Tonali(となり)

芝生をディスプレイ装置化する研究をしている者です.息抜きに,生意気にエッセイ書いています. サイト: https://tonali-kojiro.com Twitter: https://twitter.com/maison159777

Tonali(となり)

芝生をディスプレイ装置化する研究をしている者です.息抜きに,生意気にエッセイ書いています. サイト: https://tonali-kojiro.com Twitter: https://twitter.com/maison159777

    最近の記事

    • 固定された記事

    芝生で動画を表示する研究をしています。【研究紹介】

    こんにちは,Tonaliです.メディア装置をつくるクリエイターとして,筑波大学にて研究・創作活動を行なっているものです.ここ最近私は,街の景観を潤してくれる「芝生」に注目した研究を行っています.具体的には,芝生の動画表示ディスプレイ化を目指した研究です. この研究,アカデミック領域ではすでに学会発表などを行ってはいるのですが,専門外の方に向けてこの芝生研究を説明するコンテンツを今までに用意していないなぁと感じていました.そこで今回はこのnote記事を通して,私がどのような夢

      • SimulinkでTeensyを開発する【Githubにて公開】

        ArduinoをSimulinkで開発していると,Arduinoよりも性能が良いTeensyもSimulinkで開発したいなと感じるのですが,あいにくMathworksはいまだ公式にTeensyを対応されていません.おそらくいつかは対応されると思うのですが,自分の研究の上でSimulinkでTeensy開発が必要になったので,上手く動作する方法を探ってみました. 今回作ったプロジェクト結果的にはある程度はSimulinkでTeensyを動作させることができたので以下のGit

        • 筋トレ始めてみたら,足の筋肉の声が聞こえた / エッセイ

           私の博士課程が始まった.というよりまだ自分には実感がないので始まってしまったという方が個人的にしっくりくる.ただ芸術工学を学んでみたいという気持ちだけで筑波大学に入学したが,まさか研究活動を自分のキャリアに踏まえることになるんて思ってもいなかった.私が大学に入学したのが2016年であり,博士課程になった2022年からみると実に6年も経っている.自分ではそんな月日の体感なんて微塵もないのだが,生活しているとこれは加齢によるものか?と感じることは多くなってきた.  先日,風呂

          • 【Simulink】 Arduinoのピンをお手軽で,かつ大量に操作するTips

            このTipsではSimulink初心者の私が,Arduinoの大量のピンを制御するためにぶつかった問題と解決方法を記載します.悩んでる時はあまりこの情報についての解決方法が少ないように感じたので,こうしてTipsに残すことで同じような悩みを抱えた人の参考になれば幸いです. はじめに: 読み飛ばしても良いです普段私はメディア装置に関する研究を行っているクリエイターであり,情報系出身なのでこれまで主に既存のモジュールを利用した組み込みを行っていました。 しかし,研究で100個

            今更ですが,筑波大学を卒業し,学長表彰をいただき,筑波大学大学院に入学して,外出自粛で1日数本映画を見ています./エッセイ

            こんにちは,メディア演出クリエイターのTonaliです.主な活動としてメディア装置の制作と研究を行っている者です.今回はエッセイというより00年代のブログみたいな内容です. ############### 日々の呟きのTwittter 映えではなく遺影を撮り続けるInstagram Tonaliのポートフォリオ https://tonali-kojiro.com ############### 今更の話になりますが,筑波大学を無事4年間で卒業できました.一時期は

            僕のあげる凧は僕の血液だけでできているのだろうか? / エッセイ

            2019年の年末。僕は祖母の自宅にある仏壇の目の前に座っていた。光り輝く仏壇。垂れて粒の塊が多く実っているロウソク。年季の入ったリン。ちょこんと供えられた最中(今年のM-1の最中ネタ最高だったなぁ)。そして黒スーツを着用している僕の祖父の写真があった。線香を備え、ぴーんとリンを鳴らし、僕はその写真をぼんやりと眺めていた。 僕の祖父は、物心着く前に亡くなってしまった。カメラを職業としていて、常に厳しく、孫には優しい、そして周りから愛される、そんな人だったらしい。祖父については

            僕はただ青空を見に来たわけではない。 / エッセイ

            大学4年生は卒業研究で毎日が忙しい。研究内容を考えたり、ロボットの世話をしたり忙しい内容は様々だ。 冬に入り始めた頃から、広いスペースを使って研究することが多くなったため、研究室のメンバーが誰一人いない広い部屋で作業することになった。あたりには電子基板や工具に溢れており、パンと手を叩けば乾いた音が鳴り響く。 4年生に上がる前から卒業研究の時期は友人やら人とは合わなくなるとは聞いていたが、もはや自分以外誰一人いない環境での研究は、精神と時の部屋にずっといるようなものではない

