すぎやま さちこ

わたしのなまえは〝さちこ〟。 よくわらい、よくしゃべり、よくねる。 にんげんにしか味わえない味を かみしめながら生きる。 はるやのマムである。

相対コントラスト

人は仲良くなった相手を変えたがる わたしはこうだ わたしはこう思う という「me」の話をしているのに なぜか あなたもこうしなさい あなたはまちがってる と聞こえて…

あの頃のわたしへ

もう何一つ削らないで、磨くんだよ あなたはそれが自分を傷つけるための研磨剤なのか もしくは磨くための研磨剤なのか 見極めなければいけない もうあなたはこれまで何…

言葉は薬

あまりに毎日、デイサービスの仕事がやらされ仕事なのでおっくうだと感じていた。 意味のないような、ただの時間稼ぎのようなことを毎日していると思っていた。 「やめよ…

星とたち

ある夏の日。 八ヶ岳で住み込みのシーズンバイトをしていたときがあった。 忙しい昼間の仕事のあと、そのあたりで一番標高の高いところへ行ってみようと車を走らせた。 …

〝やりたいことがない〟ということ

夢ややりたいことがない人は やれることが少ない人 -竹花貴騎- 「生まれたてきた意味」 「使命」 人生にいちどは考えるテーマ。 変わらない毎日、 ボーッと過ぎてい…