スマイルズ公式note

株式会社スマイルズの公式noteです。日々のお知らせやプロジェクトの舞台裏などをじわり…

スマイルズ公式note

株式会社スマイルズの公式noteです。日々のお知らせやプロジェクトの舞台裏などをじわりじわりとお伝えしていきます。▶自分事業 https://www.smiles.co.jp/ | ▶コンサルとプロデュース https://creative.smiles.co.jp/

マガジン

  • 日経COMEMO

    • 13,272本

    日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

  • 新卒カイワイ採用

    スマイルズの新卒カイワイ採用は不定期実施です。 こちらのマガジンでは、スマイルズの採用情報や、仕事の紹介などをお伝えします。

  • 【連載】新卒ズのぶれぶれ日記

    新卒カイワイ2期生の新卒ズ4人による成長記録。興味関心の方向はバラバラ、好きなものもバラバラな4人が、てんやわんやとぶれぶれながらも前に進もうとする等身大の姿を、バトン形式でお届けします。

  • スマイルズのシコウとシクミ

    組織体制や事業戦略など、スマイルズの会社の仕組みのような話から、自分たちの思考や視点、チームに漂う文化や感覚をお届けする不定期連載です。

  • スマイルズ生活価値拡充研究所

最近の記事

スマイルズ新卒カイワイ採用のここまでとこれから

みなさんこんにちは。スマイルズ 新卒採用チームです。 少しずつ、新しいあたたかな風を感じる気候になってきましたね。 春がすぐそこまで来ているように感じる2月をみなさまいかがお過ごしでしょうか。 24新卒カイワイ採用のご報告と御礼さて、2023年8月に「スマイルズ24新卒カイワイ採用」のエントリーを開始してから、あっという間に半年が経過しました。 スマイルズに興味を持っていただいたみなさま、本当にありがとうございました。たくさんのご参加ご応募、うれしい限りです。 説明会や座

    • 2024年、スマイルズから新年のごあいさつです。

      文化のリープフロッグ穏やかならぬ年明けとなった方もいらっしゃるかもしれません。 一日も早い安寧を願っています。 年始ということで少しだけ僕の話をさせていただきますと、新社長となってもうすぐ一年。 さしてかわらぬ日々を送っていたわけですが、最近になって突然の“現実”襲来。 当たり前に思考せねばならぬ足元と数字。 あぁ、こういうことだよね。なんて思いながら過ごしています。 以前、某建築家の方とドバイ万博についてお話していました。その方曰く、 「ドバイ万博の建築群には歴史や土

      • 【連載】新卒ズのぶれぶれ日記 vol.3  THREE DAYS with Smiles:

        みなさんこんにちは。新卒ズの劉です。 ▼自己紹介はこちら 「新卒ズ」こと2022新卒メンバーの4名で連載している【ぶれぶれ日記】の第3回。 これまでの【ぶれぶれ日記】ではプロジェクト単位で皆さんに紹介してきましたが、第3回から今までと少し違う毛色で、「スマイルズで働く新人PMの THREE DAYS 」をテーマにして皆さんとお話ししていきたいと思います。 「スマイルズのみなさん、1日のスケジュールはどんな感じですか?」 採用の座談会でもよく聞かれますが、振り返ってみ

        • 【連載】新卒ズのぶれぶれ日記 vol.2 プールの中のアヒル大海を知る

          みなさんこんにちは!新卒ズのわたなべです。 「新卒ズ」こと2022新卒メンバーの4名で連載している【ぶれぶれ日記】の第2回。 ぶれながら、ぶらしながらの日々、その中にある振れ幅、ぶれ幅の中での手触り感や感じたことなどを今回も書いていきたいと思います! さて、まずは自己紹介。 好きな秋の食べ物は梨、苦手な通年の食べものはセロリです。 今回はそんなわたなべがお送りします。 時は2022年の7月に戻ります。新卒ズが入社して半年も経たないうちのこと。右と左が少しずつわかりかけた頃

        スマイルズ新卒カイワイ採用のここまでとこれから

        マガジン

        • 日経COMEMO
          13,272本
        • 新卒カイワイ採用
          7本
        • 【連載】新卒ズのぶれぶれ日記
          4本
        • スマイルズのシコウとシクミ
          1本
        • スマイルズ生活価値拡充研究所
          6本
        • 【連載】新人PM津田ひかるのずうずうしい日記
          10本

        記事

          スマイルズのシコウとシクミ ① /スマイルズの採用に興味がある皆さんへ

          こんにちは、スマイルズ クリエイティブ本部長の吉田です。プロジェクトディレクターとして外部案件のリードを務めながら、スマイルズのクリエイティブチームのマネジメントをしています。 2年ぶりに新卒カイワイ採用開始 採用と言えば、この度スマイルズのクリエイティブチームでは、2024年春入社の「新卒カイワイ生」の募集を始めます。新卒カイワイの採用活動は2年ぶり、これで3回目になりました。 カイワイ採用に伴い、クリエイティブチーム2期目の新卒メンバー4人による連載「新卒ズのぶれぶ

          スマイルズのシコウとシクミ ① /スマイルズの採用に興味がある皆さんへ

          【連載】新卒ズのぶれぶれ日記 vol.1『米惣動』という騒動

          こんにちは。新卒ズの内山です。 vol.1は、私がPM(プロジェクトマネージャー)を担当したプロジェクト「米惣動」について。 「米惣動」とは、これまで倉庫や文化に光をあてる「PASS THE BATON MARKET」や規格外食品などを扱う「パスザバトンの食料品店」ブースを通じて、各地の生産者や食品メーカーと出会ってきたスマイルズが、収穫から1年が過ぎた「古米」に注目した新たな企画です。 今回は、名前しか決まっていなかった企画「米惣動」が、実際に初回開催に至ったまでの舞

