親米保守という病

普通の国での2大対立軸は?

グローバリゼーション

ローカリゼーション
です。

アメリカを代表する、グローバリゼーション(改革と文化侵略)の波が、ローカルな文化を大切にする世界に襲いかかってくるイメージ

経済成長優先、自由競争主義、原発、王室否定、親米がセットで、

自然保護、農業保護、国歌斉唱、国旗掲揚、自主自立、民族自決、王室崇拝、民族意識高揚、反米がセットです。これが普通の国の民族派です。

日本の2大対立軸は?

親米保守

反米(親中)左翼
です。

経済成長優先、自由競争主義、原発、農業保護、国歌斉唱、国旗掲揚、親米、天皇崇拝、民族意識高揚が親米右翼で

自然保護、反原発、中国依存が反米左翼側です。

今の日本が、すごくねじれた状態であるのがわかりますか?

この対立軸は戦後のGHQによって誘導されたもの

アメリカが占領地の日本を支配するのに、世界標準の対立軸を崩して混乱させたのです。日本の右翼はGHQが日本を壊したと否定しつつ、今のアメリカによる日本支配を肯定しています。

理屈に合わないのは、GHQの世論形成に騙された人たちだからです。

民族派、良いと思いません?

自然保護
農業保護
国歌斉唱
国旗掲揚
国語保護
民族自決
天皇崇拝
民族意識高揚
対米独立

民族性は、グローバリゼーションや左翼思想と違って、我々の遺伝子に刻み込まれているものです。

民族性に気づいて本来の性質のとおりに生活すれば、みんな今よりずっと幸せになれます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
3
自称保守と言われる方より、さらに右側の「民族派」から見た現代日本を書いていきます。 対米独立志向、明治維新半ば否定、現代保守ほぼ全否定、儒教否定という立場ですが、 天皇信仰、古神道信仰、機会均等志向、自由主義であり、いわゆる左翼ではないです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。