新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

<フクシマからの報告>2020年春   「人が戻らない」 再開3〜4年     事故前の人口を回復した市町村ゼロ  強制避難地域 帰還者の苦悩

 2011年3月11日に始まった私の福島第一原発事故取材は、9年目に入った。

 今回の論点は「かつて強制避難の対象になった市町村には、どれくらいの住民が戻ったのか」である。

 東京で見る新聞テレビは、やれ「JR常磐線が全線復旧した」とか、やれ「東京五輪の聖歌ランナーが走る」(コロナウイルスで五輪そのものが延期にならなければ2020年3月26日に福島市を出発するはずだった)とか「復興」を演出するイベントやセレモニーばかり報道している。もちろん、そんな演出をしても、メルトダウンした原子炉は1ミリも変わらないし、放射性物質のチリは一粒も減らない。

 こうした演出にごまかされないように確認しておかなくてはならない。本来「復興」とは「住民たちの暮らしが、2011年3月11日以前の状態に戻ること」である。

 ところが、その指標となるはずの「原発事故で強制的に避難させられた住民たちは、どれくらい故郷に戻れたのか」という基本中の基本であるはずの統計が、福島県外のマスコミには出てこない。

 避難が解除されて(市町村によってまちまちだが)3〜4年が経過している。そろそろまとめてみてもいいころだろう。

 そこで私は、かつて強制避難の対象になった同原発から半径20キロ以内の11市町村・地区について、原発事故当時の人口と、現在の人口を比べ、「帰還率」を割り出してみた。原発直近の、汚染が一番ひどかったエリアである。

 詳しい数字は本文中で述べる。2020年春現在、原発事故前の人口を100%回復した市町村はひとつもなかった。50%以上の住民が戻った市町村でも、3つしかない。他はもっと低い。

 原発事故から10年で「事故前の状態を回復すること」はほぼ絶望になった。残念ながら私はそう考えざるをえない。10年は原発事故のダメージを回復するには足りないのである。

 しかし、人間の一生にとって10年は長い。小学生が成人式を迎えるくらいの時間である。故郷を離れた時間が伸びれば、避難先で生活した時間が長くなる。生活の基盤は避難先に移っていく。

 現地は一体どうなっているのか。

 様子を確かめに、私はまたフクシマを訪れた。

(冒頭の写真は、福島県飯舘村でみた、満開のサクラの下にある線量計。毎時0.672マイクロシーベルトは事故前の約17倍。この一帯は除染が終わっている=2020年4月24日撮影)

この続きをみるには

この続き: 4,887文字 / 画像30枚

<フクシマからの報告>2020年春   「人が戻らない」 再開3〜4年     事故前の人口を回復した市町村ゼロ  強制避難地域 帰還者の苦悩

烏賀陽(うがや)弘道/Hiro Ugaya

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私は読者のみなさんの購入と寄付でフクシマ取材の旅費など経費をまかないます。サポートしてくだると取材にさらに出かけることができます。どうぞサポートしてください。

97
ジャーナリスト・フォトグラファー 1963年京都市生まれ。京都大学経済学部卒。 コロンビア大学修士課程(軍事学)終了。 朝日新聞社記者を経て2003年からフリーの報道記者。 アマゾン著者セントラル:https://www.amazon.co.jp/-/e/B01MF8GG1A

こちらでもピックアップされています

烏賀陽さん
烏賀陽さん
  • 22本
コメント (1)
双葉町に知り合いの牧師先生と教会の皆さんがいました。震災直後、各地をみんなで移動し、いわき市に新しい教会を築かれました。当時の話しを牧師先生から伺ったことがあります。だから、わたしにとっても身近な話しです。烏賀陽さんの、命懸けにレポートしてくださることに、深くお礼申し上げます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。