伴野 智樹

ワークショップファシリテーターとして活動しながら、一般社団法人MAではアイデアソン、ハッカソン等の運営を担当し、テクノロジードリブンのオープンイノベーション活動を支援している。 最近プロトタイピングスクール「プロトアウトスタジオ」で、テクノロジーゼロイチ人材創出に取り組む。
    • プロトアウトスタジオの記事

      プロトアウトスタジオの記事

      • 391本

      プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」のスクール生やスタッフが書いている記事です。 https://protoout.studio

    • プロトアウトスタジオPDS2期

      プロトアウトスタジオPDS2期

      • 0本
    • プロトアウトスタジオ PDS1期

      プロトアウトスタジオ PDS1期

      • 79本

      プロトアウトスタジオ、PDS1期生の記事です。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000020328.html

開始前5分で準備できる!オンラインアイスブレイク5選

すっかりオンラインコミュニケーションが根付いた(ように思える)令和3年。 ミーティングや飲…

【経験学習モデルの定着化】日本初のプロトタイピングスクールを個人的に解説してみる…

2年前の2019年に設立され、先日2周年を迎えた日本初のプロトタイピングスクール「プロトアウト…

「この技術いつ流行った?」を12年間の開発コンテストと比較して振り返ってみた

2006年より名前や主催、運営チームの姿を変えながら続いてきた開発コンテスト「Mashup Awards…

イノベーションの土壌を育む、ハッカソン4つの要素

最近、人材開発やイノベーション人材育成の一貫として「ハッカソン」の企画運営をご依頼いただ…

オンラインコンテストで「参加感」をどう演出するか? -コンテストをUXから考える…

はじめに 2006年から続いており、2020年12月に15回目の大会を終えたばかりの老舗の開発コンテ…

「企業とデベロッパーの関係性」の重要度が増す2021年

DevRel活動の本質ってなんだろう? 最も著名なVCの1つであるセコイア・キャピタルのパートナ…