見出し画像

メキシコ フリーランスへの道

日本で身につけた東洋式の施術を引っ提げて、いざメキシコへ。

最初は生活の基盤を整えるのに苦労しました。

1泊300円の安宿を出てアパートを借りようというとき、

「もう明日から住めるよ」っていう

管理人の言葉を鵜呑みにして引っ越しをしてみたら

水も電気もガスもない。。。


なんかの手違いか?

管理人に確認してみたら、

「あ、そうでしたね。今すぐに。。」


あ、なんだ、ちょっと忘れてただけかな。。

飲み水とロウソクは一応買っておこう。。

で、夜ご飯は屋台のタコスで済ませればいいか。。

明日には整ってくれるといいなあ。

画像1


なんてのは甘い期待で、

ここメキシコでは、

「今すぐ」は日本の今すぐではない。

当たり前と言えば当たり前ですが、

まだ日本の感覚が染みついてたので。。


結果、水と電気が1週間後、

ガスに至っては2か月後に。


これが最初から分かってたらもう少し安宿にいたのに。。

っていう経験は、数えだしたらキリがない。


こうして僕の中の「常識」はどんどん崩されていくことになりました。


水がないってことはトイレも使えないので、

しばらく近くのマックが僕のトイレでした。


水は出たけどガスがないのでお湯が出ない。

水シャワーも慣れたけど、

近くの安いジムに通いだしました。

温かいシャワーを使えるから。。

(でもゲイが多くてちょっと怖かった。。)

画像2


こうして、「当たり前」が当たり前じゃなくなる経験を

たくさんさせてもらえました。


メキシコでのセラピストとしての第1歩は、

出張マッサージでした。


日本食材店などに手書きのチラシを貼らせてもらって、

予約の電話をもらって家まで行く。

1時間600円くらいの施術料。。

画像3

料金はともかく、

今思えば結構危ないことしてたなあと。。(笑)


でも地図を片手に、地下鉄とバスを乗り継いで家にたどり着くのは、

ゲームをしてるようで結構楽しかったです。

土地勘は、かなり身についたな。


でも、ある日、出張マッサージ帰りの夜道を歩いていると、

背後に人の気配が。。


(続く・・)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
4
こんにちは。そらとりとっぽです。 メキシコに12年ほど滞在する間、マヤやインカの文化が根深く残る土地、そしてブラジルのアマゾンなどを訪れました。 このnoteでは、そこでの出会いや気づき、自然との触れ合いで得た「健康観」などを綴っていこうと思います。