渡辺俊美

福島県出身。TOKYONo,1SOUL SETギター&ヴォーカル担当。ソロユニットTHE ZOOT16、そして猪苗代湖ズのメンバー。2014年に「461個のお弁当は親父と息子の男の約束。」を出版。2020年春文庫本になり、「461個のおべんとう」のタイトルで映画になる。
  • Z16×leef Handmade Bead brooch

    Z16×leef Handmade Bead brooch

    Z16×leef Handmade Bead brooch 大阪で活動しているビーズ製作メーカーleefとのコラボレーション作品。 leefはアート、モード、ミュージック、シネマなどの歴史に残るさまざまな人物をモチーフにビーズ刺繍ブローチで再現! ZOOTのアイコンでもある黒豹のマークを丁寧に手作した作品。微妙にひとつひとつ違いますがそこがまたイイ感じです。Gジャンなどのアウターはもちろん、帽子やバッグに付けてみてはどうでしょうか?! インスタグラム @iroakiemak
    3,800円
    THE ZOOT16
  • Re-release BIG LOGO THE ZOOT16 T-sh

    Re-release BIG LOGO THE ZOOT16 T-sh

    Re-release BIG LOGO THE ZOOT16 T-sh design by Ryo Taguchi(cider-inc) 今から10年前、田口涼くんにお願いしてデザインしてもらったTシャツの復刻です。 田口くんはZOOTのアルバムNOW WAVEとNOW WAVE 2のCDジャケットのデザインをしてもらってます。今から20年前、田口君が学生時代にもデザインをお願いした事があります。 当時、僕は千駄ヶ谷でレコードショップ"ZOOT SUNRISE SOUND"を経営して、お店にいました。 ある日、田口君が来店して初対面でしたがLBやスケシンの話をしている内に、運命的な感じがしました。彼の作品を見ないままその場で、新宿リキッドルームでのライブ音源「THE ZOOT16 LIVE!!!」を限定500枚のCDジャケットデザインを頼みました。 今、様々なアーティストのデザインをしている田口君ですが、多分ZOOTが最初だと思います。 来年20周年を迎えるZOOT16ですが先ずはその復刻シリーズ第一弾BIG LOGO T-shはどうでしょうか?! バックプリントの"スケボーZ16"は彼の作品の中で1番好きなデザインです。
    3,850円
    THE ZOOT16
  • Z16×100SOUNDS  『SLIP MAT』

    Z16×100SOUNDS 『SLIP MAT』

    Z16×100SOUNDS 『SLIP MAT』 2020年に設立された日本発のレコード針などのDJ機器/オーディオ・メーカー100SOUNDSとのコラボレーション作品。 代表の柏原氏とは20年前に彼が勤務していたVestaxやNumark時代から縁があり、今回の製品を一緒に製作しました。 https://www.100sounds.net/about/ このSLIP MATはDJプレイがやりやすくなるように、レコードのすべりを良くし、回転を安定させ、操作する時の針飛びを抑えてくれるように、摩擦と振動への吸引性が高い日本製の素材で作りました。 Z16x100SOUNDSのSLIPMAT素材のコラビアンは日本製でフェルトに比べ、振動の吸収率が高い品質で、僕の知る限りこの素材を使用しているスリップマットは現状他にありません。  見た目でもレコードの楽しさを味わってもらえるように、7inch/10inchのレコードをスリップマットに置いた時に、 それぞれに見た目の変化が楽しめるデザインにしてみました。レコードを飾るように、壁にかけてディスプレイできるヘッダーが付いています。 DJの文化から生まれて50年、このSLIP MAT はじめDJの歴史は浅いですが奥が深いです。
    1,980円
    THE ZOOT16
  • WE ARE  THE ZOOT16 TOTE BAG 2021

    WE ARE THE ZOOT16 TOTE BAG 2021

    WE ARE THE ZOOT16 TOTE BAG 2021 黒豹のイラストはLearnersやモデルで活躍中の紗羅マリーさん。 以前イベントでの記念Tシャツに使用したデザインをアレンジして、サイズが大きめのトートバッグに落としてみました。 色:ナチュラル サイズ: W48×H40×D15 持ち手サイズ: 2.5×60
    2,500円
    THE ZOOT16
  • Z16×STETSON カンカン帽 2021

    Z16×STETSON カンカン帽 2021

    Z16×STETSON カンカン帽 2021 こちらの素材は花麦と呼ばれる麦を絵画から輸入し、日本STETSONの製作工場でひとつひとつ丁寧に編みこんだとてもタフで硬めの質感が残った素晴らしい製品です。 日本ではカンカン帽(叩くとカンカンという乾いた音がなるためそう呼ばれている)の名で親しまれ、スーツや和装にもよく似合うので明治から昭和の初めにかけては愛用者が多かったので、日本でも馴染みのアイテム。 僕も今まで色々なカンカン帽に出逢ってお世話になりましたが、ここまでしっくりきたの初めてです。一般的なクラウンの高さは8cm、ツバの長さは6cmですが、これはクラウンの高さが10cm.、ツバの長さが8cmで、現代的でよりエレガントな感じになっています。特にツバの先端の部分がギザギザになっているのがらこのカンカン帽の魅力です。オリジナルの帽子ケースも付けます! 是非、この機会をお見逃しなく!!
    28,600円
    THE ZOOT16

DJ物語part.2 (1988)

1988年1月、六本木のディスコ「トゥーリア」で天井の照明装置が落ちる事故が起きました。その時の海外からのDJをブッキングしていたM氏と1年前くらいに知り合いになり、麻…

DJ物語part.1(1984〜1988 )

1984年の春、僕は大学進学のために沢山の夢を抱きながら上京しました。住んだ場所は姉2 人が既に住んでいた西調布の風呂なしの2Kのアパートでした。最初は満員電車に揺ら…

461個のおべんとう part.2

11月6日、映画「461個のおべんとう」が無事に公開されました。上映初日は沢山の知人からお祝いメッセージや、鑑賞した感想など沢山いただきました。姉からも「良かった!本…

461個のおべんとう part.1

2011年から高校生の息子に3年間作ったお弁当の物語が、2014年に『461個の弁当は、 親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス)。として刊行されました。僕が想像した以上に…

眼鏡物語

眼鏡を使用する事になって40年経ちました。 初めての眼鏡は中学2年の誕生日でした。薄いピンクがかった透明の眼鏡で授業中にかける程度でした。クラスで眼鏡をしているのは…

LADY BIRD

新型コロナウイルスの騒動がはじまり半年以上が経過しました。その今までに経験した事のない日々は僕にとってとても大切な時間になりました。本来ならば週末はLIVE、平日は…