名称未設定のデザイン__2_

イギリスMBA合格者によるインタビュー対策のすべて〜奨学金を獲得できた秘訣も記載〜

本記事は、2019年3月にイギリス ラッセルグループ(Top24の名門大学連合)の大学2校に合格した筆者の実体験を基に、イギリスのMBA入学試験の1つであるインタビューの対策法を紹介します。

本記事を読む前に、筆者が運営しているサイトの「イギリスMBA合格者によるインタビュー対策方法の紹介」をまずは読んでいただければ幸いです。

本記事は、上記ブログの内容をより具体的にかつ、大学から奨学金を獲得できたノウハウを解説します。イギリスのMBAにおけるインタビュー試験の対策に役立つ内容が満載かと思います。


インタビュー試験では、その結果を踏まえて、大学側が奨学金を与える学生を選定します。言い換えれば、インタビューでの印象を良くすることで、大学から奨学金を得れる確率がグンと高まります。


本記事の主な内容は、以下のとおりです。


画像1


インタビュー+経験豊富な履歴書(CV)が奨学金を得れるポイント!

インタビューに加えて、履歴書(CV: Curriculum Vitae)の作成を工夫することによって、大学から奨学金を得れる確率が高まります。

筆者がCVを作成する際、奨学金を獲得することを前提に筆者独自の戦略を立ててCVを作成しました。

その結果、インタビュー中に、試験官が筆者のCVを高く評価していたので、この戦略は大いに成功したと言えます。

また、試験官はインタビュー中に、CVも評価して奨学金を与える学生を選定すると言っていたので、インタビュー対策とともに、CVも力を入れて作成することを強くオススメします。


本記事をご購入された方には、筆者が作成したCVのひな形を公開します。このひな形には、他の志願者との差別化を図るための工夫がなされています。そのため、無料では公開せずに、有料の本記事に公開することにしました。大変参考になる情報かと思いますので、奨学金を獲得したい方には、ぜひ読んでいただきたい内容です。


この続きをみるには

この続き:8,079文字/画像10枚

イギリスMBA合格者によるインタビュー対策のすべて〜奨学金を獲得できた秘訣も記載〜

Aoneko Lab

2,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
UK⇄Japan/ MBA/ Startup Web Media: Aoneko Lab (青猫ラボ)→http://bit.ly/2UuiSev Instagram→https://instagram.com/bluecats03/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。