スポーツを考えるnote〜Presented by スポーツ医学検定

スポーツ医学検定公式noteです。 スポーツに関わる様々な人から「スポーツのけが」に対する考えを掘り起こし、多様な視点でスポーツ医学や安全について考えます。スポーツ医学や安全の知識を、スポーツ指導者や保護者、そしてアスリート自身に広めて、よりよいスポーツ環境を作りましょう。

「やめたい」と「やめたくない」の狭間で戦い続けた12年間。その先に訪れた、自分の「弱さ」を受け容れた瞬間。

アスリートが向き合う「強さ」と「弱さ」。 「もっと速く」「もっと遠く」「もっと強く」を求めながら、「辛い」「休みたい」「こんなもんでいいか」と頭の中で囁かれる「...

3つの”en”を大切に。スポーツドクターが「スポーツ人の繋がり」を作る理由。

スポーツドクターとして活躍する傍ら、スポーツに関わる人たちが出会い学ぶためのセミナーを主催する「encounter」を立ち上げた、岩本航先生。 プロ野球ヤクルトスワロー...

【理事インタビュー】「スポーツ医学が『医療』と『現場』を繋ぐ存在に」今井宗典先生インタビュー。

私たちがアスリートの「怪我」について、日常的に考えたり接することは少ないかもしれません。 しかし近年は、甲子園での球数制限問題など、アスリートの怪我や健康問題に...

「勝利の喜びなんて小さなもの」アジア初のラグビープロキックコーチ君島良夫さんインタビュー。

日本中を熱狂の渦に巻き込んだ、ラグビーW杯。 前任のエディー・ジョーンズHCの後を受け、日本を初の決勝トーナメント進出に導いたジェイミー・ジョセフHCは、エディーHC...