見出し画像

日本ビールの可能性とポテンシャル

 日本ビールの可能性について、ふと考えてみた。
 きっかけとなったのは、写楽『S』スパークリングの完成祝い会。写楽を手掛ける宮泉銘醸の宮森ブラザーズと、日本酒スパークリングの可能性について盛り上がった。炭酸の入れ方からコルクの材質などなど、シャンパーニュを超える日本酒スパークリングは確実に出てきている。完成した『S』もWAGYUMAFIAオリジナルのブランドだ。
 最近はクラフトビールブームだが、ビール市場全体から見れば日本は無きにも等しい。アメリカでも数%程度の市場シェアしか持ってないし、WAGYUMAFIAでもオリジナルクラフトビールを作ってはいるもののメインストリームになっているわけではない。

 でも、みなさんご存知の通り、日本の大手メーカーのビールは日本料理に合うように繊細に作られている。
 そこで、ふと思った。
「そういえば大手メーカーのビールを飲み比べできる店ってないよな」と。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 390文字
記事を購入する

日本ビールの可能性とポテンシャル

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
58
どーもー!