            炬燵(こたつ)とApple Arcade

            11月上旬、早朝。 布団から目が覚めて、自分の頬を触るとひんやりと冷たくなっていた。布団に入って体は暖かかったので、頭寒足熱ならぬ、頭寒体熱な状態。窓に目を向けてみると鉛色の曇り空が広がっており、いかにも今日から寒いですっ!と伝えられているような気分がした。 「せっかくの休みだし、炬燵(こたつ)でも出すかぁ」 押し入れにしまってあった炬燵セットを取り出し、ダニだらけと思われる炬燵布団をコインランドリーで洗濯。そして2時間後ぐらいには部屋の真ん中にドドンと炬燵さまが降臨し

            仏教とSNSの煩悩と。

            先日、研究の合間にこんなものを生み出した。 Twitterで欲深いTweetを見つけ次第、梵鐘(ぼんしょう)を鳴らすという代物。上の動画では軽く編集入り加工感を感じるが、TwitterのAPI利用しているためちゃんとリアルタイムで検出できる。梵鐘が打ちつけられ、ごぉーんと鳴り響けば、誰かが欲をつぶやいた証拠となる。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 先日ツレと旅行で成田山を行ったことをきっかけに、ここ最近仏教の解説本を読み漁っていた。小さい頃は「

            決まらない見たい映画が決められない。

            研究の合間の1時間でこんなものを生み出してしまった。 iPadを差し込むだけで、ミニチュアなシアターが出来上がるというやつ。上の動画ではわかりづらいが、実物を見ると銀幕に映し出されてる感じが出て思いの他それっぽい。時間がもっとあったら、シアターの前に客席を作りたかったなぁ。というより、ちょっと作りたいかも?休日のDIYとして作るのありかも。まぁ、この話はまた次の合間にでも考えよう。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 僕は映画が好き。子供の頃は最新作を見るために、地元の小さな映画館

            Windows起動音はノスタルジーの塊なんだよなぁ。

            先日、研究の合間にこんなものを生み出した これはWindowsの起動音を聴くことが目的なのだが、段ボールを置くだけでお好みのものが楽しめるというのが今回のこだわり。普段はデジタルの境界を感じさせないTUI(Tangible User Interface)の研究をしているため、その要素もこれに取り入れている。 Windowsの起動音をテーマに選んだこともあり、これを作っている時に色々昔のことを思い出してしまった。最初にパソコン触った時のOSはWindows98。多分、新しい

            リズミカルでレインボーな光はテンションブチ上がってる雰囲気なんだなぁ。

            先日、研究の合間にこんなものを作っていた。 YouTubeでEDMを再生したスマホ(iPhone 11 Pro)を箱に入れることで、ドアに見立てた箱の隙間からスマホの光が漏れ出すという、ただそれだけ。隙間から漏れるリズミカルで、虹色の光だけで、箱の中はテンションブチ上がってる様子がわかるなぁと思い、その辺にある材料だけで作ってみた。 建物から光が差し込む様子を見ると、自然とその建物の中の雰囲気を意識的に感じ取ってしまう。一軒家のカーテンの隙間から温かみある光が溢れてい

            段ボールとコンサートホールとの空間は同じということなんよ / Tonali

            上のやつは先日研究の隙間1時間で作った、段ボールを置くだけでリバーブがかかる『段ボール音響』だ。リバーブとは、音の広がり度合いを示すもので、狭い部屋のような響きもあれば、コンサートホールのような広々した響きにも設定することができる。素材そのものは段ボールでできているが、重厚な音の広がりをしている可聴化することにより、段ボールと音符との間の空気がコンサートホールと同じ空気のように感じてしまった。 研究では可視化を多く取り上げることがよくあるが、可聴化はあまりなじみない。けどグ

            食物としてのアンパンマン

            「僕の顔をお食べ」 そう言って彼は自分の頭部の一部を削り、お腹を空かせてる者にそれを渡す。それを旨そうにパクパクと食し、最後にお礼を言う。そして、彼は満足そうな顔をしてどこかへ飛んでいく。 アンパンマンは生物でありながら、食べ物でもある不思議な存在だ。しかしながら、絵本やアニメで描かれているアンパンマンは食べ物の一面よりも、人間的振る舞いをしているものが多く、そのせいか彼の存在をあまり食べ物として認識したことがない。 「食べ物として振る舞うアンパンマンをもっと見てみたい

            【画期的】チャットボットも毎日人間の相手をして疲れているだろうから、チャットボット同士で会話させてあげるプログラム作った。

            こんにちは、Tonali(@maison159777)です。 普段は大学生を営みながら、メディア演出クリエイターとしてアニメーション装置や、コンテンツを作ったり、時たまnoteをつらつら書いています。 ※このnoteはmast Advent Calendar 2018を兼ねて投稿しています。 ところで皆さん... チャットボット使っていますか? 昨今、様々な形でチャットボットが世に登場してきています。 Microsoftの女子高生りんなちゃんがLINE、Twitt