見出し画像

とどめを刺す

せいじ


昔は、いわゆるとどめを刺すのに、一つの厳しい心得と作法があったらしい。

だから武士たちは、もう一息というところをいい加減にし、心をゆるめ、とどめを刺すのを怠って、その作法に乗っ取らないことをたいへんな恥とした。

ものごとをしっかりとたしかめ、最後の最後まで見極めて、きちんと徹底した処理をすること、それが昔の武士たちの一番大事な心掛けとされたのである。


その心掛けは、小さいころから、日常茶飯事、箸の上げ下げ、挨拶一つにいたるまで、厳しくしつけられ、養われていたのであった。

こんな心がけから、今日のおたがいの働きぶりを振り返ってみたら、とどめを刺さないあいまいな仕事のしぶりのなんと多いことか。


せっかくの99%の貴重な成果も、残りの1%のとどめがしっかりと刺されていなかったら、それは初めから無きに等しい。


もうちょっと念を入れて置いたら、もう少しの心くばりがあったなら、あとから後悔するばかりである。


おたがいに昔の武士が恥じたように、とどめを刺さない仕事ぶりを、大いに恥とする厳しい心掛けを持ちたいものである。

(参考文献 道をひらく 松下幸之助)

(感想)

ビジネスの場で、商談におけるクロージングの重要性を厳しく言われているような感じです。
中途半端な状態が一番よくない。
自分が気持ちの悪い状態だと相手も必ずそう思っている。
自分自身が納得できる仕事をしていきましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
せいじ

よろしければサポートお願いします!頂いた分はこれからのノート執筆活動に使わさせて頂きます。