見出し画像

高須正和:自己紹介/最近の仕事

オンラインミーティングなどが増えてきたので、初対面の人に仕事や自己紹介する情報をまとめます。登壇用のプロフィール,連絡先はこちら。

仕事,研究,コミュニティ 3つの活動をしています。

画像1

事業開発

2017年に株式会社スイッチサイエンスに転職し、グローバル事業開発を担当しています。スイッチサイエンスはIoTの開発ボードの設計開発、輸入販売をしています。僕は中国深圳をベースに、様々な国の開発ボード企業(スタートアップが多い)と新しい製品の発見、輸入、投資や事業提携などを担当しています。スイッチサイエンスは最近IoTの受諾開発も始めました。
出張が多いのは香港・台湾・上海・タイ・マレーシア・シンガポール・アメリカ・イギリスです。

調査研究

自分自身は研究者のバックグラウンドないのですが、電子工作のムーブメントに長く関わっていることや、2016年の著書「メイカーズのエコシステム」をきっかけに、コンピュータサイエンスや新興国経済、そしてイノベーション研究のプロジェクトに呼ばれることが増えました。こちらは個人での仕事です。
それぞれの分野のプロ研究者と一緒に、体験した事例を体系化していけるのはすごく楽しく、大喜びでやっています。
2016年~JETROアジア経済研究所、2018年~早稲田大学、2020~ガレージスミダ研究所等で招聘研究員や非常勤講師をしています。「深圳の産業集積とハードウェアのマスイノベーション」(授業の録画まとめ)が早稲田ビジネススクールでの講義タイトルです。分野としては
・経営・オペレーションズ・リサーチ(イノベーションが起こる仕組みの研究)
・中国/新興国経済研究
・コンピュータサイエンス(主にHCI)
の3分野の中間になります。
「正解のないイノベーション」「技術の民主化」の2つが研究テーマです。

また、中国の製品/技術調査、イノベーション研究やイベントの運営など、個人で請け負っているリサーチやコンサルティング、深圳市大公坊创客基地iMakerbase,深圳市創品工場MTOMでのメンター等もあり、この分野での仕事を募集しています。連絡先

付随して、布教活動として様々な媒体で記事を書くことや講演もしています。
・日経ビジネス 「世界の工場の明日
・Fabcross 「アジアのMakers
・ダイヤモンド・オンライン 「知られざる深圳
・FINDRES 「テクノロジーから見える社会の変化」などなど

コミュニティ

ニコ技深圳コミュニティ(2014年~)の共同発起人、分解のススメ イベントの運営、ニコ技グルガオン観察会など、技術コミュニティを運営しています。
これらは会社での事業でも個人での請負仕事でもなく、つまりはお金が発生しないものですが、だからこそ興味本位で素早く動け、本質的に未来に必要となるものにたどり着けると考えています。
最近はAI,コンピュータサイエンス,技術の民主化,技術の社会実装に関連するオンラインイベントを行っています。

経歴,バックグラウンド

画像2

webディレクター/ネットワークエンジニアみたいなところが、careerの始まりでした。その後事業会社、クリエイティブ集団などに在籍しました。IoT/スタートアップ/研究の仕事はそれらの延長線上だと思っています。
現在の拠点は中国深圳で、様々な場所の技術展示会に参加しています。

著書

オープンオフィス

新型コロナ以後、セレンディピティが減っているので、毎週火曜日の17時〜18時に、誰でも僕のカレンダーを予約してオンライン会議ができる、オープンオフィスの時間をつくっています。申し込みお待ちしてます。



この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 深圳ほかアジアで見たものをシェアするマガジンをやっています。

うれしいです、ありがとうございます!
19
著書「プロトタイプシティ」「メイカーズのエコシステム」等。ニコ技深圳コミュニティCo-Founder 早稲田ビジネススクール招聘研究員 Noteで深圳のマガジンを書いています https://medium.com/@tks/takasu-profile-c50feee078ac