見出し画像

古墳で自宅ワーケーションしてたらミャンマー人のお客さんが来た

皆さん、まあ見てください、この写真を。

画像1

画像2

いいでしょ!?
これ、うちの近くの古墳です。

僕が住んでいるのはこういう古墳がゴロゴロある南大阪(ラテン大阪)
百舌鳥古市古墳群として世界遺産にもなりました。

こんな街に住みながら、僕は社員10人弱ほどの会社(フィラメントと言います。よろしくね!!)の社長として、ずーっとテレワークしています。

そして、テレワークのメリハリつけるために、自宅に会社のメンバー(はるばる東京から来た人もいます)を呼び寄せて「自宅ワーケーション」をやってみたところ大好評で(僕調べ)、予想以上に楽しく盛り上がりました。
「気の合う仲間と一緒に仕事できるのってエンターテインメントなんや!!」
…という大きな気づきがあり、noteも書いちゃいました。

そしてその週末、slackに社員から連絡が…

画像3


ミャンマー人のお客さんが来る?マジか!!

…ということで、翌日来てくれたのは、僕たちの会社のお客さん、NTTコミュニケーションズのテさんという方でした。

↓僕のデスクに座って仕事するっぽく振る舞うテさん(ナイスガイ)。

画像7


テさんはめちゃ頭良くて(今の仕事はIT系だけどミャンマーでは医大に通ってたらしい)、日本語も英語もペラペラ。心優しく仕事もできる男(多分モテる

画像4

なんかうちの近くにテさんの知り合いのやっている宿泊施設があり、応援がてら泊まりで来られたそう。

そして我が家のワークスペースにて雑談。

内容は
・日本の芸能人はミャンマーでも人気がある
・キムタクとかみんなこどものころから知ってる
・三浦春馬さんが亡くなったときはミャンマーの友人からも哀悼のメッセがきた

など。

画像5

画像6

とりとめもない話題で盛り上がる。

うちのベランダから古墳も眺める。(僕の家は自宅の隣が古墳)

画像8

テさん「古墳…いいですね」
僕「いいでしょ…」

画像9

「そうだ!!
 古墳行こう!!」

画像10

いきました。古墳。
テさん「空気がきれいだ…」

画像11

テさん「おお……ディスイズパワースポット…」
僕「ふふふ…」

僕「そうだ。テさん…宮内庁って知ってます?」
テさん「おお…知ってますよ。有名だから。」
僕「ご案内しますよ。」
テさん「マジすか?」

画像12

あっという間に、宮内庁書陵部古市陵墓管区事務所に到着。
宮内庁の管区事務所は全国でも五つしかないのです。

※事務所の中には入っていません…というか入れません

そして…

画像13

古墳に向かって、レッツ参拝
…雲の雰囲気がスピリチュアル…
この後、雨が降り出しました。

最後にはうちの息子とも国際交流してくれました。
ありがとう、テさん!!

画像14

また来てくださいね!!

自宅テレワークの名所として有名になると国際交流にもつながる。
そんな自宅テレワークの可能性を知らしめてくれたテさんの来訪
でした!!
ずっとサポートと写真撮ってくれた平井さん(QUMZINE編集長)もありがとうございました!!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
僕たちの会社、フィラメントでは「よりよい未来をつくりたい」人たちとつながるためのQUMZINE」というメディアもnoteでやっています。
今と未来を面白がれるようにするワークスタイルや仕事のヒントになるような発信をかなり高頻度でやってますので、ぜひフォローしてやってくださいまし。
僕はもちろん、メンバー全員で小躍りして喜びますので~




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うおお!!超うれしい!!シェアもお願いできれば泣いちゃうかも!!
14
元地方公務員、今はアイディエーションファーム(事業開発コンサル)の経営者。 日本有数のお固い職場から日本有数の最先端ワークに突然シフトチェンジした男。 スタートアップから大企業や外資系企業の経営幹部まで幅広い人と雑談し、その気づきを記事にすることが多いです。