マガジンのカバー画像

TV Bros.note版

新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、テレビ、音楽、映画のレビュー情報などが過去記事のアーカイブ含め月… もっと読む
「TV Bros. note版」は、月額500円で最新のコンテンツ読み放題。さらに2020年5月以… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

注目秋アニメ『モブサイコ100 Ⅲ』 影山茂夫役・伊藤節生さん×霊幻新隆役・櫻井孝宏さんインタビュー【無料記事】

 笑いあり涙ありの青春サイキックストーリー「モブサイコ100」シリーズ。第3期となる待望のアニメ最新シリーズ『モブサイコ100 Ⅲ』がこの秋スタート! この度は、放送局の1つであるカートゥーン ネットワークの企画で、主人公・影山茂夫(通称:モブ)を演じる伊藤節生さんと、モブが師匠と慕う霊幻新隆を演じる櫻井孝宏さんの対談が実現!! 早速、二人のお話……の前に、まずは簡単な本作のあらすじ&見どころをどうぞ! 【あらすじ】  学校生活に除霊のアルバイトと、忙しい日々をおくるモブ。

押井守のサブぃカルチャー70年「YouTubeの巻 その15」【2022年9月号 押井守 連載第50回】

今回からは、押井さんが最近やっと理解出来るようになったという「Vチューバ―」について語っていただきます。まずは、ポピュラーだという「東方系」についてのお話です。 取材・構成/渡辺麻紀 連載バックナンバーはこちらから <新刊情報> 加筆&楽しい挿絵をプラスして待望の書籍化! 『押井守のサブぃカルチャー70年』が発売中!詳しい書籍の内容はこちら! Vチューバーはすべてが虚構、虚構のカタマリなんです。――前回は映画のチャンネルについて語って頂きました。その流れでいうと次はゲ

スキ
3

『真日』で、もう一回プロレスファンに戻れた【連載『神田伯山の“真”日本プロレス』延長戦!2022年9月号】

講談師・神田伯山&実況アナウンサー・清野茂樹がプロレスを語りつくすCSテレ朝チャンネル2『神田伯山の“真”日本プロレス シーズン2』も今夜で閉幕! 最終回の歴史コーナーは、2006年から09年の新日本を紹介した。延長戦では、暗黒期から再建へと向けたこの時代に2人がプロレスとどんな距離感だったのかを語ってもらいました。 初代タイガーマスクやアントニオ猪木VSモハメド・アリなどを取り上げたシーズン1は古代の神々の伝説、神話を聞いているような趣だったのに対し、栄光と転落、そして再生

スキ
2

エリザベス女王と競馬【藤田菜七子 2022年9月号 連載】

バックナンバーはこちら 9月8日、世界中から愛されたエリザベス女王がお亡くなりになり、その死を悼む声が寄せられています。JRAでも、10日、11日に競馬が開催された中山競馬場、中京競馬場をはじめ、各施設で半旗の掲揚を行いました。 意外に思われるかもしれませんが、エリザベス女王は競馬に情熱の一端を傾けた“馬主”であり、生産牧場を持つ“生産者”であり、競馬を愛した世界最高の“UMAJO”なのです。 エリザベス女王が初めて馬に乗ったのは、私よりずっと早い、5歳の時。本当かどうか

スキ
4

【9月号】掟ポルシェ連載「大切な思い出がツバまみれ2」

見上げて魚卵、夜の星を。 もうダメだ~~~ッ!!! スーパーで生筋子が売ってねえ~~~ッッ!!!! たまたまあったとしても100g=1000円とか、軽く気が狂うほどにはエクスペンシブ!! こんなんもうオレオレ詐欺のリーダーしか買えない反社会的価格! 俺、いくらがもんのすっごい好きで長年生筋子買って自作でいくら丼作って食ってきたんですけど、10年前ほどには100g=298円程度だったものが年々値上がりして昨年100g=880円とか手が出せないほど貴族的な値段に! そして今年はつ

スキ
5

第28回 マンガに日々向き合うということ、それは生後6か月の赤ちゃんの気持ちを忘れないということ。

さて! 精神性が生後6か月から一切成長しなかったので、マンガを読んでいても「伏線回収がすごい!」とか「誰も予想しなかった結末!」とかよりも、「来るぞ! 来るぞ!」と思っていたものがやっぱり来る! という展開でケラケラと笑っている生活を送っている私ですが、みなさん『ジャンゴ 麻雀をする者』読みましたか!? モンキー・チョップ『ジャンゴ 麻雀をする者』(竹書房)※1巻完結 過去作品を読んだ人はもう分かると思いますが、モンキー・チョップ先生の「いつものやつ」を麻雀でやっていると

