SYNCA合同会計事務所

SYNCA合同会計事務所

最近の記事

PC購入にも使える!IT導入補助金

こんにちは。 SYNCA合同会計事務所 中小企業診断士の小泉です。 以前、中小企業向けの補助金をいくつかまとめてご紹介しましたが、 今日はその中から「IT導入補助金」についてお話しします。 以前の記事はこちら ◆この記事を読んでほしい人 IT導入補助金とはお客様から日々補助金に関する質問をいただきますが、 その中でも特に多いのが 「PC買い換えたいんだけど補助金使える?」 「HP作りたいんだけど良い補助金ない?」 といったシステム関係に使える補助金に関するものです

    • 資金繰りを意識していますか?

      はじめにこんにちは!SYNCA合同会計事務所 共同代表の吉井です。 皆さんは「黒字倒産」という言葉を聞いたことはありますか? 黒字倒産とは文字通り、黒字、すなわち利益が出ているのに倒産することをいいます。 利益が出ているのになんで倒産するのか。今回はキャッシュフロー経営の重要性についてお伝えしたいと思います。 ◆この記事を読んでほしい人 ◆この記事を読んでわかること 利益とキャッシュの違いこんな言葉があります。 この意味がわかりますか? 利益は損益計算書で表すことがで

      • 定額減税 ダブル控除を受けられるのか?

        こんにちは。SYNCA合同会計事務所 共同代表の平川です。 今回は、定額減税におけるFAQを一問一答形式でご紹介したいと思います。 年金と給与の両方を得ている方が定額減税を受ける際に、ダブルで控除されてしまうのか?という疑問に対して解説していきます。 (令和6年5月29日現在の情報で執筆しています) ◆この記事を読んでほしい人 ◆この記事を読んでわかること 定額減税とはすでにご存じの方も多いと思いますが、令和6年6月以降に行われる減税措置で、給与所得者の方は6月の給与

        • 【2024年4月から】日本政策金融公庫の創業融資制度の拡充内容を解説!

          はじめに こんにちは。SYNCA合同会計事務所 税理士の細見です。  本記事では、日本政策金融公庫の創業融資制度の拡充について解説します。  この制度は大幅に変更されており、新規開業を検討している方にとって非常に重要な内容です。  この記事を読むことで、今後活用が期待される創業融資制度について理解できます。  以下の記事をご覧いただくと、スタートアップ支援に関する税制について詳しく知ることができます。ぜひご一読ください。 ◆この記事を読んでほしい人 ◆この記事を読んで

        PC購入にも使える!IT導入補助金

          第12回事業再構築補助金のポイントを解説!

          はじめにこんにちは! SYNCA合同会計事務所 中小企業診断士の小泉です。 今回は第12回事業再構築補助金についてお話しします。 この補助金は、新型コロナウイルスが流行し多くの中小企業が経営に影響を受けたことにより開設された補助金で、募集要件を変えながら約3年続いてきました。 しかし「新型コロナ対策としての役割は終わりつつある」として、 今回の第12回から抜本的に内容が見直されました。 大きな変更点を中心に解説します! ◆この記事を読んでほしい人 1.申請類型の整理

          第12回事業再構築補助金のポイントを解説!

          投資家増税!?金融所得にも社会保険が検討される

          はじめにこんにちは!SYNCA合同会計事務所 共同代表の吉井です。 ここ2,3年でFIREという言葉をよく耳にするようになったかと思います。 FIREとは(Financial Independence, Retire Early)の略で、早期リタイアを意味します。 具体的には、株式の儲けなどを使って生計を立てている人をいうのですが、 このFIREを目指そうとしている方の夢を打ち砕くようなニュースが流れてきました。 (毎日新聞:金融所得を巡る社会保険料算定の不公平是正、自民PT

          投資家増税!?金融所得にも社会保険が検討される

          SYNCA合同会計事務所 社員総会2024の様子をご紹介!

          はじめにSYNCA合同会計事務所 共同代表の平川です。  2024年4月にSYNCA合同会計事務所として創設以来初めての社員総会を行いました。  この日の会議室からは東京タワーが一望でき、参加者の気持ちも自然と高まりました。 今回は、当日の様子についてご紹介したいと思います! よろしければご一読ください。 社員総会の目的  この総会の主な目的は、SYNCA合同会計事務所としての経営方針テーマの発表と共有、そして2030年に向けて新たなスタートを切るためです。  全員が共

          SYNCA合同会計事務所 社員総会2024の様子をご紹介!

