新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナで育まれた、とあるペットライフメディア編集部の強い絆

こんばんは。初めて私の記事を見ていただいた方もいらっしゃるので、冒頭でいつも自己紹介させていただいています。

ペットライフカンパニー シロップ代表の大久保です。元保護犬でコーギーのコルクと暮らしています。「人が動物と共に生きる社会をつくる」をミッションに掲げ、動物が好きな人も苦手な人も、動物自身も命を尊重し許容される社会をつくりたいと考えています。
そのために、信頼ある情報やモノを提供し、データを通してパーソナライズに提案するプラットフォームを展開しています。保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」、ペットライフメディア「ペトこと(PETOKOTO)」、フレッシュカスタムドッグフード「PETOKOTO FOODS」を運営しています。

地球に生きる人類規模で影響を受け、世界中の価値観を一瞬で変えさせられた新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令から約2ヶ月が経ちました。緊急事態宣言が解除され、都内でもロードマップのもとで緩和されている中、環境を含めた生き方の変化が進んだとも言えます。

この未曾有の時間の中で、私たちシロップは、犬や猫との暮らしを全面的に考え、働き方やサービスはもちろん、お客さまであり飼い主仲間であるみなさまのため、犬や猫たちのために何ができるのかを考え行動してきました。小さい行動かもしれませんが、その行動から育まれた編集部の絆を紹介させてください。

1. 在宅時間で悩む、飼い主と犬や猫のために

私たち自身も犬や猫と暮らす中で、外出自粛が増え在宅時間が増えることで悩みが出てきました。例えば、動物病院に行くのが怖いので健康管理が気になる・・とか、トリミングサロンに行くのが怖いのでケアやシャンプーどうしよう・・とか。また、犬や猫だけでなく、飼い主の方もジムに行くことができないので運動不足になるとか。

実際にペトことの読者のみなさまにアンケートを取ったところ、私たちと似たような悩みを持たれていて、特にオンラインで気軽に獣医師や専門家に相談したいニーズがありました。

画像2

そこで、私たちはすぐに動きました。ペトことには130名以上の専門家が執筆登録いただいておりネットワークがあるため、専門家の方々にお願いし、インスタライブでのお悩み相談会を実施しました。先生方も無償で賛同いただき、企画から2週間足らずで告知することができました。過去動画もアップされていますので、ぜひこちらからご覧ください。

画像1

お悩み相談だけでなく、少しでも心を温かくしていただけるようにチュートリアル徳井さんと私の「ただただ犬や猫への愛について語る会」を開催したり、結果的に全ての講座合わせて5万人以上の方々に視聴いただきました。視聴いただいた方からは「また開催してください!」などの声もいただいており、これからも開催していきたいと思います。

2. コロナの情報が行き交い不安な飼い主のために

私もコルクと一緒にいて、コロナは犬や猫にも移るのか、人にも移してしまうのかなど常に不安を持っていました。散歩に行く際もあまり人が嫌がらないように近づかなくなりました。

そして、何よりも不安だったのが、万が一犬や猫がコロナウイルスを人に移してしまうことが判明した場合に、社会が排除する動きになってしまうと思ったからです。災害時もそうですが、やはり法律ではモノという扱いのため、飼い主としては家族であっても同じ場所にいられなくなるリスクがあります

そんな不安を少しでも解消して欲しいという想いで、今分かっている正しい情報をリファレンスのもとで飼い主のみなさまに届け続けてきました。編集部の獣医療担当者である織田が常に新しい情報更新をウォッチしてくれて、タイムリーにリファレンスを解釈し発信し続けてくれました。

3. 犬や猫との幸せな時間に「ペトこと」が在り続けるために

4周年を迎えて編集部のメンバー全員がペットライフへの想いを綴りました。その中で渡邉の言葉がすごく良かったので紹介させてください。

人の暮らしが変われば、もちろんその家族である犬や猫たちの暮らしも変わっていきます。人のライフスタイルに合わせ、迎え方や診察、イベントなどさまざまなものがオンラインに置き換わっていくでしょう。変化は前向きなものですが、わからないことが増えれば不安になる方もいます。そんな中でペトことは、お客さまの思いに寄り添い、大切なことは忘れずに、常に新しく、信頼できる存在であれるよう努めていきたいと思います。

私たち自身も犬や猫と暮らすからこそ、お客さまと飼い主仲間という目線を持ち、寄り添っていきたいと思っています。

スクリーンショット 2020-05-27 20.22.24

私たちのバリューに「犬や猫の命は私たちよりも短いからこそ、誰よりも早く世に出すことを美学とし、PDCAを回し続けよう」という言葉があります。今日とある社員との1on1で、「仕事が大変だと思う時もあるけど、犬や猫の命は私たちよりも短いからこそ、幸せな時間を過ごしてもらうために頑張ろうと思えます。」と話してくれました。

新型コロナにより大変だったことも山ほどありますが、本当に大切にしたい価値観、Purposeを全員が考える、リモートであっても絆が育まれた時間になって本当に良かったと思います。

これからも、犬や猫、そして共に暮らすみなさまの幸せな時間の中に私たちシロップが在り続けられるよう、新鮮で正しく分かりやすいコンテンツをお届けしていきたいと思います

■■■■
シロップからのご案内です。ペットテックやペット市場に興味のあるメディアさまがいらっしゃいましたら、このリンクよりご連絡ください。
私たちは、人が動物と共に生きる社会をつくるため、ペットライフを家族の在り方の一つに事業を行う、愛犬家愛猫家が集まるチームです。お問い合わせいただいた方には、シロップから最新のペット市場やイベント情報をタイムリーにお届けします。

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!保護犬猫のためにシェアもいただけると嬉しいです!
17
ペットテックスタートアップのシロップ代表。人が動物と共に生きる社会を作る。D2Cカスタムフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」、ペットライフメディア「ペトこと」、保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」を運営。https://foods.petokoto.com

こちらでもピックアップされています

OUR  SERVICE - 開発日記
OUR SERVICE - 開発日記
  • 3本

私たちのサービスの先にはVISIONがある。ひとりひとりの志事がピースとなり、ペットライフを豊かにし動物の命を尊重する社会の実現へと導く。そんなone pieceをご紹介。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。