Momo Suzuki / StringraphyLabo

ストリングラフィ演奏家 / 鈴木モモの実験室 絹糸と紙コップでできた楽器ストリングラフィでオトや空間を創ります。 http://stringraphylabo.com/ ストリングラフィは1992年に作曲家水嶋一江が考案した世界に一つのオリジナル楽器。

Momo Suzuki / StringraphyLabo

ストリングラフィ演奏家 / 鈴木モモの実験室 絹糸と紙コップでできた楽器ストリングラフィでオトや空間を創ります。 http://stringraphylabo.com/ ストリングラフィは1992年に作曲家水嶋一江が考案した世界に一つのオリジナル楽器。

    最近の記事

    +2

    Momo Suzuki solo LIVE Stringrapy PLANET 2022年12月3日(土)4日(日) 3日(土)

      • 2022/12/3.4 Momo Suzuki solo LIVE / Stringraphy PLANET

        Momo Suzuki solo LIVE Stringrapy PLANET 2022年12月3日(土)4日(日) 3日(土) ① open 13:00 start 14:00 ② open 16:00 start 17:00 4日(日) open 14:00 start 15:00 料金:2,500円 場所:ギャラリーのどか 山梨県上野原市新田1172 (中央線上野原駅徒歩5分) 問い合わせ:stringaphylabo@gmail.com 【ゲスト出演決定!】 1

        • 2021年7月3日(土) キラリ☆ふじみ ダンスカフェ

          note…すっかりご無沙汰であります。SNSをもうちょっと縮小させたい欲求(プライベートとそれじゃないのと)が前からあって、でもなにもせずままに今に至る…そういう分け方もいらないかなということでまとまりそうではあります。 さて、昨日は埼玉県富士見市文化会館キラリ☆ふじみ ダンスカフェでパフォーマンスとWSをしてきました。 昨日はダンサーの酒井直之さんと北川結さんとの30分ほどのパフォーマンス、その後にストリングラフィのWSを行いました。 ストリングラフィのWSと言っても

          • Soundscape Workshop & Live 
オトフル風景
 Vol.2〜生命の廻り、土地と季節の対話〜

            Soundscape Workshop & Live オトフル風景 Vol.2~生命の廻り、土地と季節の対話~ 生命が芽吹く春の時、風と大地と生き物と、それぞれの気配それぞれのオト、五感で感じる春のオトとの対話の時間。 東京八王子市・野猿峠突端の崖地に建つ、建築家 落合俊也さんの実験的な作品住宅「月舞台」は天空と森と一体化した呼吸する家。月舞台へと抜ける長沼の森でサウンドスケープWSを体験し耳とからだを拓いてから、月舞台をまるごと「楽器」にして、そこでのライヴを全身で感じる試

            鈴木モモ「Strings of a Dream」配信一覧

            鈴木モモ 「Strings of a Dream」下記サイトから視聴、購入できます。 よろしくどうぞ! 【e-onkyo】 インタヴューページ: https://www.e-onkyo.com/sp/news/3009/ アルバムページ: https://www.e-onkyo.com/sp/album/rmrb002 【オトトイ】 https://ototoy.jp/_/default/p/672435 【その他 下記URLをクリックしてお使いのサイトを選んで

            初のアルバム配信発売開始です!

            1月25日から、鈴木モモ 初のアルバム「Strings of a Dream」が配信発売されました。インタヴュー記事も載せていただいております。どうぞよろしくお願いします! インタヴューにもありますが、こちらのアルバムは一昨年(2019年9月)の私の個展「夢を見たのです」のために録音したものです。2019年はそれ以前から行ってきてはいたものの、アンサンブルでのスタジオ以外の場所での、数本のストリングラフィでの演奏を本格的にはじめた年で、それまでの活動で培ってきたものやつなげ

            明けましておめでとうございます。

            みなさま明けましておめでとうございます。2021年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 昨年は誰にとっても大変な年で私も仕事がなくなり、さてどうしたものか思案しておりましたが、多分逆境に強いこともあり精神的にはさほどのダメージも受けず、のんべんだらりと過ごしておりました。(しかし写真は波に飲まれてアップアップしてるような…) とはいっても、2020年年明けすぐの企画したいくつかのパフォーマンスは好評であったり自分的に今後に役立つようなものになったし、昨年一番の大仕事と言えるよ

            再生

            COSMomo Xmas 20201222

            動画を作りました。冬の季節の小宇宙。

            国立音大でのレクチャー

            先日母校でもある国立音楽大学の作曲専修の授業「ワークショップ」にてレクチャーさせていただきました。個人でのレクチャーというのは初めてで不安もありましたが、無事に楽しく終了いたしました。(そしてなんと卒業以来はじめて初めて門をくぐるという…) 下記は当日の簡単な内容になります。 【1年近く放ったらかしていたこちらのnoteここから少し使っていこうと思います。今までのLaboの活動など少し詳しく説明していけたらと。どうぞよろしくお願いします。】 〜ストリングラフィという新しい

            StringraphyLabo について

            StringraphyLaboとはストリングラフィ演奏家の鈴木モモによる実験室です。 ストリングラフィとは… ストリングラフィは作曲家/水嶋一江が1992年に考案した、絹糸と紙コップでできたオリジナル楽器です。絹糸で紙コップで作った糸電話をピンと張って糸をこすると紙コップがスピーカーになって音がでるという仕組みを用いて、糸の長さを変えることにより音階を作り、ソプラノ・アルト・ベースと音域を変えた3台の楽器でアンサンブルを行います。ベースの長さは13Mにも及びます。 そもそも