見出し画像

佐藤まりあがNICE73の波乱万丈な韓国練習生時代の濃厚トークを聞いた

TV Bros. ( テレビブロス )

4人組ガールズユニット・フィロソフィーのダンス。メンバーが偏愛するものについて語る連載「フィロソフィーのダンス 偏愛記」。今月から、メンバーの尊敬する偏愛ジャンルのエキスパートにお話を伺いにいきます! K-POPを愛するフィロソフィーのダンスの佐藤まりあがディープなトークをしたいお相手は、日本人K-POPシンガーとして活動していた過去を持つNICE73(ナイスななさん)。波乱万丈過ぎるななさんのお話に、取材班一同思わず手に汗握り聞き入ってしまいました。

取材&文/吉田可奈 撮影/飯田エリカ

●ラジオで共演した後、ぜひもう一度お会いしたいと思っていました!(まりあ)

――おふたりはラジオ(interfm897「casaricoto radio」)で共演したことでお知り合いになったんですよね。

佐藤まりあ(以下佐藤) そうなんです! NICE73さんがパーソナリティーをされている番組で共演させていただいたときに、韓国で歌手デビューをされてたと知って、「聞きたいことがありすぎる!」と大興奮してしまって。そのときはあまり長くお話が出来なかったので、お会いしたあとにプロフィールなどを詳しく見させていただいたら、まさに元祖グローバルアーティストとして、誰よりも早く韓国で活躍されていたというのを知り、すごく驚いたんですよ。

NICE73 そんな風に言っていただいて光栄です。私が韓国でデビューしたのが2005年のことなんですけど、わかりやすい例えだと翌年にBIGBANGがデビューしているんです。

佐藤 え! ということは、BIGBANGの先輩になるんですね。

NICE73 そう言うとすごくカッコいいですが(笑)。当時は大きな事務所に所属しているアイドルしかデビューできないような時代だったので、私はソロシンガーとしてデビューしたんです。事務所の人から「お前は背が低いし、整形するのにお金がかかるからアイドルはダメ」ってハッキリ言われて(笑)。当時は歴史的、情勢的な問題もあって、純日本人がデビューするのはすごく難しかったですし。

画像1

――いまの時代で考えるとかなりの問題発言ですね…。

NICE73 ねー、でも15年くらい前はそれが当たり前の時代だったんですよ。私自身も、歌は大好きだったけど、ダンスは踊れる自信がなかったので、自分からも「それでいきましょう」となったんです。

佐藤 それにしても、日本人であるななさんが、どうやって韓国でデビューすることになったんですか?

NICE73 すごくざっくり言うと、10代の頃に韓国の楽曲に衝撃を受けて、韓国の事務所の住所を調べて、オーディションを受けに行ったんです。

佐藤 すごい行動力! 韓国語は話せていたんですか?

この続きをみるには

この続き: 4,804文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
「TV Bros. note版」は、月額500円で最新のコンテンツ読み放題。さらに2020年5月以降の過去記事もアーカイブ配信中(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)。独自の視点でとらえる特集はもちろん、本誌でおなじみの豪華連載陣のコラムに、テレビ・ラジオ・映画・音楽・アニメ・コミック・書籍……有名無名にかかわらず、数あるカルチャーを勝手な切り口でご紹介!

TV Bros.note版

¥500 / 月 初月無料

新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、テレビ、音楽、映画のレビ…

この記事が参加している募集

スキしてみて

TV Bros.note版では毎月40以上のコラム、レビューを更新中!入会初月は無料です。(※キャリア決済は除く)