之哲/Yuki Satoru
多彩な小津安二郎の世界
見出し画像

多彩な小津安二郎の世界

之哲/Yuki Satoru

2017の事になるけれど、妻と「小津安二郎の映画を観たことないね」という話になり、まず有名な「東京物語」を観たらことのほか良く、そのあと連続していくつか小津映画を観ました。観た作品は「東京物語」「麦秋」「晩春」「早春」「お早よう」です。
「お早よう」以外はどれも名作だろうと思います。内容も視点も実に多彩たさいです。それでいて共通した雰囲気ふんいきも確かにある。時代背景が近いのと、映像の撮り方が独特なのだろうと思います。
「東京物語」は淡々たんたんと話が進んでく。その中で描かれる家族を中心とする人間関係は、実に微妙びみょうなものがあります。日常を訥々とつとつと描いているのに、全くきず最後まで観てしまった。何だろうこれは? 不思議です。小津安二郎の観察力には驚くべきものがあるようにも感じます。
それに対し、次に観た「麦秋ばくしゅう」の女性達のおしゃべり、やりとりはなかなか強烈きょうれつ。セクハラ上司も出てきて、ドタバタ・コメディといったところ。とても面白かった。最後は一転いってんしんみりと終わる。実にいい。
晩春ばんしゅん」は結婚しない娘とそれを心配する父の話で、テーマは「麦秋」と共通していますが、父娘の関係を中心に描かれています。ひと芝居しばいうつ父親役の笠智衆が何ともいい。そのぎこちなさが、逆に何ともリアルなのです。
早春そうしゅん」は夫婦と夫の職場仲間が中心に描かれる。夫婦の関係はとても微妙びみょうだ。
「麦秋」で、女子トークの中心にいた淡島千景が、ここでは揺れ動く妻を演じている。全く異なるけれど、どちらも素晴らしい演技です。岸恵子の過激な演技もいい。「東京物語」の静的な感じとは違って、実にダイナミックな展開です。しかし最後はやはりしんみりと終わる。
「お早よう」は「麦秋」の上をいく、全くのコメディ。随所ずいしょに光る演技があるが、コメディ作品としては失敗作だろうなぁ。笑えるけど、やりすぎ。しかし、こける時は大胆にこけるあたりも、さすが名監督だと思う。やりきるのだな。観る価値はありです。

(2017にinstagram(philosophysflattail)に上げたものを、少しだけ修正したものです。)

この記事が参加している募集

映画感想文

おすすめ名作映画

映画感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あざーす!( ̄^ ̄)ゞ
之哲/Yuki Satoru
別名tawanda 1972年生。神奈川県在住。音楽・映画・文学・詩・和歌・絵・狛犬など https://www.instagram.com/philosophysflattail https://youtube.com/user/flattail1972