雑誌「日経ものづくり」 第663号(2009年12月):知識構造化に関する記事

雑誌「日経ものづくり」 第663号(2009年12月):知識構造化に関する記事

SSM(構造化知識を活用した未然防止)関連情報

雑誌「日経ものづくり」 第663号(2009年12月)に掲載された構造化知識研究所の田村泰彦氏の記事。不具合情報を整理していても、それを蓄積するだけでなく、構造化知識が未然防止に必要であることが解説されている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SSM(構造化知識を活用した未然防止)関連情報
SSMは構造化知識研究所の田村泰彦氏が開発した手法。構造化知識ベースを構築し、品質トラブルの未然防止、知識・技術の伝承を図る。私は業務改善のため、日々SSMを勉強中。SSM関連の情報をまとめてみました。知識構造化シンポジウムや書籍、SSM(構造化知識による未然防止)の活用企業等。