見出し画像

「大無職オリンピックTOKYO」[殺傷技能男子無差別級編]

2020年TOKYO。

八角柱状闘技場(オクタゴン)で二名の格闘者が睨み合っている。

一名は米国代表ハーキュリーズ・ヘラクレス。2.4m 200kgの偉丈夫は現WSW世界チャンプである。

もう一名は日本代表支倉たけし。1.7m 90kgの猫背の上下スウェットで職歴なし。宮城県立黒脛巾高専卒。バリバリの無職。

「ハーキュリーズ!気を付けろ! ただの無職じゃない!」

「ハッ? 無職ナンテ雑魚ダロ?」

「そうサ、ぼくはタダの無職サ……」

そして、たけしは《無職技能》「忍術」を構えた。

【続】

2020年。
日本はロボティクス技術の独自発展により単純労働のみならず調理芸能政治に性産業までもが産業AIで代替され全国民が無職化。あらゆる才能の原石が無職の砂漠に埋もれることになった。これは砂漠から原石を拾い上げようとする探索者達の物語である。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもたくさんのチヤホヤをありがとうございます。頂いたサポートは取材に使用したり他の記事のサポートに使用させてもらっています。

ゴッド・ブレス・ユー
16
お望月さん:コンテンツコンデンサー、インクスリンガー、トートロジストです。映画、小説、書籍の感想をしたりニンジャスレイヤーやUOの話もします。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1858本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。