見出し画像

【T3 STUDENT PROJECT 公開オンラインレビュー】全国13の美大・専門学生から選抜された75名の学生。海外レビュアーが選出した各校代表1名による公開プレゼンテーション:10/30(日)開催

T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO 公式

概要

公開オンラインレビューは、写真教育に携わる海外のレビュアーに審査してもらうことで、作品に対してストレートな言葉を受け取れる機会にもなっています。日本で評価されなかった作品が海外で評価を受ける場合もあるし、その逆もあるでしょう。さまざまな価値観のもと評価される作品があることを知ることができるのも、本企画の面白さのひとつです。また、海外レビュアーより最も高い評価を得た学生には「グランプリ」として「72Gallery」での個展開催権利を授与します。

会期

10/30(日)

会場

オンライン

参加料

無料/要事前申し込み 

申込方法

※申込方法は9月末頃HPにて発表

参加方法

ZOOM

参加校

大阪芸術大学、京都芸術大学、女子美術大学、多摩美術大学、東京藝術大学、東京工芸大学、東京綜合写真専門学校、東京ビジュアルアーツ、日本大学芸術学部写真学科、日本写真映像専門学校、日本写真芸術専門学校、ビジュアルアーツ専門学校大阪、武蔵野美術大学

審査員

高岩 (中国 / 天津美術学院写真芸術学科)、沈 昭良(台湾/台湾芸術大学)、ソフィ・リケット (英国 / ロンドン芸術大学)、ユン・ジョンミ (韓国 /弘益大学)

『学生プロジェクト』とは?

当プロジェクトは、同時代に写真を学ぶ学生たちが一堂に会することで、交流を深め、お互いに刺激を与え合う機会になればという想いからスタートした企画です。海外レビュアーに作品を発表する経験、さらにはグランプリ受賞からの個展開催など学生たちにとって未来のある場を生み出してきました。その企画をさらに1歩推し進め、この場が日本の写真教育の更なる発展の場となるための企画として「教育体験プログラム」をスタートしたいと考えます。各学校の名物授業を高校生から大人まで参加できるものとし、知の共有と発展、大学進学からリカレントと教育の分野をブーストさせます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO 公式
“都市空間”で行われる日本初の屋外型国際フォトフェスティバル公式note。2022年10月開催決定。会期は過去最高の「30日間」。今年のテーマは「異なるものをつないでみる」。イベントの最新情報等を紹介します。 公式サイト:https://t3photo.tokyo/