畑 洋子

前世紀からベルリンに住むデザイナー&翻訳者。日本からドイツへビジネス展開したい人を、言語とデザインの両面からサポートします(海外向けWebサイト制作や印刷物デザイン、翻訳)。https://de-jp.net/, https://design.gup-py.com/

畑 洋子

前世紀からベルリンに住むデザイナー&翻訳者。日本からドイツへビジネス展開したい人を、言語とデザインの両面からサポートします(海外向けWebサイト制作や印刷物デザイン、翻訳)。https://de-jp.net/, https://design.gup-py.com/

    最近の記事

    ドイツでGoogle FontsをWebサイトに使うと訴えられる?

    2022年からドイツで急増! Webサイト運営者に送りつけられる警告書 ※本記事は、ドイツでWebサイトを運営している人を対象とします。 今年の秋になって、Google Fontsの使用によるGDPR(EU一般データ保護規則)違反について、Webサイト運営者が警告書を受け取るケースがドイツで急増していると聞きました。私自身Google FontsをWebサイトに使うことが多いので、何が問題なのか、どう対応すれば良いのかを調べました。ここに簡単にまとめてみましたので、ドイツ

      • 日独の季節感の違いから、ドイツ向けキャンペーンを考える

        Intro: ドイツの夏時間と冬時間今年もまたやってきました、夏時間(サマータイム)から冬時間(通常時間)に切り替わる日が。この日が来ると、冬にまた一歩近づいた気分です。サマータイムを採用しているドイツでは、夏時間が始まる日に時計の針を1時間進ませ、終わる日に1時間遅らせます。冬時間に切り替わる日は、毎年10月最後の週末で、今年は10月25日にあたります。なお、日本とドイツの時差がこれまでの7時間から8時間に戻るので、日本からドイツへ電話やオンライン会議をする場合は注意が必要

        • 「世界翻訳の日」に、翻訳の未来について考える

          9月30日は「世界翻訳の日 (International Translation Day)」。それにちなんで今日は、今の翻訳を取り巻く状況について思うことを記します。 翻訳の今と昔昔むかし。人々は自動翻訳のヘンテコな翻訳を笑っていました。だけどそれは、もうずっと前の話です。 Google翻訳を始めとする機械翻訳の精度は格段に向上し、たいていの場合、おおよその意味は分かります。何よりも、処理速度は人間より格段に高速です。 そして今年、さらに精度の高い「DeepL翻訳」の登

          • はじめに。 de-jpが目指すもの

            初めまして。ベルリン在住のコミュニケーションデザイナー&ドイツ語翻訳者の畑洋子です。「ドイツ語日本語コミュニケーションサービス」と銘打って、日独言語サービスとコミュニケーションサービスによって、日本とドイツを結ぶお手伝いをしています。 ここnoteでは、「日独の相違」「異文化間コミュニケーション」「コミュニケーションデザイン」「海外マーケティング」「ドイツ語翻訳」「Webサイトローカリゼーション」をテーマに書き綴りたいと思います。 初投稿となるこの記事では、de-jpと私