Shōen

歴史・建築・本・旅など人文学系好きの20代 / 歴史を中心にした日々の読書や近代建築巡りについて書いていきます / 思考をうまくアウトプットして、伝えたいです

湯島のお屋敷を訪ねる

多くの観光客で賑わう上野公園、巨大な敷地の中にはたくさんの美術館や博物館が立ち並ぶ。この場所は建築博物館と呼ばれるほど、都内でも多くの文化施設が集まる場所だ。 ...

ジブリで学ぶ昭和の歴史

何かをきっかけに知ってゆくというのは楽しく勉強をする一つの手だ。興味があることが書いてあれば苦手だと思ってたこともスッと入ってきたりする。苦手なものというのは自...

「日本軍兵士」著者の講演を聴く

「その年、最高の一冊」として2019年に新書大賞を受賞した日本軍兵士という本が話題になった。新書で、しかもアジア・太平洋戦争において日本兵が置かれた過酷な現実につい...

中欧をゆく 4

オーストリアの首都、ウィーン中心部はリンクと呼ばれる環状型の道に沿って自動車とトラムが走っている。 名門貴族、ハプスブルク家ゆかりの豪勢なバロック宮殿、そして並...

中欧をゆく 3

自分たちのアイデンティティを示すための建築、そう聞くとなんだか僕たち日本人には遠いことのように思える。 征服された民族が自分たちの誇りを保って生きていけるかどう...

中欧をゆく 2

チェコの首都プラハは街そのものが「建築博物館」と呼ばれている。 20世紀の世界大戦での戦禍を免れたこと、なによりも市民が美しい街を守るために戦場になる前に街を明け...