見出し画像

ある親子が生きづらさを捨てるまでの物語~『フツウ』って何だろう~

普段noteは基本的に文章中心の投稿でしたが、今回は現在開催中のコミックエッセイ大賞に参加するためのマンガを一本描かせて頂きました。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

『フツウ』って何だろう。

ハナが「自閉症スペクトラム」という発達障害を持っていることを私が知ったのはハナが4歳のときでした。
でも私はそれをわかった上で「治そう」としました。
普通の世界で普通に過ごせるように。


でも、そうじゃなかった。
なんとか「普通」に近づけようとした私のやり方は、ハナを余計に追い詰めてしまっていたのです。

『自分なんて死んでもいい』そう言って、自分を殴りながら泣くようになったのはハナが5歳になってから。最初にそれを見たときは本当にショックで、息が詰まるような思いでした。

私自身も精神科を受診し、診断がついて。
その時心底安心した自分がいました。

「私はもともと、周りと違って当たり前だったんだ」

なんでみんなが出来るのに、自分は出来ないんだろう。
なんで私が何かを言うと、なんだかおかしな空気になるんだろう。

ずっと感じていた違和感の理由がそこでわかったのです。

違って当たり前だということが分かった瞬間、楽になった私。

…そう、ハナも「違って当たり前」なんだと。
それを周りに近づけようとすればするほど苦しいのは、私が誰よりもわかってあげなければいけないことでした。

私は『フツウ』の着ぐるみを脱ぎました。
ハナにも、脱いでいいよと言いました。

それからハナは少しずつ「死にたい」とか「自分はいらない」とか、そういう言葉を言わなくなりました。
6歳の今、ハナはとても明るく元気です。
毎日が楽しいと言っています。

もっと早く着ぐるみを脱がせてあげたらよかった。
これは、私が何度も思っていることです。

だから私はこのテーマのマンガをずっと描いています。
私やハナと同じように、息苦しさを感じている大人や子どもの存在を知ってもらえたらと。
そして脱げるなら早く、みんな着ぐるみを脱いで楽になってほしいと思っています。

『…みんなと違ってもいいの?』

この先の未来を生きる子どもが、そんな不安を感じなくてもよい社会になるよう私は心から願っています。

*
*
*
*
*
*
*
*


まともにコマ割りしてストーリー組んで漫画描くのが初めてなのでかなり苦労しましたが、結構頑張りました…『スキ』や、感想コメントなど頂けるとすっごく嬉しいです。

オススメなんてされたらもっと嬉しいです!

よろしくお願い致します~…!

★後日追記★
本当に多くの方に拡散して頂き、スキやコメント、オススメ、サポート…編集部さんの方でピックアップまでして頂いており、本当に嬉しいです。
感謝の気持ちとこの状況にびびっている気持ちを書いております。
良かったらこちらもどうぞ。



#コミックエッセイ大賞 #発達障害 #生きづらさ #コミックエッセイ
#自閉症スペクトラム #育児 #あんマンサロン

この記事が参加している募集

スキしてみて

#コミックエッセイ大賞

4,323件

締切:

子どもに教えられたこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたらまたさらに頑張ります。 よろしくお願い致します!

また、あそびに来てください
548
親子でASD。 なかなか社会に馴染めません。 発達障害育児の漫画描いてます。マンガはこちら。 https://tetom.hatenablog.com/ noteでは文章系の投稿をまとめていきたいと思っています。 西野エンタメ研究所発、夢幻鉄道もこちらに。

こちらでもピックアップされています

漫画
漫画
  • 3本
コメント (6)
私の弟がおそらくASDです。生きづらさを訴えているのは、何度も聞いています。生きづらさの原因を教えてあげた上で、「こういう風に生活すると楽だよ」とアドバイスしてあげたいけれど、父親が教えたことによって「俺は欠陥人間だから生きてる価値ない」と言って自殺する事を恐れて、伝えられずにいます。生きづらさの原因が分かってホッとした。という話はよく聞きますが、そうでない人もいるようなので、踏み出せずにいます。ハナさんはよき理解者(母親)が近くにいてよかったですね。これからも色々な試練に出合うと思いますが、親子で乗り越えていけるのではないかな・・・
漫画の「ネコの着ぐるみ」という表現がナルホド。と思いました。
>夢ニムニカさん
ASDだとしても、欠陥人間ではないことをまず知ってほしいです…
あくまでも脳の発達の仕方が違うだけなんです。
だからこのマンガを描きました。猫が正常でリスやウサギが異常な生き物であるわけではないと…。

私自身、診断名を告げられた瞬間はざわぁーっと身体中の血が逆流するような感覚がありました。

どうあがいても周りと同じにはなれないと医学的にはっきり認められた訳ですから、同じになろうと足掻いていた時間が全て否定されるような気持ちになったのです。


それでも私が立っていられたのは、そんな私を必要としてくれる家族の存在でした。理解者は最初は1人でもいいのです。

弟さんが着ぐるみを脱いで楽になれることを願っています。
はじめまして。私も着ぐるみで生きてきた自覚があり(まだ捨てられていないです・・・)、自分でもそう表現しているので、こちらの作品・表現が本当にしっくりきました。
私の時代には発達障害という言葉も知られてなくて未診断ですが、最近「自分もそうだったのかな」と思うことが多いです。
ハナちゃんの叫びがとても辛いですが、近くに分かってくれる人がいると違いますね。子供のころの自分が少し救われたような気持になりました。良い作品ありがとうございます。
>内木ブレーキさん
はじめまして。着ぐるみの自覚はあっても捨てられない気持ち、よくわかります。
私もしばらく捨てられなかったので…。私自身、40近くになってようやく捨てたので5歳で捨てられたハナがどういう成長をしていくのかをちょっと楽しみにしています。

多分「いいから着ろ!」という大人がこの先何人も出てくるとは思いますが、守れる限り頑張ってみたいと思います。5歳の子が、周りに合わせなければいけないために自分の価値がないと思ってしまうなんて寂しすぎますよね。
こちらこそ、感想ありがとうございます。
内木さんが少しでも生きやすくなりますよう願っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。