          法人税の優遇税制の延長と2024年以降の税制改正による主な影響について

          はじめに こんにちは。SYNCA合同会計事務所 税理士の細見です。  本記事では、中小企業者向けの法人税優遇税制と、2024年以降の税制改正による主な影響について解説いたします。  特に設備投資を行っている中小企業者(主に資本金1億円以下の法人)、贈与・相続を検討されている方必見です!  税制に詳しくなくても、この記事を読むことで設備投資による優遇税制の知識や税制改正の一部が理解できるので、是非ご一読ください! ◆この記事を読んでほしい人 ◆この記事を読んでわかること

          法人税の優遇税制の延長と2024年以降の税制改正による主な影響について

          事業再構築補助金に替わる!?「新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業」とは

          はじめにこんにちは SYNCA合同会計事務所 中小企業診断士の小泉です。 以前「会社に合った補助金とは?」という記事で 事業再構築補助金をご紹介しました。 事業再構築補助金はコロナ禍を経て新市場進出 、事業・業種転換など 思い切った事業再構築を目指す中小企業向けの補助金で、2021年の開始以降 多くの中小企業が活用してきました。 しかし、令和6年に執行される補助金に関する予算の資料では予算が大幅に削減されており、事業再構築補助金の一部廃止又は抜本的な制度見直しの 動きが

          事業再構築補助金に替わる!?「新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業」とは

          税理士の仕事はAIに奪われるのか!?

          はじめにこんにちは。SYNCA合同会計事務所 共同代表の吉井です。 皆さんはいま話題のChatGPTを触ったことはありますか? 最近はChatGPTをはじめ、人工知能(AI)の進化が目覚ましいです。 これらの進化はわれわれ税理士業界の取り巻く環境も大きく影響を受けることが想定されます。 オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン博士が論文の中で、10年後になくなる仕事として「簿記、会計、監査の事務員」、「税務申告書代行者」を上げております。 まさに税理士の主たる業務です

          税理士の仕事はAIに奪われるのか!?

          ビジョンって何だろう

          はじめにこんにちは。 SYNCA合同会計事務所 共同代表の平川です。 以前の記事でSYNCA合同会計事務所のミッションについて触れました。 今回は、「ビジョン」について綴りたいと思います。 ◆この記事を読んでほしい人 ◆この記事を読んでわかること ビジョンとは何か3年後、5年後、みなさんはどのような自分になっていたいですか? 健康、家族、仲間、知識・経験、経済力、容姿など、様々な角度で一度考えてみてくださいm(__)m ………では、それらを叶えるためには、今何をす

          ビジョンって何だろう

          定額減税とは?特殊事例・Q&Aを解説!!

          はじめに こんにちは。SYNCA合同会計事務所 税理士の細見です。    前回の記事に引き続き、今回は「定額減税」について、共働き世帯でかつ、高額所得者の方、給与担当者向けに令和6年3月18日時点の国税庁の情報を基に解説します。  記事を通じて、定額減税の実務的な取扱いの中でも特殊事例を把握することができます。 ◆この記事を読んでほしい人 ◆この記事を読んでわかること 高額所得者に係る住民税の定額減税の適用関係について(特殊事例)1.前提条件 ★令和5年度の所得税、

          定額減税とは?特殊事例・Q&Aを解説!!

          定額減税とは?給与担当者向けに解説‼︎

          はじめに こんにちは。SYNCA合同会計事務所 税理士の細見です。    前回の記事に引き続き、今回は「定額減税」について、給与担当者向けに令和6年3月18日時点の国税庁の情報を基に解説します。  記事を通じて、定額減税の実務的な取扱いを把握することができます。  税制に詳しくなくても、この記事を読むことで「定額減税」に関する知識を深めることができるので、是非ご一読ください! ◆この記事を読んでほしい人 ◆この記事を読んでわかること 所得税適用対象者の確認 扶養親

          定額減税とは?給与担当者向けに解説‼︎

          「定額減税」とは?令和6年6月から施行される制度の概要を超簡単に解説!!

          はじめに こんにちは。SYNCA合同会計事務所 税理士の細見です。    令和5年12月に政府が発表した「令和6年度税制改正大綱」によると、令和6年分の所得税及び住民税について定額による減税(「定額減税」)が導入され、令和6年6月から施行される予定です。    今回は「定額減税」の概要について、主に令和6年2月5日時点の国税庁の情報を基に解説します。  記事を通じて、定額減税の制度の概要を把握することができます。  税制に詳しくなくても、この記事を読むことで「定額減税」に

          「定額減税」とは?令和6年6月から施行される制度の概要を超簡単に解説!!

          令和6年度改正の「中小企業事業再編投資損失準備金制度」とは?

          はじめにこんにちは、SYNCA合同会計事務所の共同代表の高梨です。 私の前回のブログでは「最近よく聞く『M&A』とは?」と題して、事業承継M&Aの概要について書かせていただきました。 (前回記事:https://note.com/synca_group/n/nfde80482d1ea) 後継者不在による事業承継難が我が国の喫緊の課題であり、国としてもM&Aによる事業承継を後押しする取り組みを数多く行っています。 その一つが今回のテーマである「中小企業事業再編投資損失準備金

          令和6年度改正の「中小企業事業再編投資損失準備金制度」とは?

          会社に合った補助金とは?

          はじめにこんにちは。SYNCA合同会計事務所 中小企業診断士の小泉です。  今回は経営者が一度は利用を検討しているであろう補助金のお話です。  補助金を活用してみたいけど何に使えるの?どうやって申請するの?など 分からないことが多々あるかと思います。    今回は代表的な補助金の種類や内容などについてお話していきます。 ◆この記事を読んでほしい人 補助金とは 補助金、助成金、支援金など、国や自治体などが、企業の事業活動に必要な資金を支出する制度は多くあります。  国

          会社に合った補助金とは?