solayoga
2つの職業の類似
見出し画像

2つの職業の類似

solayoga

インフラを声で🎤支えるアナウンサー・ヨガ講師の奥窪峰子です。 

2つの異なる職業の、類似についてです。

アナウンサーとヨガ講師、どちらもアナログには変わりないのですが、異なる職業を続けて、

何に気づいたかということを、お話ししたいと

思います。

今年の夏だからこそ、書いてみます。


「傾聴と迷走と瞑想」


誰かの心の声に、耳を傾けること、

この傾聴、千本ノックをさせてくれたのが、

10年続けた高校野球アルプスリポーターでした。

甲子園球場で、1つの試合を、

1塁側応援スタンド、3塁側応援スタンド、

ネット裏、食堂、球場裏、記者席と、

走り回ったことは、あるでしょうか?

予測のつかない試合展開に、選手の胸の内を

代弁してくれる誰かを、探して、探して、

駆られるように探しまくって、、、

やっとみつけた方が、その瞬間に1番伝えたいことを、傾聴するのです。

私は、そこにただ、話しやすい誰かでいるだけ。


試合が進み、ベスト4がみえてくるころ、

リポート担当校の、先発投手の幼なじみが、

球場のどこかにいると、応援団から聞きました。

幼なじみは、前日に延長12回投げたけれど

負けてしまった、同じくピッチャーです。

2点差、押されている、、。

マイクを向けるのは、彼の他には考えられない

けれど、5回裏までに探さなければなりません。

広い甲子園で探し当て、お話を伺う承諾を得て、構成まとめて、中継技術を手配して、リハして、

10分?、、、普通なら間に合いません。

色んな方にお話しを伺うのですが、何かが違う。

彼は、どこにいるのでしょう??

私は、3塁側スタンドから、ネット裏の最上階を

凝視しました👀


ネット裏なら、ピッチャーの姿がみえるものね。

本当は、応援席にはいたくなかったのだからね。

頭脳派だから、きっと、離れてみてるわよ。

引退翌日、ユニフォームではないわよね!?

私服の彼を探せるかしら? いや、制服ね!!

彼は、、、たぶん、父親といる?

お父さん、きっと今日も有給取ってるわよね。

1人で球場に来るのは辛いし、

友達と会うのは、昨日の今日で、

まだ辛すぎるものね。

   全て、妄想劇場なのですけれどね。


先に、マイクのコードとカメラがネット裏上階に届くことを確認してから、

私は3塁スタンドから走りだしました。

混在するべき何かがそこにあると信じる熱と、

イヤホン越しのアナウンサーの事実を伝える実況が、想像する未来を現実に変える頼りです。

観戦の邪魔をしないように、身を屈め、

立ち見の人をかき分け、階段を駆け下りて、

また駆け上り、汗を拭いながら、

白いカッターシャツに、丸坊主、

父親の横にいるであろう彼を探すのです。


こんにちは。観戦中すみません。

リポーターの奥窪ですが、◯◯君ですか?

はい。


不意打ちと、初対面の緊張感が走る瞬間に、

さっきまでの1人よがりの妄想は消しておきます。

誰だって、他人にわかったようなことを

言われるほど、失礼なことはありませんから。


これが、私なりにみつけた、

傾聴するという姿勢です。

そして、マイクの先の彼が、少し離れて

ネット裏から幼なじみや、昨日までの野球生活を見つめられるように、

私は、もう少し離れたところから、

言葉をかけるのです。


「悔いのないように、頑張って欲しい。」


飾らない彼の言葉が、球場に来られない誰かの

心ともシンクロするとき、

私には、また揚々と胸の奥から、熱っぽさが

こみ上げるのです。


生きていくということは、この先、

傾聴という姿勢を、続けることなのだな‥。

試合後に鳴り響くサイレンみたいに、

潔いあきらめにも似た達観が、 

年齢とか、学校とか、職務、地域、社会、

野球、カテゴライズされる諸々の

プレッシャーから、ある種の調和を見出したのも

つかの間‥

私の内側は、また誰もいない球場のように、

無と空をみつめているわけです。


心の声を聴くということ。

今ここに在ること。













この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
solayoga

いただいたサポートは、映像制作を手伝って下さる友人への感謝にあてたいと思います。

solayoga
インフラを声で🎤支えるアナウンサー 奥窪峰子です。(元NHKキャスター)   神戸でレスキュー隊にヨガを教えています。 インド・ヨガアーユルヴェーダ省の設立に伴 い、国家資格を取得(日本初&世界2例目)           多国籍な映画「COME&GO」に出演。  登山家⛰