待ち合わせ直前にスマホの充電が切れてしまい、会うのに手間がかかったなんてこと何度もあります。クソ迷惑な話ですが。
そういうアホに対して「今充電なくなってきてるみたいだから、もし切れた時は~時に〜で会おう」みたいなことを事前に言っておくことができますね。

以上4点、私が感じたZenlyを使うメリットです。まだ使い始めてから10日なのにこれだけの恩恵に授かることが出来ました。
しかしながら10日間しか使ってないからこそ検討し切れていないデメリットも沢山あると思います。例えば人との待ち合わせを完全にZenlyに依存しきっている際にスマホ紛失、バッテリー切れ等が起こると対応が不可能になります。
また位置情報を共有する相手も選ばないといけません。今回は強固な信頼関係の友人2人のみ、しかも2人ともある程度私の生活リズムや頻繁に訪れる場所を知っているため、プライバシーの点で不安に感じることはありませんでした。しかしながら共有する相手を増やせば増やすほど個人情報流出の観点からリスクが高くなります。また共有相手を厳選しないと、共有相手の軽はずみな心から見ず知らずの第三者に自分の位置情報を知られる危険性があるわけです。

・まとめ

Zenlyを使うポイントは
①位置共有相手を厳選する
②使用用途を明確にする
③むやみやたらな詮索をしない

以上3点にあるように感じました。正しいリテラシーをもって使用すれば、出会いのあり方を変える画期的なアプリだと個人的には考えております。

今後気が乗ればZenlyと類似アプリの比較、Zenlyのビジネス利用の可能性についても書きたいです。気が乗れば…

それでは本日はここで。また。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
2020新卒大学生。学び、思考整理用。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。