見出し画像

行きたくないの解放

noteを書こう書こうと思っていても

文章を書くのに時間がかかってしまうので

なかなか重い腰が上がらずにいましたが

マイペースにちょっとずつ書いていきます。


今でも思い出す子供の頃の出来事で

スイミングの習い事に行きたくない

と泣いている小さい頃の私がいます。

小さい頃の出来事って、楽しかったことや

嬉しかったことはよく覚えてなかったりするけど

嫌だったことって結構鮮明に覚えていたりしませんか?

嫌な感情、感じたくない感情は辛いから

思考であれこれ考えて

早く気持ちを切り替えようとしたり、蓋をしてしまったり、自分が悪いんだ(←私がよくやるパターン)ということにして感情を感じるのをやめてしまったりします。

そのため、十分に感じきれず未消化となってしまった感情が残っていて、消化してほしくて待っているため、その感情を引き起こすような出来事を自分で作り出したりします。


私の場合は、子どもに学校や保育園に行きたくないと泣かれた時、嫌がっている子を連れて行くのがどうしても苦痛で、

そんなに嫌なら行かなくてもいいじゃん。無理矢理連れて行くのは嫌だ。と、そのパターンで

でも、これだと子どもは泣けばいかなくてもいいというのが身に付いてしまう、それは違うな。

だけど・・・とぐるぐる悩んでしまう

そんな感じでした。

無理矢理連れて行くのは嫌だ。

その裏にはスイミングに行きたくないと泣いている3歳の私が、先生に抱き抱えられて

お母さんに向かって手を伸ばしている光景が

今でも鮮明に浮かんでくるからです。

痛みが消化できていれば問題ないのですが、

まだ痛みがある(感情が動く)場合

私がこれをされて嫌だったから

子どもにはそんな気持ち味わわせたくないから

で動くと、よかれと思ってしたことでも、結果痛みにしかならないのです。

で、

「スイミングに行きたくなかった」

ここを扱ってもらった時の話です。

出てきた信じ込みは

「見捨てられた」と「傷つきやすい」でした。

これを眼球運動で解放。

セッション中は感情が動くことは特にありません。

そして帰りの車の中で、

またその泣いている光景を思い浮かべた時、

セッションで出てきた信じ込みの

「見捨てられた」の言葉が浮かんできて

お母さん行かないでー!!!

とすごくリアルに泣いてる3歳の私が感じてるところが浮かんできたのです。

あぁ、見捨てられたと思ったんだなと

思考では落ち着いていて、

でも感情は、お母さん行かないでーーーー

で、しばらく涙を流して感情消化。

一カ月くらい経った今は

泣いてるその場面は思い出せるけど

色が薄れたと言うか、ぼんやりした感じです。


それで先日、ちょうど子どもが保育園に行きたくないとわんわん泣いてる日があって

まあ半ば無理矢理連れて行く機会があったのですが、罪悪感が減った!無くなった訳じゃないけど、辛いと感じることはなかったです。

前の私だったら、こんなに泣くほど行きたくないならもう休ませよう

と自分の痛みから、すぐにそうなっていたと思います。RAS®︎の解放の利益。

以前と違う行動をとってみると

違う自分になっていることに気付きやすいです。

お迎えに行ったら、

子どもはニコニコ顔で、保育園で楽しく過ごせたようです😊


RAS®︎セッションを愛知県で提供しています。

信じ込みを解放して、本当の自分に戻るお手伝い

ストレス解放。

試してみたい方はぜひ

https://peraichi.com/landing_pages/view/naoras/@984assyo

写真は全然関係ないですが

この間友達のおうちで作らせてもらった

ケーキです💕美味しかった😋

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
愛知県在住 3児の母 RAS®️ファシリテーターをしています。 望まない現実を創り出している根っこの感情ストレスを解放、本質の自分で生きられるお手伝いをしています。 自然農の田んぼもやってます。 みんなが自由にのびのび そのままの自分でいられる場所をつくりたいと思っています。