ボクハテル

感情はナマモノなので言語化して、残してみたいなと思いnoterになった所存。

ボクハテル

感情はナマモノなので言語化して、残してみたいなと思いnoterになった所存。

    マガジン

    最近の記事

    一冊では生きていない本たち

    ときどき、本屋で棚に並んでいる本たちを、隅から隅まで本を凝視してしまうときがある。 なんか、ジロジロ見ちゃう。 もちろん欲しい本が出てくる。 他の本も気になる。 もう一周店内を回遊する。 店員さんと話す。 帰り際に、また面白そうな本が目に入ってしまう。 「あ〜、これも欲しいなあ」となる。 みたいな具合。 最近、個人が経営している独立系書店をたくさん訪れたが、その時の経験がこんなだった風に思う。 「街を変える小さな店」という堀部篤史さん本に出てくる言葉の受け売りだけど

    スキ
    1
      • SNSの監獄から脱出せよ。デジタルミニマムへの道

        先日、こんなNetflixの映画を見た。原題:「The Social Dilemma」 邦題:「監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影」 SNSは、麻薬のように人を中毒にさせるような仕組みで回っているというのは薄っすら認識しつつも、どのような仕組みだろうというのが気になったのだった。 ついつい見てしまうインスタストーリー。 謎に開くTwitter。 気づいたら見ているYoutube。 映画の中ではオーバーな表現がありつつも、SNSというものは、一体何なのか・自分が

        スキ
        8
        • 2020の年始に欲しかったものを今見てみる

          記録を振り返ります第2段。個人的なメモ感覚です。 年始に欲しいものを書いていたけど、2021年の今見たらどうなってたのか。 ==2020 欲しい!と書いてたもの== 1. AirpodPro →Jabra Elite 85Tを代わりに買いました。2020 One of my best shoppingです。 2. スケボーデッキ →買ったよい!今年は移動が楽しくなるクルージング用のウィールが欲しいよ。 3. スケボーブッシュ →ブッシュは買ってない。まあなんだかんだギ

          スキ
          2
          • 2020の年始にやりたかったことを今見てみる

            記録を振り返ります。個人的なメモ感覚です。 やりたいことを書いていたけど、2021年の今見たらどうなってたのか。 ==2020やりたいと書いてたことこと== 1. 薪割りする  →してない。流木拾いは拾ったなぁ。今やインテリアと化してる。 2. 自然の遊びをイカさんとする →イカさんとではないけど、キャンプやら焚き火やら海やらたくさんした。  3. 火起こししてその場でコーヒー入れる →キャンプのときやったわ! 4. スケボーはパーツ毎に買って自分で組み立てる →デ

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 好きなノート
            ボクハテル
          • 思考の整理
            ボクハテル

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2020年に手放して/やめてよかったこと

            あけましておめでとうございます。 まだ2020年消化できてないので、もう少し過去形のお話します。 コロナ禍でライフスタイルが変わっていく中で、手放して良かったなと思うモノ・コトがあるので、吟じておきたく。 お気に入りじゃないもの着ない服、メルカリで売りました。 着れるけど、なんか気になるところがある服も売りました。 惰性で本棚に残ってる本も売りました。 テキトーに買ったもの、テキトーに扱っているものは、テキトーな時にしか活躍しないので、減らした方が良い人生になるかな〜と

            スキ
            5

            2020ベスト〇〇

            2020年いろんなコンテンツに触れたし、ちょいちょい買い物もしたし、ということで年の瀬に振り返り。 ベストといいつつ、一つに絞れないので3つくらいずつ書こうかなと。 番号降ってるけど別に順位ではないよ。 == 2020年ベストバイ買い物した後も、なんだかんだ日常に溶けこんでいるし都度良さを感じるものを選びました。 ①ワイヤレスイヤホン Jabra Elite 85tを買いました。 これまで、Anker Soundcore Liberty Neoを使ってて大した不満もな

            スキ
            5

            社会とはなんだっていう。

            ホームレスを取材しているYoutubeのアットホームチャンネルだとか、断片的なものの社会学という本を読んだりとか、一概に分類のできない社会で生きている人たちのストーリーに触れる時間が、最近知らぬ間に多くなった。 「人としてこういう風に生きなきゃいけないだろ」とかいう、おしつけがまさが一切ないお話たちをシャワーのように浴びまくる。 なんだかとても心地よかった。 多分、自分も何からも強制されたくないタイプだから。 動画に出てくるホームレスの方の中には、仕方なくその状況を選ん

            スキ
            4

            いっぱい遊んだ〜と感じられるときは、身体にいっぱい意識が向いてた。

            リモートワーク生活が続き、家の中で最近は眼差しも脳みそも画面の中に吸い込まれて一日の大半が過ぎてしまう。ということが日常になった。 授業もオンライン、バイトも減ったという大学生が 「1日が早く感じます。毎日がおんなじことの繰り返しですね〜」 と憂いていたのを思い出した。まさにそれだ。 8月はそんな日常が違った。日々にかなり刺激を与えられたと思ふ。 == 画面越しの会話だったり、本を読んだり、ドラマを見たり。 いわゆるおうち時間だけでは、なんだかバーチャルな世界にいる気

