月刊誌『プラントエンジニア』(2013年6月号)の論文「SSMによる構造化知識ベースを活用した不具合未然防止」

月刊誌『プラントエンジニア』(2013年6月号)の論文「SSMによる構造化知識ベースを活用した不具合未然防止」

SSM(構造化知識を活用した未然防止)関連情報

SSM開発者で構造化知識研究所の創業者(代表取締役)の田村泰彦氏と、同社コンサルタントの長谷川充氏による解説記事。月刊誌『プラントエンジニア(PLANTENGINEER )』の2013年6月号(第45号)に掲載された。

知識の構造化・SSMを用いた不具合知識ベースの構築と未然防止への活用が紹介されている。SSMを活かした未然防止の実践例として、ダイキン工業、トヨタ自動車、日産自動車、パナソニックファクトリーソリューションズの4社が紹介されている。

記事の構成としては、前段で「不具合情報活用の問題」「情報の構造化及びマネジメント」「情報の再利用を高める工夫」といった論点を整理している。それを踏まえ、「SSM-不具合因果連鎖の知識構造」について詳しく解説している。最後に、SSM知識の活用方法として、「知識活用のイメージ」「SSMによるFMEA支援」といった実践論に触れている。

なお、同誌は公益社団法人・日本プラントメンテナンス協会の機関誌である。出版元は日本能率協会コンサルティング。

https://www.amazon.co.jp/PLANT-ENGINEER-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2-2013%E5%B9%B4/dp/B00CTQ2772/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SSM(構造化知識を活用した未然防止)関連情報
SSMは構造化知識研究所の田村泰彦氏が開発した手法。構造化知識ベースを構築し、品質トラブルの未然防止、知識・技術の伝承を図る。私は業務改善のため、日々SSMを勉強中。SSM関連の情報をまとめてみました。知識構造化シンポジウムや書籍、SSM(構造化知識による未然防止)の活用企業等。