不思議な“勝ち“はあるが、不思議な“負け“はない!!!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

不思議な“勝ち“はあるが、不思議な“負け“はない!!!

旧年はお世話になりました。
本年も何卒、よろしくお願い致します。

さて、今回は年末年始に開催され、出場させて頂いた第100回全国高校ラグビー大会での学びについて共有させて頂きます。

コロナ禍により、開催自体が危ぶまれましたが、協会関係者、大会関係者の皆様のコロナ感染に対する目に見える対策、目に見えない対策、徹底のおかげで、一人の感染者も出ることなく、全日程を無事に終えました。

年末投稿分でもお伝えした通り、今大会は100回を数えるメモリアル大会。
出場校12チーム増枠の63チームが集結!!

シード校(優勝候補)も1回戦から登場!!
高校生達の熱き戦いが繰り広げられました。

御所実(奈良県代表)
関西学院(兵庫県代表)
熊本西(熊本県代表)


それぞれのチームが全力を尽くした結果は様々でしたが、特にベスト8で敗退した御所実の結果について、振り返りしたいと思います。

1回戦 報徳学園(兵庫県代表)
2回戦 國學院栃木(栃木県代表)
3回戦 東海大相模(関東ブロック代表)
準々決勝 桐蔭学園(神奈川県代表)

強豪校相手になんとか準々決勝まで駒を進め、相手は前回決勝戦で敗れた王者、桐蔭学園!!

同じチームに2年連続で負けない!!
リベンジ!!

を合言葉にチャレンジしましたが、
結果は、完敗!

御所実 vs. 桐蔭学園
7-50

御所実の選手も満身創痍、
精一杯頑張りましたが、これが結果。

ノムさんこと“野村克也監督“が
言い残されたこの言葉。

不思議な“勝ち“はあるが、
        不思議な“負け“はない!

完敗とも言えるこの試合はもちろん、
“不思議な負け” なんかではありません。

敗因を分析し、選手を含め、我々スタッフもそれらを受け入れ、再認識、再考し、対策を講じて、成長していかなくてはいけません。

一方で、もう一つ感じたのは、この試合においては、“不思議な勝ち” も起こり得ないと感じました。恐らく、100回チャレンジしてもたまたま勝つ、まぐれで勝つことはない!と確信しました。

桐蔭学園はその後、準決勝、決勝と爆発的な力を
見せつけ、見事な2連覇を果たしました。
本当におめでとうございます!!

この優勝した桐蔭学園との差は何か?
敗因の根源はなにか?
それをどのようにレベルアップしていかないといけないか?

・コーチが意識を変えないといけないこと
・コーチが導くべきこと
・選手が意識を変えないといけないこと
・選手が自ら取り組まないといけないこと

これらを明確にし、“コーチ”“選手”との間で認識の違いが生じないようにコミュニケーション(ミーティング)を重ね、同じイメージ(SAME PAGE)を持って取り組むことが求められます。

既に新チームが始動しています!

ただ負けた!悔しい!で終わらせるのではなく、この敗因を新チームに持ち込み、受け入れ、成長に繋げて行きたい思います。

上手くいかない時に続ける努力を底力と言う!
(街中で見つけた素敵な言葉!)

今年も選手に成長させてもらいます!
応援よろしくお願いします。

二ノ丸友幸(プロフィールはここをクリック)

==================
二ノ丸友幸へのお問い合わせはHPから。
WEB:https://www.work-life-brand.com
MAIL : info.worklifebrand@gmail.com
=================

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フォローも宜しくお願いします🤲
Work Life Brand 代表 ★人材育成プロデューサー (自考動型人材をテーマに企業講演•研修を実施) ★プロラグビーコーチ (10チーム(カーリング含む)と契約中) ★コーチエデュケーター(コーチのコーチ) (指導者セミナーを実施) ★「#他競技から学ぼう」代表