ツグ

平日は会社員、週末は 間借り本屋 / 住み開き本屋。静かに目立たず“つぐ”ことをしていきたいと思っています。 Web http://www.tsugubooks.com/
    • 活動のお知らせ
      活動のお知らせ
      • 8本

      活動のお知らせ、つまりは「tsugubooksのいま」のようなことを書いていきます。

    • 本とひと-私信のような-
      本とひと-私信のような-
      • 2本

      出会った本とひとのおはなし。手紙のようなもの。

    • 今日の本屋さん、いつかの本屋さん。
      今日の本屋さん、いつかの本屋さん。
      • 4本

      われわれは、今日もまた、本屋さんへ行く。 いつもの帰り道に、旅先で、配達ついでに、乗り換え駅で。 【今日も行く人:メンバー招待中+ツグ】

  • 父と子の絆

    父と子の絆

    著者  :島田潤一郎出版社 :アルテスパブリッシング発売時期:2020年11月その他 :B6版、 200ページ【内容紹介】 出版社HPよりぼくは息子を腕に抱かせてもらい、目の開いていないその子をじっと眺めた。ようこそ。ようこそ。この世界へ。「日曜日の昼に、生後七日目の赤ん坊がぼくの家にやってきた。それから、人生がガラリと変わった」──ひとり出版社・夏葉社を吉祥寺で営み、『古くてあたらしい仕事』『本屋さんしか行きたいとこがない』などの著作にもファンの多い島田潤一郎が、幼きものに寄せるあたたかな眼差しと言葉たち。※出版社のメルマガ(アルテス・フレンズ&サポーター会員限定メルマガ)の連載24回に書き下ろしを加えて書籍化したものです。
    ¥1,980
    tsugubooks web shop
  • さよならのあとで

    さよならのあとで

    詩   :ヘンリー・スコット・ホランド(Henry Scott Holland)絵   :高橋 和枝出版社 :夏葉社発売時期:2012年1月その他 :単行本、 ページ【内容紹介】 出版社HPより「死はなんでもないものです。 私はただ となりの部屋にそっと移っただけ」百年前のこの一編の詩に、絵本作家の高橋和枝さんが、二年の時間を費やして、一八枚のイラストをそえました。死別のかなしみをいやす、特別な一冊。
    ¥1,430
    tsugubooks web shop
  • TIMELESS 石岡瑛子とその時代

    TIMELESS 石岡瑛子とその時代

    著者  :河尻 亨一出版社 :朝日新聞出版発売時期:2020年11月その他 :単行本、576 ページ【内容紹介】 出版社HPより伝説のデザイナーがいた。前田美波里をスターにした資生堂のポスター、大ブームになったパルコの広告。それらを手がけた後に渡米し、アカデミー賞に輝いた彼女は、変化の時代をいかにサバイブしたのか。スティーブ・ジョブズも崇拝したエイコの「私」に迫る評伝。
    ¥3,080
    tsugubooks web shop
  • もっとみる

2020.7前半にお届けした本をいくつか

2020.7前半にWEBショップ・TwitterのDM・メールでご注文いただいた本 について、書いていきます。 (紹介→購入ではなく、購入→紹介というまさかの展開!) 遠くから/…

好書好日に「読む団地」が掲載されました!

先日の東京新聞に続き、好書好日(朝日新聞運営の本の情報サイト)に「読む団地」が掲載されました。パチパチ こちらもまた、入居者さんの「本のある暮らし」が見える、素…

東京新聞に「読む団地」が掲載されました!

本日の東京新聞に、「読む団地」が掲載されています。 入居者さんの「本のある暮らし」が見える、素敵な記事です。 Webにも掲載いただいておりますので、ご覧いただけたら…

「読む団地」のInstagramがはじまりました!
https://instagram.com/yomudanchi?igshid=1xhes41i70yy7

読む団地の蔵書などなど、ご紹介していきます。
ご近所さんや本好きさんとも、交流できたら。
どうぞよろしくお願いいたします📚

自己紹介note 2020/5/5

はじめまして、こんにちは。 tsugubooksと申します。“つぐさん”“ぐっさん”と呼ばれています。 ご興味を持ってくださって、ありがとうございます。 tsugubooks? 2016…

本をみつくろって送ってもらったお話。

先日、激務が終わった。 終わってから寝続けて、目が覚めてからも4日間くらい歩いたりする気分ではなくて、家でぐったりしていた。 「くたびれた顔」という言葉がある。 …