対話セラピーcompañero

鈴木知美です。言語聴覚士 フラメンコ愛好家 「自分らしさ」を思い出すお手伝いをいたしま…

対話セラピーcompañero

鈴木知美です。言語聴覚士 フラメンコ愛好家 「自分らしさ」を思い出すお手伝いをいたします。 対話セラピーのご予約→固定ページ フラメンコその他ご依頼→「仕事依頼」 オラクルカードを使用したヒーリングカウンセリング→ https://gaia.tomo-mi-cante.com/

最近の記事

  • 固定された記事

オンライン 対話セラピー

「自分らしさ」ってなんだろう? 繰り返される毎日の中で、迷子になってしまうこともあるでしょう。 でも、必ずあなたの中に、ずっと前からあるのです。 今はちょっと忘れているだけ。 コンパニェーロスの対話セラピーでは、あなたの「自分らしさ」を思い出すことを目的にしています。 言語聴覚士として、病院、老人施設、発達相談等などでリハビリテーションをしてきた経験を活かし、 療養中のかた、高次機能障害をお持ちの方、またはそのご家族 なんとなく不安を感じている方 「自分らしさ

    • 左右の脳 左脳も愛してと願いたい。

      私たちには右脳と左脳がありますが 左脳は論理、思考、ロジカル  右脳は芸術、感覚、直感 のように、司る機能が異なるということは、 多くの方がご存じかと思います。 さらには、右脳をより使うことが良いとされたり 左脳で行われる「思考」が自分らしく生きることを邪魔しているということも よく聞くようになりました。 そうかもしれない。 でも、わたしにはどうしても、そのことが腑に落ちないのです。 「思考」は、そんなに悪いものじゃないよ。と言いたい。 左脳も愛してあげ

      • 涙は最大の浄化

        仕事も、家庭も、まあまあ。 幸せだと思う。 でもなぜだか感じる不足感。なんだかなあ、な感じ。 そんな時は、「喜び」が不足していることが多くあります。 さて。 喜びって、どうやったら感じられるかしら。 もしも、あなたが喜びを感じられていなかったら 最近、感情が動いていたかを感じてみてください。 あなたの感情は、動いていますか? 動いていないな、と感じていたとしたら あなたには涙が必要なのかも知れません。 その涙は、悲しみの涙。 忙しい毎日の中で、悲しみを

        • 意識ってなんだ|シンクロニシティー発見コース

          「意識」ということばを、医療現場以外で聞くことが多くなりました。 医療で使われるのは、 意識があるか、ないか。意識障害の有無。 意識レベルを評価するスケールもあります。 それ以外でよく使われる「意識」は 意識を向ける、とか、意識して生きる とか そちらの方。 その、意識ってなんなんだろう。 私の中でそれは、 その人それぞれの世界なのではないかと思います。 あなたの「未来」をどのくらい先にしているか あなたの「世界」がどのあたりなのか あなたの「豊かさ」がどうい

        • 固定された記事

        オンライン 対話セラピー

          どうにも、こうにも、な時

          どうにも、こうにもいかない時ってありますね。 なんだかうまくいかない。 自分の中身が全体的に、なんとなく、不具合。 そうなると、同じものを見ても 具合が良い時には感じなかったような もやもやした気持ちがでてきたり。 過去のもやもやを思い出してしまったり。 もしくは、奥底のもやもやに気づいてしまったり。 そんな時は、ぜひ鏡を見てみてください。 そして、いいお顔かどうか、確認してみる。 いいお顔というのは、あなたがそう思う、いいお顔です。 どうにも、こうにも、な

          どうにも、こうにも、な時

          対話セラピー 新コース!

          2022.11.1より、新しいコース5つをスタートしました。 より、私らしくしてみましたので、ご参考くださいね。 <コースメニュー> ①remaind yourself リマインドユアセルフコース(60分) 自分らしさを思い出す  「自分らしさ」ってなんだっけ? そんなあなたにぴったりなコースです。 対話を通じて、今の心の状態を掘り下げ、あなたの本心を思い出すお手伝いをいたします。 ②もやもや解消コース(60分) この気持ちはなんだ!? なぜか消えないもやもやを脳と心をこ

          対話セラピー 新コース!

          良くしたい世界がどのあたりか

          人は何かしら、しているわけですが その何かしらが、何かのために役立っていると実感できることが その人の喜びになっているのだと思います。 自分らしさを思い出すためには 何がその人にとって「幸せ」と「豊かさ」と「喜び」なのかを知る必要がありますが そのうちの「喜び」を感じることは 案外難しいかもしれません。 何かをしていることが、何かや誰かの役に立つ。ということは 誰かや、何かのためにあなたが何をできるかということです。 優しいあなたは、何もできないと思うかもしれませ

