挫折あり、前進ありの日々
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

挫折あり、前進ありの日々

トランネット


「長かったコロナ禍がやっと明けましたね」という書き出しで始められたらよいのに、と思いながら3巡目の〈note〉当番です。各種データ分析やワクチン接種が進み、社会が感染対策に対応するようになり、人々も「正しく恐れる」知識を積み上げてきました。そんな社会変容が進み、当初に比べれば未知のものへの恐怖感が薄れた気がします(いい意味で)。これで治療薬が一般的になれば、トンネルの出口が見えるのではないかと期待しています。

To each their own...

最初はまじめな話から。
恐怖が先行していた時期には見えなかった(気づかなかった)考え方の違いを知る機会が増えたように思います。とくにワクチン接種が進むにつれて、このまま繰り返して大丈夫なのか、同調圧力ではないのか、特定企業や国の陰謀では、といった見解をSNSで発信する人が増えてきました。
私自身はSNSで「政治・宗教・人種・ジェンダーをテーマにしない」と決めています。知り合いが異なる見解を発信していても「そうか、私と違うんだ、この人」と受けとめ、求められても同調しませんし、反論する気もありません。世の中、賛成と反対だけで決まるものではなく、もっと複雑で繊細なもの。議論や討論自体への抵抗感はないので、それが許される状況では本気でするのですけれどね。

Guitar is so difficult. Am I flame-out?

次にちょっと緩い話を。
コロナ禍で「おうち時間を活かしてXXを学び始めた」「オンラインでヨガを始めた」「自炊するようになった」「断捨離中」といった話をよく聞きました。もともと在宅時間が長く、料理は毎日だし無駄に片付け魔。どれにものっかることができず、変化に飢えて古いアコースティックギターを取り出して手入れをしました。爪を短く切って、友人お勧めのデジタルチューナーを購入し、嬉々として音を合わせたところでなぜか気分がフェイドアウト。よさそうな動画サイトを見つければ弾けるようになるはず、という読みが甘かったのでしょうか。結局、ピアノを弾いてストレス解消するという以前と同じ生活……。不安が大きいときは意欲がわきにくいものだ、というのが私なりの分析なのですが、世間ではこれを「挫折」と呼ぶのかもしれません。

I tried to study, but...

そこでちょっと方向転換を。
TOEICに挑戦しようかと思ったものの、明確な動機がないせいか準備が進まずに今日に至ります。スキマ時間に勉強しようと考えたのですが、始業前以外無理だと確信しました。終業後は頭が疲れた状態からの家事という流れがありますし、休日もいろいろある。
時間を言い訳にしたくない性分が裏目に出て、「私の仕事は毎日が勉強だから」と言い出す始末。さすがにこれはまずいと反省しています。

I don't feel like giving up on art.

それでも守りたかったこと。
緊急事態宣言下で、開催したり休館したりというタイミングを逸して行き損ねた「佐藤可士和展」を教訓に、心から見たいと思う展覧会には行こう、と決めました。これを諦めると心が枯れてしまいそうで。
昨年はEugene Smith展、今年は木村伊兵衛展という2つの写真展を訪れることができて、私にはこういう時間が必要だったのだと再確認しました。そして、今月は何年かぶりにライヴに行く予定があります。コロナ禍での開催条件であるno call, no responseを遵守して楽しみたいと思います。今はまだがまんの時。現地集合、現地解散で。

Nobuko Yazawa

時代を感じるストラップ

楽譜を入れていた袋もまた懐かしい

挫折の大先輩・テルミン


この記事が参加している募集

リモートワークの日常

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます☺
トランネット
出版翻訳専門の翻訳会社です。2000年の創業から20年間で、2400冊以上翻訳させていただきました。翻訳者の皆様に出版翻訳の情報とお仕事を提供し、翻訳を通して日本と海外をつなげるよう、日々コツコツ活動しております。 https://www.trannet.co.jp/