蘭の小学生の約8割が、女性首相がいないことを不思議に感じてる
見出し画像

蘭の小学生の約8割が、女性首相がいないことを不思議に感じてる

オランダの子供ニュース(Jeugdjournaal)が、フィンランドの新首相サンナ・マリンさんのことを取り上げました。
既に日本でも良く知られているように、彼女は現職の国のリーダーとしては最年少で、女性でもあります。けれどフィンランドにとっては、3人目の女性首相であり、それほど珍しいことではないようです。

ドイツ、ベルギー、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、スイス、オーストリア、スロバキア、エストニア、クロアチア、セルビア、ジョージアでも女性が国の首相または大統領を担当しています。フランス、ポーランド、イギリス、アイルランド、ポルトガル、モルドバ、ルーマニア、リトアニア、マルタ、ウクライナには、かつて女性の首相または大統領が存在しました。

自由でリベラルなオランダですが、実は今まで女性が首相の座に就いたことはありません。
(※王家は第一子継承なので、女王は存在します)

現在、オランダの国会議員は150名で、そのうち女性議員は50名。3分の1は女性議員です。女性大臣も存在します。
けれど、与党の党首が女性だったことがないのですね。

政治専門家の女性は、少女たちがより政治に興味を持って政治参加するためにニュース番組などでもっと女性政治家を取り上げるべきだと述べています。「ロールモデルの提示が必要だ」と。

そして個人的に興味深かったのは、番組がオランダの小学生相手に行ったアンケートの結果。「オランダに今まで女性の首相がいなかったのは奇妙だと思いますか?」という問いに、約78%が「はい」と答えているのです。

画像1

まだ投票受付中なので、のちのちもっと違う数字になるかもしれませんが。
少なくとも子供たちは、オランダの現状を不思議に感じているようです。この子たちが大人になる前には、オランダにも女性の首相が誕生して欲しいと思います。

参照記事:https://jeugdjournaal.nl/artikel/2314704-waarom-heeft-nederland-nooit-een-vrouwelijke-premier.html

==========お知らせ==========

電子書籍出版しました!
(Kindle版)「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間
(紙版)「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間

レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「イエモネ」(NEW!)
https://iemone.jp/article/lifestyle/naoko_kurata_518/

「現代ビジネス」(不定期掲載)
http://gendai.ismedia.jp/list/author/naokokurata

「Glolea!」(プロフィール&執筆記事一覧)
http://www.glolea.com/ambassador/kurata-naoko/profile

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!後程そちらにもお邪魔しますね。
オランダ在住ライター。リビア、英国での生活を経て、2015年よりオランダ在住。主な執筆ジャンルは、蘭の教育・子育て事情、タイニーハウスなど。SNSのリンク/連絡先/著書のamazonページ等はこちらから⇒ https://linktr.ee/naokokurata