見出し画像

佐藤まりあの知られざる”推し”活事情! NICE73に聞く韓国アイドルの苦悩とは?

TV Bros. ( テレビブロス )

4人組ガールズユニット・フィロソフィーのダンス。メンバーが偏愛するものについて語る連載「フィロソフィーのダンス 偏愛記」。メンバーの尊敬する偏愛ジャンルのエキスパートにお話を伺いにいきます! K-POPを愛するフィロソフィーのダンスの佐藤まりあがディープなトークをしたいお相手は、日本人K-POPシンガーとして活動していた過去を持つNICE73(ナイスななさん)。前回、NICE73の韓国歌手デビュー時の驚愕エピソードや、波瀾万丈な体験の数々をたっぷりと聞いた佐藤まりあ。今回は、アイドルデビュー前に昔ハマっていたアイドルや、現在の韓国アイドル事情についても教えてもらいました。

取材&文/吉田可奈 撮影/飯田エリカ

●私が熱中していた当時は筋肉ムキムキのアイドルが人気だったんです(まりあ)


NICE73 まりあさんは、なぜK-POPにハマったんですか?

佐藤まりあ(以下佐藤) 最初は東方神起さんが日本で活躍しているところを見て、カッコいいなと思っていたんです。その後、深い深い沼に入ったきっかけはU-KISSさんです。当時『Neverland』というアルバムで活動していたんですが、筋肉ムキムキの逞しい姿で踊っているアイドルというのがすごく新鮮で。当時は2PMなども肉体美を強調していましたし、私が一番大好きだった100%というグループも、2曲目からはコンセプトを変えてムキムキになっていたので、その需要が多かったのかなと思っていました。

NICE73 ムキムキの人が好きだったんですか(笑)?

佐藤 そんなこともなかったんですよ。ただ、純粋にカッコいいなって思いました。さらに、女性アイドルもすごくセクシーで、日本とは違うスタイルが新鮮だったんです。

NICE73 もともと、韓国では、90年代後半から2000年のはじめにユ・スンジュンさんという方がものすごい肉体美で大人気だったんです。当時は“ウェルビン”という、“よく食べてよく生きよう”という言葉が流行していて。彼のようにササミを食べて、良い筋肉を作ることがモテると言われていたんです。さらにその後、Rain(ピ)さんが出てきて、マッチョの男性が定番化したんです。さらに言えば、1999年にデビューしたg.o.dというグループがいて、そこにアメリカ系韓国人メンバーがいて当時から肉体美を強調していました。ちなみに彼は、現在はYouTuberとしても大人気なんですよ。

佐藤 そうなんですね! 

NICE73 100%にはどういうきっかけでハマったんですか?

佐藤 まだ私がアイドルとしてデビューする前なのですが、最初はTEEN TOPと一緒に出ていたバラエティ番組で偶然100%を見たんです。まずはビジュアルに惹かれて、次第に彼らのおもしろさにハマりました。NICE73さんが100%のイベントでMCをされていたと聞いてビックリしました!

画像5


●韓国特有の”顔文化”が良くも悪くも多くのアイドルに影響を与えていると思います(NICE73)


NICE73 2018年くらいですね。メンバーのみなさんが本当に腰が低くて、衝撃を受けたのを覚えています。韓国って、見栄を張る“顔文化”というのがあって。芸能人は、つねに顔を張らなくちゃいけないと言われることがあるんですよね。謙虚であるべきだけど、萎縮するなってことですね。

佐藤 芸能人らしく振舞うということですか?

この続きをみるには

この続き: 5,072文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
「TV Bros. note版」は、月額500円で最新のコンテンツ読み放題。さらに2020年5月以降の過去記事もアーカイブ配信中(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)。独自の視点でとらえる特集はもちろん、本誌でおなじみの豪華連載陣のコラムに、テレビ・ラジオ・映画・音楽・アニメ・コミック・書籍……有名無名にかかわらず、数あるカルチャーを勝手な切り口でご紹介!

TV Bros.note版

¥500 / 月 初月無料

新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、テレビ、音楽、映画のレビ…

この記事が参加している募集

スキしてみて

TV Bros.note版では毎月40以上のコラム、レビューを更新中!入会初月は無料です。(※キャリア決済は除く)