スキ
3

「ささやかなライブ記録。中村佳穂、小袋成彬、SEKAI NO OWARIなど」【戸田真琴 2022年9月号連載】『肯定のフィロソフィー』

バックナンバーはこちら  両手のひらがヒリヒリしている。幸せな痛みにすこし浮かれながらわたしたちは階段を降りた。2022年9月14日、アルバム「NIA」を掲げて行われた中村佳穂のワンマンは、ここから続くツアーの初日だった。昨年6月に足を運んだ「うたのげんざいち」LINE CUBE SHIBUYA公演で細田守監督作品『竜とそばかすの姫』の主演への抜擢が発表され、明るい未来を祝福するような晴れやかなステージを味わった日がまだ印象に新しいが、「あれからいろんなことがあった」と語り

スキ
10

「阿修羅のごとく」における個人的な結実【岩井秀人 9月号 連載】

ただいま「阿修羅のごとく」の本番がちょうど始まったところであります。 この作品は、いわずと知れた向田邦子さんの代表作の舞台化でございます。皆様、ご存じの方がいるのかいないのかわかりませんが、何を隠そうこの男岩井、かの有名な向田邦子賞を、しかも「初めて書いたテレビ脚本」で受賞いたしまして、さらにいえば、演劇の方の賞の「岸田國士戯曲賞」すらもゲッツしており、この偉業を成し遂げているのは、人類何万年の歴史の中でも、宮藤官九郎、前田司郎、岩井秀人しかいないのであります。村上春樹、ヘ

スキ
5

【毎月1日と15日は星占いの日!】9/15~9/30の運勢 【ありえ~る・ろどんのWebでも星に聞いてくれ!】

9/15(木)から 9/30(金)の運勢はこちら! 牡羊座(3/21〜4/19)

スキ
7

押井守のサブぃカルチャー70年「YouTubeの巻 その14」 【2022年9月号 押井守 連載第49回】

今回は押井さんがYouTubeでよく見ているという短編自主映画のお話。昨今はYouTubeの短編をきっかけにハリウッドデビューというニュースも聞きますが、日本の場合はどうなっているのでしょうか? 取材・構成/渡辺麻紀 連載バックナンバーはこちらから <新刊情報> 加筆&楽しい挿絵をプラスして待望の書籍化! 『押井守のサブぃカルチャー70年』が発売中! 当連載がついに書籍化しました。昭和の白黒テレビから令和のYouTubeまで、押井守がエンタメ人生70年を語りつくす1冊

スキ
6

年齢を重ねたら良いものを持つべき? そんなものは嘘、嘘、嘘【2022年9月光浦靖子連載「傷なめクラブ」】

<今月のお悩み> 「一生物のブランド品」、「年齢を重ねたらそれなりに良いものを持つべき」、って言葉をよく聞きますが、この歳になるけど、そんなものは持っていません。若い頃はそもそも買えなかったし、ブランドにも詳しくないです。ただ、私も50が見えてきて、もう結婚しないだろうし、思い切って自分のためにそういうものを買ってみてもいいのかなと思ったりしています。光浦さんは50の記念に何か買ったりしましたか?(momoko・48歳・会社員・女) <お答え> そんなもん、嘘、嘘、嘘。

スキ
5

【9月号 大森靖子 連載】『大森靖子の超一方的完全勝利』

 でもどうして、出してないのに、ニコニコしてるのに、ソーシャルなビューティーでポーカーフェイスなのに、「ぶっころすぞ!!!」と言う気持ちで生きちゃってることがバレるんだろう?!

スキ
34

これはもはや「カルト」と言っても過言ではない映像ジャンルだ!〜『とんでもカオス!:ウッドストック1999』〜【大根仁 9月号 連載】

1999年に苗場で初開催されたフジロックフェスティバル1999に参加して以来、昨年まで22年間皆勤だったオレだが、今年はドラマ『エルピス—希望、あるいは災い—』の撮影が重なり、不参加となってしまった。毎年フジロックの他にも何らかのフェスには参加してきたが、撮影期間が長いため【NO FESTIVAL,NO LIFE】の信条さえ崩れ、何とも消化不良の夏となってしまった。 そんな不満を埋めるべく、撮影の合間や深夜にYouTubeで生配信やアーカイブでフェス映像を観たが、やはりフェ

スキ
4

「Perfume 9th Tour 2022 “PLASMA”〜東京編〜」【9月号 Perfume 連載】 『たちまち、語リンピックせん?』

全国9都市をまわるアリーナツアー「Perfume 9th Tour 2022 “PLASMA”」がスタートしました! 事前に語られていた通り、どの席からもPerfumeを近くに感じられるステージングでニューアルバム『PLASMA』の世界観をあますことなく表現した今回のライブ。「Perfume LIVE 2021/2022 [polygon wave]」とはまったく違う切り口で、新しい時代のライブの楽しみ方を提案してくれました。今月はツアー初日となる8月20日(土)・21日(日

スキ
31