            スキ
            4

            練習はなんて楽しいんだ

            最近はあくる日もあくる日も、バスケットボールの練習をしている。 そして気づいたのだけれど、自主練習がとてつもなく好きだ。 そういえば学生時代も、1人で部活朝練したり、ダンスの練習したり、よくしていた。義務感に煽られてやっていたのではまったくないと思う。 じゃあ黙々とやっていて練習の何が楽しいんだろう? と、アラサーにもなったし考えてみた。 == 分断と結合を繰り返してフィードバックがすぐに得られるのが、楽しいのだ。 (ちょっとかっこつけた。) 身につけたいスキルがあ

            スキ
            2

            仕事の価値ってなんだっけ。

            最近、「これ結局だれを幸せにしてるんやっけ」と仕事をしながら考えている。 ・数字を眺める、まとめる、報告する。 ・サイト上の要素を擦り合わせる。全体として見せ方が気持ち悪くないか、不案内なことがないか、俯瞰する。 ・広告収益より高くできるように、考査する。 いろんな仕事をする。 どれも楽しいときもある。 心からやる気が出ない時もある。 Webに携わっていることもあり、いろんなテクノロジーがあって、ソリューションを提供してくれる会社にも出会う。導入できる解決策はたくさ

            わからないことに気づけるから書こう

            自分は、なんとなく頭の中だけで考えることが多い。 それをどこにも書いたりもせず、整理できたら「ふーん、そういうことなのかもな」と、勝手に納得して3秒後には何考えてたかは覚えていない。 そうやってるうちに、思考の仕方に癖が付いている気がした。 「こういうことは知った気になっているなあ」とか、「ここらへんに感情の突っかかりが無駄に出がち」とか。それが本心であるかどうかに関わらず、思考は意図せずとも通ったことがあるとこに進んでしまってるというか。 ただ単にやったこと・疑問に

            コンテンツ過食症

            家にいる時間が増えた。通勤もしてない。 そのせいもあって可処分時間が増え、 何かを読む・見る・面白いものを探す、を繰り返している気がする。 ONE PIECEを読み漁り、NETFLIXもついつい見ちゃう。 雑誌メルカリで買っちゃう。(最近Spactatorにハマっている) == 面白きコト・モノ、何かの正解が自分の外にしかないかのように、貪っているような感じ。 「何しよっかな〜」と思った時に自分が見出した楽しさを味わうものじゃなく、自分を楽しませてくれるものについつ

            スキ
            1

            腸は天才だし、脳はおバカだし

            昨日、冷凍の脂っこいチャーハン食って昼寝したら、その後なんだか内臓からしんどかった。 歳をとるのは、いいもんや。 すぐ身体にガタが来る。というのは、局所的に負荷がかかっているサインをすぐ感じられるということですし。 少し前に、マクロビに詳しい人と会って、 「感情を司っているのは実は腸。脳みその方がバカ」と言っていた。 確かにそうや。 ジャンクフードを食べたり、お菓子を貪るとおバカな脳みそは喜び、一時的な快楽を続けるように命令してくるし。 (芋けんぴ食べ始めたら止ま

            スキ
            4

            脳みそパッカーン

            スピリチュアルなことは全然信じないタイプだけど、今日は"引力"とか"仕合わせ"みたいなことを感じさせられた。ので記録したい。 感動した。鳩が豆鉄砲を食ったようにクリビツテンギョウのイタオドロ。 去年の夏に、イラストが好きだなと思って買ったTシャツがあるのだけれど、その人のインスタをフォローしていて。(ちなみにこのイラスト↓) はたまた、話は違うけど、先月、平塚に引っ越してきた。 そして、たまたまお隣の街の茅ヶ崎のカフェで↑のイラスト書いた人がPopUpの展示をやるという

            スキ
            7

            ルーティンは最強

            最近ルーティンがない。 2週間前くらいに引っ越しをしたのだけれど、それに伴って不確定事項がドンドン出てきて、それ決めるのに調べることとかがポツポツ発生してしまってなかなか時間が上手く作れてなかった。 その場その場で毎回なんか調べたりするのって、脳みそのバッテリー消耗するな〜と感じた。笑 考えずにできることは考えずにやって、脳みそを使いたいところに集中させられるのってとてもいいなって。 だからこそルーティンを只々行える時間があるのは、貴重な集中タイムだと思えたし、逆に習

            スキ
            6

            暇ってなんやっけ。

            「おれは忙しいんだぜ〜」と言いたいわけでは全くない。 むしろ、割と人並み以上にのんべりタイプだと思う。 でも年末に帰省してるとき、家族とゲームアプリの話をしている時にふと思った。 「ゲームのアプリとか全くせーへんわー」って言ったら 「じゃあ暇な時なんしてるん?」って、姉に言われた。 あれ。暇ってなんやっけ。 暇やな〜って思う時間がいつからか概念として消え去ってた。 時間あったら、何かしようと思って何かする感じ。 暇ってなんや。「なんもすることないわ〜」って状態?

            スキ
            3