卯月妙子

二十五歳上の病身の夫との記憶を残してゆきます。 統合失調症精神2級。 ビッグコミックオ…

卯月妙子

二十五歳上の病身の夫との記憶を残してゆきます。 統合失調症精神2級。 ビッグコミックオリジナルデジタル版フルカラー不定期連載『港町ブルース』執筆中。 https://twitter.com/udukitaeko_

マガジン

  • 25歳上の夫・『お父さん』(ボビー)との日々

    25歳 上の夫(令和5年、77歳。重篤な基礎疾患があります)と私との最後の「青春」の日々を綴ります。

  • pixivFANBOXで全体公開した記事です。

    自分の節目や、同じ悩みを持つ人へ、折々、全体公開で記事を書いています。

  • 西洋占星術ネタです。

    趣味の西洋占星術ネタをまとめました。

  • 漫画、書籍の感想をまとめました。

    漫画や書籍から触発された、私事や感想など書いています。

  • 『鎌倉殿の13人』

    『鎌倉殿の13人』に関しての記事や短歌、You Tubeなどです。

最近の記事

  • 固定された記事

プロフィール&漫画試し読み&諸々。

はじめまして。 卯月妙子と申します。 エッセイ漫画家、エッセイストです。 発達障害の二次的障害により10歳より統合失調症を発症、精神障害者2級、支援区分2です。 ■『港町ブルース』1話~ ※土曜日更新 https://bigcomics.jp/episodes/2cc6258e65059/?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=tw_bc_minatomachi_artist ■ 脳に楔を打ち付けて。|卯月

    • 78歳を迎えたお父さんへ。

      お父さん。 あなたが生まれてから、今日で78年が経ちました。 私があなたと一緒になったのは、あなたが61歳の時です。 17年、あなたは、私と一緒に生きてくれました。 あなたが病に倒れたのは、あなたが72歳の時です。 その時のあなたの状態は、ネフローゼ症候群と言って、末期的状態でした。 おうちに帰ってきたときの状態は、介護度5でした。 あれからの1年、1年は、お誕生日が巡ってくるごとに、毎年が奇跡でした。 あなたは、いかなる時もやけっぱちになることなく、常に笑顔で前向きに

      • 書く、描く、コラボする。命の時間と友人たち。

        椎名エリのことを執筆するのは、苦しくて、いちど私は断念した。 この年齢になると、どうしても、命に関わる病気をする友人がどうにも増えて、私は昨日作家で恩師の評論をやっている友人にたまりかねて泣き事を言った。 正直なところ泣いた。 私にできることといえば、文章で残す、漫画で残す、何らかの仕事でコラボレーションをする、つまりは、しゃべること、そのくらいしかできない。 私自身の体は、憎たらしい位頑丈で、精神疾患を持っていると言ったって、まだまだパワーに満ち溢れていて元気である

        • アングルの天体。自分の社会における欲求や意識について。

          私の本業は『漫画家』である。 自分の中の『漫画を描いていきたいと言う意欲』。 様々な人の話を聞いたり、その悩みに答えたり、若い子と常々話していたり、ここ最近そんなことをずっとしてきた。 人の悩みを聞いたり、相談を受けたりするたびに、これを発信していきたい。あれを発信していきたい。描くべきテーマはまだまだ山のようにある、そう思う次第である。 先日、ちょうどお父さんと話したばかりであった。 『あなたのやり方は、人の自立を妨げてはいないか?そして、それに時間を使うことで、あなた

        • 固定された記事

        プロフィール&漫画試し読み&諸々。

        マガジン

        • 25歳上の夫・『お父さん』(ボビー)との日々
          初月無料 ¥1,000 / 月
        • pixivFANBOXで全体公開した記事です。
          82本
        • 西洋占星術ネタです。
          13本
        • 漫画、書籍の感想をまとめました。
          14本
        • 『鎌倉殿の13人』
          4本

