見出し画像

業界の価格競争、オンライン家庭教師 束進の「料金」と「お得な使い方」

クルードラゴン、打ち上げ延期になってしまいましたね。朝5時に待機していたのですが…


オンライン家庭教師 束進 代表の高山良輔です。


塾や家庭教師など、教育業界では授業料の価格競争が激化し、最近では「本当に?」と思うほど激安でサービスが提供されています。教育費が負担になるご家庭には、大変ありがたいことだと思います。


一方で、この価格競争は危険な一面も持ち合わせているのではないでしょうか。

自己目的化した「授業」

以前にもnoteに書かせていただいたのですが、「目的が授業を受けること」になってはいないでしょうか。

目的というのは「期末試験で高得点をとること」「受験に合格すること」「苦手科目を得意にすること」など各家庭にあると思いますが、少なくとも「授業を受けること」を目的としている家庭はいないと思います。


やはり、教育にお金を投資していただくわけなので、「お金」だけでなく、ぜひ「成果が出るかどうか」にも目を向けていただければと思います。


ただ、保護者の方にとっては、多忙な日々に加え、かさむ出費を抑えたいというのが、本音かと思いますし、「成果がでるか」などの判断はなかなか難しいところではないのでしょうか。


そこで今回は、束進のサービスを「料金システム」と「成果コミットの仕方」をシンプルにお伝えできればと思います。


「授業」ではなく「解き直し」が中心

成績に直結するのは、「授業」ではなく「解き直し」です。

例えば、「2桁の掛け算の筆算」は誰もができると思いますが、初めて習ったときに「どんな授業を受けたか」覚えていますでしょうか。

授業の内容など覚えていなくても、2桁の掛け算くらいできます。それは、演習問題をひたすら解いてきたからに相違ありません。

まり、「授業そのもの」ではなく「演習をつむこと」が、成績を上げるために必要な行動なのです。これは、2桁の掛け算に限った話ではありません。少なくとも小・中学生にとっては、すべての単元に言えると思います。


ですから、束進では「解き直し」を重視した指導を行います。


束進での1週間の学習スケジュール

具体的には、授業の充実以上に、自主学習の環境整備に力を入れています。

一週間分のスケジュールのモデルをつくりました。


例)束進のみ利用

モデルスケジュール束進のみ

例)他塾との併用

モデルスケジュール塾通い生徒


料金が発生するのは「赤字の授業のみ」です。

授業、自習室など、全てオンラインで行います。(Zoom使用)


(補足)

・自習室基本的には毎日少しずつ学習するよう、自習室に来るようお声がけいたします。当然、お子様の予定に合わせて、来る日来ない日を決めていきます。

・質問対応…1対1での対応になりますので、限りなく授業に近いものを、毎日少しずつ利用していただけます。授業との違いは、質問対応は、他の生徒の対応との兼ね合いから、確実に質問対応できることを保証することができない点です。

・解き直しチェックテスト…基本は1ヶ月に1回受けていただきます。普段の解き直しの成果を確認していただけます。


費用は月々7000円〜

月々の料金体系は、

(月に受けた授業のコマ数)×7000円

になります。(税込)

月に受ける授業数は、毎月自由に選んでいただけますので、「定期テスト前は授業を増やす」「部活が忙しいときは減らす」など、ご家庭の事情に合わせて、効果的に節約していただけます。

また、受けている授業の量に関わらず、他のサービス(自習室など)は利用していただけます。

ですので、授業料が少なくても、質問対応は変わらずお受けします。授業の代わりに質問対応を利用し、解き直しの精度を上げることで、成果を上げることが可能です。


最後に

束進は、「解き直し」を徹底して目標を達成し、「シンプルな料金体系」でご家庭への負担を減らすよう工夫しています。

また、サービスの質を維持するため、受け入れ人数に制限があります。(現在は絶賛募集中です!)

無料体験も実施中です。ぜひ、お気軽にご利用ください!!


ご購読ありがとうございました。

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!
3
オンライン家庭教師 束進 代表の高山良輔です。ジャンルを問わず、思ったことを書きます。毎日1時間の自主学習を徹底サポートするオンライン家庭教師 束進のHPはこちら。https://www.katekyo-online-tabashin.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。