          良くしたい世界がどのあたりか

          得意なことが役に立つときは、予定外なこともある。

          先日、栗の渋皮煮をつくりました。 栗はおいしい。 てもちょっと面倒くさい。 娘が食べてみたいというので何年かぶりに作った渋皮煮。 手間はかかりましたが、ころんと丸く、つやのある、なかなかいいものができました。 けれども娘には、今ひとつ。 いいわよ。ままが食べるわよ。と食べていましたが 1年ぶり会うことになった友人が自宅に来た時に その栗を出したところ、 びっくりしたように言ったのです。 「渋皮煮!!娘が好きで、頼まれてこないだ作ったんだけど、失敗しちゃったの。

          得意なことが役に立つときは、予定外なこともある。

          与えるのは、溢れてからでいい。

          与えることで、与えられる。 それは、間違いない。 けれども、もしあなたが 与えてばかりで、報われないと ちょっとでも感じているのなら あなたの中の、愛のコップを覗いてみてください。 愛はエネルギーです。 何かを大好き、と思う気持ち。 心地いいと思う場所。 楽しいこと、おいしいもの。 そういったものが、入るコップ。 そこには、優しくされることや、大事にされることも入ります。 もしもあなたが今、 そのコップに空きをみつけたら まずは、そのコップにたっぷり愛を注がな

          与えるのは、溢れてからでいい。

          そして、叶う。

          ことば は、 こころにあることを、説明するだけではなく ことばによって、こころが作られることもあると思います。 もはや、 卵が先か、ニワトリが先か。 ともすると わたしの中に存在する語彙が、わたしのこころを作っているかもしれない。 きっと、叶う。と そして、叶う。 どちらも似ていますが、ちょっと違う。 もしも、あなたが 今望んでいることを、信じようとしているのなら 「きっと」、よりも 「そして」を使ってみてはいかがでしょう。 なんだかんだあって、 そして、叶

          無意識の願いと本当の望みのずれに気づく

          無意識、潜在意識。 気づいていない意識のこと。 気づいていないわけではないけれど 頭で考えることなく、考えていること。 この、無意識にあることが、 現実化しているといわれています。 引き寄せの法則も、この「無意識」に望んでいることを 引き寄せているわけです。 大きな無意識のほんの一部が、意識として頭で考えられる。 これが顕在意識とも呼ばれるところ。 つまりは、この意識全体で、あなたの、わたしの、 世界ができているということです。 そしてそれは、本当の望みとはずれて

          無意識の願いと本当の望みのずれに気づく

          いやな思いの手放し方

          もしもあなたが、 過去に、誰かによってとてもつらい思いをしていたら、 その人を許さなくてもいいんです。 つらい思いをしたあなたがいて、 今は、そうではない。 のだとしたら、そこに戻らなくてもいい。 とはいえ、何かにつけて思い出すこともあるでしょう。 賢者たちは言うかもしれない。 それは、あなたがあなたに本当に必要なことに気づかせてくれたということ。 その人や事柄に感謝して、手放しなさい。 でもねえ。 ちっとも解消されていないのに、感謝なんてできるかしら。

          いやな思いの手放し方

          あなたらしく生きるヒント

          例えば、わたしが何かの種だとして でも、自分がなんの種かはわからない。 さて、わたしは何になるのだとわかるためには 自分に必要なことに気づかないといけない。 (もちろん、植物はそんなこと思ってないだろうけど。) そういえば 暑いのが好き、とか、 セミが鳴くと心が躍る、とか 台風が怖い、とか。 なぜか黄色が大好きかも知れないし もしくは、なぜだか黄色が嫌いかもしれない。 そして、なんだかんだあって あ。わたし、向日葵だ。 と気づく。 そうか、わたしは向日葵かと、腑に

          あなたらしく生きるヒント

          引き寄せと脳とこころ

          引き寄せの法則について、わたしなりの、今の、考えです。 人にある二つの脳と心臓。このバランスが幸せを感じる要となっていると思っています。 そんな観点からです。 詳しくはこちらから。 秋めいてきましたね。 素敵な秋をお過ごしください。

          引き寄せと脳とこころ

          花火とカタルシス

          先日、長岡の花火をテレビで放送していました。 花火、見てないなあ。 観に行きたいなあ。 そんな感じで、なんとなくテレビを眺めていたら 花火の映像とともに 涙がこみあげてきて、 その理由も考える間もなく ただ、びょうびょうと、堰を切ってように 涙が出続けていました。 どーん ぱらぱら どーん どーん ぱらぱらぱら 夜空に舞う大きな花火。美しくて、儚くて。 カタルシス とは、精神の浄化のことを呼ぶそうです。 古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、 「悲劇はカタルシスを

          誰も知らないところに行きたくなったら

          私の事です。 これはもう、どうしようもないのですが 知り合いが増えると、 そこから離れたくなる自分がいます。 嫌いなわけではない。ぜんぜん、好き。 でも、知り合いが増え、あの人とこの人もつながっていて となると 心がざわざわしてきます。 あ。また、どこかに行きたくなってしまうかも。 知らいないところ。知らない人ばかりなところ。 そんなところに身を置きたくなってしまう。 今は娘もいますので、簡単には引っ越せないし 引っ越すエネルギーも今のところ持ち合わせていな

          誰も知らないところに行きたくなったら