        記事

          君と。 4。

          睡眠と睡眠の息継ぎのように 君が言う あなたの今夜の晩飯どうする? 俺が作ってやるから! そうだ、買い物に行ってこよう 鶏肉がないんだ! スーパーまで歩けない君が 買い物袋を持つ力のない君が 睡眠と睡眠の息継ぎのように 繰り返し繰り返し そればかり口にする 涙が出るじゃないか あんまり私を思わないでくれ 納豆と卵さえあれば 私は事足りるんだよ 君は、いつも 私の食べ物の心配ばかりする そして、無理をして 直立できない体で包丁を握り 呼吸の音をヒューヒューさせながら台所に立つ

          君と。 4。

          君と。 3。

          皮膚の甘ったるい匂い 頭皮の子宮を刺激する麝香のような匂い 君は、たくさんの 良い匂いがする 湯上がりの君の全身に軟膏を塗る時 君のその愛しげな陰茎を 口に含んでも良いものかどうか 毎回逡巡しているのだよ 性的なものから離れて、もう我々はずいぶん長く 私は照れもあり 私は、度胸もなく 恥ずかしくて、恥ずかしくて そんなことはできないけれどもね ただときには夢想する 我々を阻む、衣類を取り払ったら 裸ん坊でひとつの布団に入ったら あぁだめだなぁ 私の方が先に心臓がびっくりしてし

          君と。 3。

          君と。 2。

          君の朝は非常に早い そして君は、断続的に眠る いつも嫌な夢ばかり見る君は 日曜日だけはニコニコとして 薄い笑みを浮かべて なんとも穏やかに眠ってくれる 君の頬に柔らかく、何度も口づけし 君の髪を撫で 君の髪の毛の中に、私は鼻を埋める 皮膚と皮膚とを 隙間なくくっつけて 君の頭の中に 君の触覚の中に 君の嗅覚の中に 私は自分の汗ばむ、皮膚の感覚を伝え続ける すると君は どういうわけだか悪夢を見ない 気持ちよく 心地よく 穏やかな眠りに落ちてくれる 夜みたい 浅く、嫌な焦燥もなく

          君と。 2。

          君と。 1。

          汗ばんでなお 汗をかかぬ君の横にいる 私の体温は 健康的に上昇する 君は このぬるい空気の中 毛布に電気を入れて 掛け布団をかけている 君の横にぴったりと 皮膚を近づけていると 私は、だんだんと汗ばみ 静かに、乾いたままの 皺で割れた薄い皮膚の君は 初夏の気温であっても、うすら寒くて おでこまで布団に潜り 寝入ってしまう 同じ布団に入り 同じ掛け布団をかけ 君の 電気の入った暖かい敷布の中にいると 君が起きる頃には 暑さにむせ返った私の体は 布団から半分はみ出して 体温を逃し

          君と。 1。

          お父さん恋しや。今年は壊れたくなし。

          「俺も元気だし、いっちょ、2人目の子供でも作るか!」 お父さんが昨日、満面の笑みで豪快に笑いながら、そんな冗談を飛ばした。 うれしかった。 どれだけ嬉しかったかわからない。 単純な私は、その日の夕方、ドラッグストアで化粧品を買ってきた。 若い子が使う、すっぴんパウダーなるものと、使い切ってしまったマスカラ、唇や唇周り用のエイジングケア用品。 4月5月、毎年恒例だが、私はお父さんのスイッチが入る。 まず家の中を大掃除する。 模様替えなんかもする。 その頃から、ダンスや

          お父さん恋しや。今年は壊れたくなし。

          朝、30分のお仏壇掃除。日常の小さな楽しくて幸せなこと。

          ひと月ほど前から写真の整理を始めた。 プリントしてしまってあったり、壁の額縁に散逸していたり、新たにまたプリントしたり、そんな大切な写真を全て額縁に入れて、壁に飾るものは飾り、今この世にいないみんなの写真、私にとっても大切な友達のペットの写真を、写真のサイズに合わせた額縁に入れて、お仏壇に全て飾った。 もうこの世にはいないけれど、大変お世話になって、可愛がってもらった、畑中純先生や石井隆監督の色紙も、額縁に入れて壁に飾った。 お父さんと私が一緒に写っている写真ばかりが溢

