花井亨 Toru Hanai(@toruhanai)

東京生まれ。東スポ写真部〜ロイター通信スタッフ📷を経て2019年独立。東日本大震災取材でPOYiとCHIPPを受賞、3度のオリンピック(ロンドン2012、リオ2016、東京2020)3度のサッカーW杯(南ア、ブラジル、ロシア)を取材。フリー1年目でナショジオ表紙を撮影しました!

花井亨 Toru Hanai(@toruhanai)

東京生まれ。東スポ写真部〜ロイター通信スタッフ📷を経て2019年独立。東日本大震災取材でPOYiとCHIPPを受賞、3度のオリンピック(ロンドン2012、リオ2016、東京2020)3度のサッカーW杯(南ア、ブラジル、ロシア)を取材。フリー1年目でナショジオ表紙を撮影しました!

    最近の記事

    • 固定された記事

    フリー1年目でナショナルジオグラフィック表紙を撮ったフォトグラファーがどうやって写真を職業にしたか。(自己紹介〜前編〜)

     どうも、晴れ男☀️花井亨Toru Hanai(@toruhanai)です。  プロ24年目でフリーランスになった、その一年目で運良くナショナルジオグラフィック(トラベラーフランス版東北特集号2020年1月発売)の表紙を撮影できた、私がどうやって写真を職業にする事が出来たのでしょうか?そうです、今回は私が一体何者なのか、自己紹介(前編)です。 「Santa Fe」を見て  1973年東京生まれ。第二次ベビーブーマーの一番人数の多い学年、そう「イチロー世代」です。 写真を志

      • 📷散歩写真のススメ🎓🌸 〜毎日のキラキラ探しの旅✨〜

         コロナだったり、オミクロン、マンボー云々と2022年も何かとモヤモヤした感じが世の中を覆っていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?  私はコロナ禍のモヤモヤや、リモートワークでの運動不足解消のために、散歩をしています。何より歩くという運動は初期投資がかかりませんし、今すぐに始められます。逆にその手軽さゆえになかなか継続できない、モチベーションが。。。という側面もあります。    そこで、日々の散歩や通勤時間を健康維持のための運動から「毎日のキラキラ探しの旅」に変えてみ

        • +4

          先輩方のオススメスポット巡ったら、最高の北九州(小倉〜門司港)”Hana散歩📷🌸”になった。(北九州休日写真散歩)

          • 【震災から10年】とうとう10年目の3月になった。 東北はどうだ 。福島はどうだ。 そして俺はどうだ📷🌸

            📸10年前、国会で揺れを感じ、被災地に飛びました 2011年3月11日午後2時46分、東京・永田町の国会の参議院特別委員会で菅総理(当時)を撮影中にこれまでに体験したことのない揺れを感じました。 ロイター通信のフォトグラファーだった私はそのまま被災地に向かい、その時、最も行方不明者の多かった、陸前高田市に入りました。 📷10年間取材を続けると、いろんな忘れられない話を聞きます。ー悪いけど、ここに住んでいないあなたには分からない。やっぱりこの気持ちは住んでいる者にしか分からな

            2020年コロナが私に与えたモノ。📷🌸

             もしかしたら、私は今年、新型コロナウイルスに感謝しなければなら無いかもしれません。何故なら、この憎っくきウイルスによって、自分自身のことについて考える時間が出来たからです。 やはり私は「晴れ男☀︎」だった  自分は運が良いという意味で、自身を「晴れ男☀︎」と呼んでいますが、2020年も晴れ男を実感しました。昨年の2019年2月に24年間のサラリーマンフォトグラファー生活から独立して、フリーランスになりました。不安とフレッシュな気持ちからフリー1年目の目標は「いただいたお仕

            たぶん日本初!?-報道ドキュメンタリー写真オンラインサロン-始めます!
その名も『Press Room📷 🌸』です。

            きっかけは1通のメールでした。 件名:「突然のメール失礼します」 当然、Spamメールの中に入っていたので、件名も含めて安全の為、見る事なく消去するところでした。 ふと気になって中身を見ると、とても礼儀正しい文面で、趣味でドキュメント写真を撮っているアマチュアカメラマンだが、お話を聞きたい。という内容でした。 折角なので、後日完璧なディスタンスを保てる場所でお会いして、お話をしました。私が聞いた話は ー報道ドキュメント写真を撮っているアマチュアカメラマンは一定数いるが

            📷ひと時しか見られない虹の橋を鳥が渡った。雷光と共に。🌈虹を見たか?📷そして撮ったか?⚡️さらにどう撮ったか?🌸

              今年の夏の暑さはマスクのせいとばかり思っていたけど、記録的な数字を見るとやっぱり異常な暑さなんだなぁとウンザリしてしまいます。  でも夏は暑いばかりではなくて、良いこともあります。夕立の後に見える虹。東京で虹が見えるチャンスは滅多にありません。そして虹の写真を撮るのもチョット難しいんです。  滅多にないと言ったのは、決して「虹が出ない」と言うわけではありません。 📷建物の中や地下にいて、虹どころか夕立があった事も気付かない。 📷虹の発見が遅れて、消えかかっている 📷地上

