SSM(構造化知識を活用した未然防止)関連情報

SSMは構造化知識研究所の田村泰彦氏が開発した手法。構造化知識ベースを構築し、品質トラブルの未然防止、知識・技術の伝承を図る。私は業務改善のため、日々SSMを勉強中。SSM関連の情報をまとめてみました。知識構造化シンポジウムや書籍、SSM(構造化知識による未然防止)の活用企業等。
    • SSM(構造化知識を活用した未然防止)関連情報

      • 12本

      SSMは構造化知識研究所の田村泰彦氏が開発した手法。構造化知識ベースを構築し、品質トラブルの未然防止、知識・技術の伝承を図る。私は業務改善のため、日々SSMを勉強中。SSM関連の情報をまとめてみました。知識構造化シンポジウムや書籍、SSM(構造化知識による未然防止)の活用企業等。

月刊誌『プラントエンジニア』(2013年6月号)の論文「SSMによる構造化知識ベースを活用した不具合未然防止」

SSM開発者で構造化知識研究所の創業者(代表取締役)の田村泰彦氏と、同社コンサルタントの長谷川充氏による解説記事。月刊誌『プラントエンジニア(PLANTENGINEER )』の2…

SSMの解説サイト、シンポジウムや雑誌記事を紹介

品質情報やデータばかり溜まって、知識が仕事で使えていない。そんなときは、知識の構造化を試してみればどうか。構造化知識研究所、日科技連のホームページ、ISOS、Tech-O…

知識構造化シンポジウムのルポタージュを読む

毎年、日本科学技術連盟主催で知識構造化シンポジウムが開催されている。シンポジウムは半日の大会で、SSMを導入している企業の講演と構造化知識研究所によるSSM解説、そし…

構造化知識研究所「SSMmaster」で知識を使う

SSMmasterとは、構造化知識研究所が開発、提供するソフトウエアで、SSMを社内で進めるために役に立つツールである。 SSMまとめの記事のなかにもSSMmasterの話がときどき紹…

書籍:トラブル未然防止のための知識の構造化

SSMの手法を解説した入門書。 【引用】 「ストレス-ストレングスモデルという言葉は、一般的に材料強度学の分野で、材料の破損モデルとして表現されているが、ここで述べ…

雑誌「日経ものづくり」 第663号(2009年12月):知識構造化に関する記事

雑誌「日経ものづくり」 第663号(2009年12月)に掲載された構造化知識研究所の田村泰彦氏の記事。不具合情報を整理していても、それを蓄積するだけでなく、構造化知識が未…