          朝、30分のお仏壇掃除。日常の小さな楽しくて幸せなこと。

          ネイタルもトランジットも冥王星祭り‼︎

          2024年4月24日現在、私のトランジットは冥王星祭りである。 • 冥王星が冥王星にトライン •冥王星が火星にセクスタイル •冥王星がMCにトライン なんだか、冥王星が気になって、自分のネイルチャートを見てみた。 私のネイタルチャートで、冥王星とアスペクトしていないのは、水星と木星と天王星だけである。 ・MCと冥王星が合 カリスマ性を帯びる。権力への志向。 ・海王星と冥王星がセクスタイル 心霊的な力がある。先祖の加護を受けている。 ・太陽と冥王星がスクエア 人生が

          ネイタルもトランジットも冥王星祭り‼︎

          わたしの睡眠、お父さんの急変。

          お父さんの急変は、深夜いきなりくる。 その時お父さんの気配だけで起きて、緊急時の対応ができるようにと、この1年間、睡眠薬を半分にして熟睡する時間を短くし、後は浅い眠りのまま、睡眠時間も短くして生活してきた。 しかし、統合失調症の患者にとって、睡眠時間の短縮は、自殺行為である。 脳の疲労が全く抜けないまま、1日1日、1週間2週間、1ヵ月2ヶ月、半年1年と、1年経過して、昨日今日おかしくなった。 まず電気がつけられない。 刺激と言う刺激に耐えられない。 頭に膜が張ったように

          わたしの睡眠、お父さんの急変。

          4ハウス牡羊座の私のキロンが行き着いた果て。『こんな私をご笑覧ください』

          私のキロンは 4ハウス 牡羊座にある。 ACと トライン、 MC と オポジションを取っている。 キロンが 作用していれば、 自己不全感 に陥ったり、 自分に自信が持てなかったり、人との深い繋がりを恐れてしまう。 例えば 私がキロンを超えるためには、 自分の生きる価値を 自分 のありのままの姿として再定義するところから 始めなければならない。 私のキロンを『 活かす』 ということは、自分の殻を破り、人を受け入れることをしなければならない。 普段私は、 自分に傷らしい

          4ハウス牡羊座の私のキロンが行き着いた果て。『こんな私をご笑覧ください』

          灯 遥子さんの一句を待ちながら。

          1日を終え、必ず立ち寄り、自分を癒やしに行くところが、灯遥子さんの一句だった。 自分の占い師の名前の、『灯』という名字は、勝手ながら灯遥子さんのお名前から頂いている。 静かに、静かに、次の一句を待ちながら。 自分の秘密の隠れ家で、星を見ながら今日を終え、明日へ行くための拠り所。 自分にとって、そんな一句が待っているページ。 大切な、『灯』。

          灯 遥子さんの一句を待ちながら。

          もうひとつの主人公『函館』の町。立ち往生する想い。なぜこのコマなのか、なぜこのネームなのか。

          佐藤泰志著『海炭市叙景』に触発されたのが始まりだった。 『函館』は、もうひとつの主人公である。 函館の町の中にちいさく生きている我々夫婦を描きたい。 試行錯誤が始まった。 函館の町の写真を1000枚以上撮った。 一昨年、『吾妻鏡』に触れ右大臣実朝の歌集を買った。 背景に必要な感受性が実朝の歌に詰まっていた。 当たり前だが自分の感受性は実朝には遠い。 実朝の歌に縋るように拙い背景を描いている。 妙子の目線はあくまで妙子でしかない。 ボビーを描くには西行の目線が不可欠だった。

          もうひとつの主人公『函館』の町。立ち往生する想い。なぜこのコマなのか、なぜこのネームなのか。

          お空へ行くんじゃないかと思った2日間。

          2月14日。 昼の3時頃から お父さんが眠り始めた。 隣へ行って 横になった。 「手ぇ、揉んでくれ」 「 足の裏、揉んでくれ」 「 ふくらはぎ、揉んでくれ」 お父さんは猫の親分 みたいな顔をして 私に甘えた。 私が揉むたびに、 「 あはは、 最高だ!! 極楽だ!! すんげー気持ちがいい!!」 そう言ってくつろいだ。 首や肩や背中も揉んだ。 ウトウトするお父さんの隣に 潜り込み、 頭の匂いを嗅いだ。 夜の10時頃まで そうやっていた。 夜の10時頃 お父さんが起き

          ¥1,000

          お空へ行くんじゃないかと思った2日間。

          ¥1,000