            😸猫のあくびを撮るのに必要なもの?🔇『無音シャッター・忍者撮影法』のススメ📷🌸

             私、犬は飼ったことあるんですが、猫にはご縁がなくて、むしろちょっとニガテ。きっと猫の方もそれを感じて近づいて来てくれないんです。だから猫の写真を上手に撮る方をとても尊敬します。岩合光昭先生のように猫の方から近づいてくるなんて、私には想像出来ません。  先日とある取材で、屋外での撮影中に視界に猫が入ってきました。遠巻きに様子を伺うと、いつもどうり目が合い、そして猫のカラダは「いつでも逃げれる体制」に。いつもならここで、カメラを構えた次の瞬間に猫は居なくなってしまいます。

            📷オリンピック・フォトグラファーが見た🥇霊長類最強金メダリストの涙💧【本来だったら東京2020オリンピック期間中なので、五輪写真の裏舞台を少し📷🌸-その3】

             フォトグラファーという仕事の最大の魅力は、歴史的な出来事を至近距離で見る事が出来る事です。時にはコーチよりも、もしかしたら審判よりも。それを出来る限りお伝えしたい!写真では伝わりきれない(かもしれない)所を補いたい!そんなnoteです!  楽しみにしていた東京2020オリンピックが1年延期になってしまい、本来だったら自国開催のオリンピックに熱狂していたはずのこの夏。ロイター通信のフォトグラファーとして2度のオリンピック、3度のサッカーFIFAワールドカップを撮影した私の世

            🇯🇵【その2-技術編】本来だったら東京2020オリンピック期間中なので、五輪写真の裏舞台を少し📷🌸

             楽しみにしていた東京2020オリンピックが1年延期になってしまい、本来だったら自国開催のオリンピックに熱狂していたはずのこの夏。ロイター通信のフォトグラファーとして2度のオリンピック、3度のサッカーFIFAワールドカップを撮影した私の世界的なイベント撮影の舞台裏話で、来年への楽しみを膨らまして、この夏を乗り切りましょう!📷🌸  前回の【その1】ではざっくり私の2度の経験と国際通信社はプールフォトグラファーだというお話をさせていただきました。 📷プールフォトグラファー席に

            🇯🇵【その1】本来だったら東京2020オリンピック期間中なので、五輪写真の裏舞台を少し📷🌸

            前回投稿させていただいた、note「🇯🇵東京オリンピックに向けて?世界3大通信社=日本の3大カメラメーカーの覇権争いの図式が成立📷🌸」が大変ご好評をいただいております。  本来であったら東京2020オリンピックの真っ最中で、私も自国のオリンピックを目一杯、取材しているハズでしたが、お楽しみが1年先延ばしになりましたので、少しフォトグラファーから見たオリンピックのお話でも。 📷🌸ロイター通信のフォトグラファーとして2度のオリンピックを撮りました。 私はロイター通信のフォトグ

            🇯🇵東京オリンピックに向けて?世界3大通信社=日本の3大カメラメーカーの覇権争いの図式が成立📷🌸

             本来であれば東京2020オリンピックの開会式の行われていたはずのこの日、AP通信は世界中の自社のビジュアルジャーナリスト(フォトジャーナリストとビデオジャーナリスト)がSONYの機材を独占的に使用すると発表しました。AP通信は世界中で日々およそ3,000の写真と200のビデオを配信していおり、それが今後、SONYの機材で撮影されるということです。 📷🌏これで世界3大通信社の使用機材が AP ー Sony AFP ー Nikon ロイター ー Canon という図式にな

            🇯🇵1年後の今日、この五輪マークを撮るために、今出来る事をしよう!📷🌸

             本日、2度目となる「東京オリンピック開幕1年前」Tokyo2020 One Year to GO、を迎えました。  私はロンドン2012、リオ2016に続いて、この母国、オリンピックも撮影させていただくことになっているので、是非とも開催してもらいたい!と思っています。 オリンピック以上のイベントは無い 私の25年の経験で、スケジュールされているイベントでオリンピック以上のフォトクラファーの気持ちを高揚させるものはありません。世界中のトップアスリートが、本当にガチで結果を

            🌞晴れ男は40日ぶりの屋外撮影日を見事、晴れにする!そしたら、そこに水たまりがあった📷🌸

             おかげさまで、ここ最近(40日以上)いただいたお仕事はすべて室内撮影でした。  だから外の天気が良くないのも気が付かなかったんだけど、久しぶりの外での撮影。やっぱり晴れました🌞。  自分が晴れ男であるので、あまり天気予報は見ないけど、カラッとしたとても気持ちの良い梅雨の晴れ間でした。  少しマスクをずらして、胸に新鮮な空気をいっぱい吸い込んだら、なんだか最近ずっと感じていた《モヤモヤ》した感じがス〜っと晴れました🌞。  そしたら、足元にはなんとも《オイシイ》水たまり

            ゴールデンタイムは一瞬。🌇だから大切にしたい。イロイロね📷🌸

            +3

            6月生まれの晴れ男。雨の日は苦手です。📷🌸