見出し画像

今まで飲んだビール系飲料の中で一番美味いと言っても過言ではない“発泡酒”

 美味しいビールの話をしたいと思う。どう言うことかといえば、ビールの温度の話だ。
 15年くらい前に恐ろしいほど美味いビールを飲ませてくれる人を紹介してもらうことになった。なんというか、こういうことを愚直に追い詰める人は専門家でないことが多い。専門家、業界人はどうしてもそれが日常になってしまい、そこから追い詰めるということをしないものだ。その人は唐揚げとビールに賭けている人物だった。
 最近もコーヒーを極めている人に会ったが、その人も別にバリスタでもなんでもなく、漫画関連の事業をしている社長なのだ。
 しかし、味にうるさい私の周りの人たちはみんな知っていたりする。不思議なものである。

 その人によれば、ビールの最適温度はマイナス2,3度あたりらしい。0℃以下でもアルコールが含まれているので凍らない。そのビールをきれいに洗浄して同じ温度に冷却したグラスに注ぐのである。
 そして、なんと最初に振る舞われたのはビールですらなく、発泡酒なのであった。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 657文字
記事を購入する

今まで飲んだビール系飲料の中で一番美味いと言っても過言ではない“発泡酒”

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
66
どーもー!