          【連載】新卒ズのぶれぶれ日記 vol.1『米惣動』という騒動

          逆面接から、ハジマリマス。#24新卒カイワイ採用

          みなさんこんにちは。スマイルズ 新卒採用チームです。 いよいよ、24新卒カイワイ採用のエントリーがスタートしました。これから採用選考がすすんでいきますが、いったいどんなヒトたちに出会えるのか。私たちも今から楽しみです。 さて、このブログを読んでくださっているということは、スマイルズの新卒採用に興味を持ってくださっているということだと思うのですが、いったいどんな選考をするのかについて、ここではお伝えしたいと思います。 「採用」や「選考」と聞くと、「会社に選んでもらうもの」

          逆面接から、ハジマリマス。#24新卒カイワイ採用

          スマイルズは辛いよ|新卒三期生、募集します。#24新卒カイワイ採用

          こんにちは、スマイルズ 採用チームです。 早速ですが、8月より「新卒カイワイ三期生」を募集します! 21年、22年に続く、2年ぶり3度目の募集です。 「採用」や「選考」と聞くと、「会社に選んでもらうもの」というイメージが強いかもしれません。(もちろん募集しているのは会社側ですから、そういう側面もあります。) ですが「企業は学生を選ぶが、学生も企業を選んだっていい、むしろそれがフェアなはず。」そんな想いから、今年も”企業が学生に面接される”逆面接を行います。 そして今年も

          スマイルズは辛いよ|新卒三期生、募集します。#24新卒カイワイ採用

          【連載】新卒ズのぶれぶれ日記 vol.0「はじめまして、新卒ズです」

          はじめまして。スマイルズ22新卒の伊藤です。 去年の4月から、スマイルズクリエイティブ本部の2期目の新卒としてジョインしました。今はちょうどスマイルズで2回目の夏を迎えるときです。 2期目の新卒メンバーは、私を含めて4人います。先輩のみなさんからはよく「新卒ズ」と呼ばれている4人組です。どこに座っても良いフリーアドレスなオフィスで、無意識的に4人で固まって座ってることが多いからだとか。 この連載では、そんな新卒ズがスマイルズで過ごす日々をバトン形式でご紹介します。尊敬す

          【連載】新卒ズのぶれぶれ日記 vol.0「はじめまして、新卒ズです」

          2023年、スマイルズから新年のご挨拶です。

          明けまして おめでとうございます 新年なので、今後の大きな時代を 「ピクニック紀」 と呼んでみることにします。 どういうことか。 (生活と協調) 企業も個人も、競う時代ではなくなる。 競う意味や動機が失われ、むしろ弊害ばかりが目立つようになる。 ビジネスより生活に重心が移り、生活が主体となる。 勝敗のあるスポーツとは異なる、協調を生むピクニックに関心が集まる。 (環境という前提) ピクニックは、オフィスや商店ではなく、野山で行う。 地球環境の意識と実践を持たぬものは、参加

          2023年、スマイルズから新年のご挨拶です。

          パーパスなるものを考えてみた

          この夏は、暑かったですねー。異常気象か、温暖化の影響か、何かのせいにせずにはいられない暑さです。今月は姑息シリーズを一度お休みして、パーパスについて考えてみたいと思います。 ところで先日、個人的には衝撃的なニュースを見ました。 「パナソニック」若者の5割知らず ブランド戦略を聞くhttps://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF02DPG0S2A600C2000000/ なんとパナソニックブランドの若年層(20代)の認知率が約5割となったと

          パーパスなるものを考えてみた

          「やる」の4象限を作ってみました。|MAKESHIFT→SHIFT MAKER 姑息な手段こそ、変化を生み出す第一歩!

          こんにちは、スマイルズ野崎です。前回に引き続き”姑息”メソッド第三弾。今回もオムニバスにビジネスの壁を突破する姑息集をお届けします。 気が付けばゴールデンウィークを過ぎて5月病に突入気味。 新年や新年度に決意を新たにしたことはどこへやら、モチベーションが減衰している方もいらっしゃるかもしれません。 4 モチベーションは外にあり突然ですが、大前研一さんの有名な言葉で以下のようなものがあります。 時間とムダの科学 (PRESIDENT BOOKS) | 大前 研一 ほか

          「やる」の4象限を作ってみました。|MAKESHIFT→SHIFT MAKER 姑息な手段こそ、変化を生み出す第一歩!

          推しがいは、生きがいに通ず? - スマ研1期生の振り返り③

          こんにちは。スマイルズ生活価値拡充研究所、所長兼研究員の花摘です。2021年4月から約半年間行われたスマイルズ生活価値研究所(通称スマ研)主催の共同研究コミュニティ、この度2期生の募集を行っています。 スマ研では、自動化やDXの流れの中で、見落とされがちな価値に光をあて、いまだ認識/知覚/享受されていないような、「不便益を含む未知なる益(Undiscovered Benefit)」を解明するための研究所です。4月からの第2期募集に際し、第1期参加者の方に半年ぶりにお話を伺い

          推しがいは、生きがいに通ず? - スマ研1期生の振り返り③

          ときめきのメカニズムを探る - スマ研1期生の振り返り②

          こんにちは。スマイルズ生活価値拡充研究所、所長兼研究員の花摘です。2021年4月から約半年間行われたスマイルズ生活価値研究所(通称スマ研)主催の共同研究コミュニティ、この度2期生の募集を行っています。 スマ研では、自動化やDXの流れの中で、見落とされがちな価値に光をあて、いまだ認識/知覚/享受されていないような、「不便益を含む未知なる益(Undiscovered Benefit)」を解明するための研究所です。4月からの第2期募集に際し、第1期参加者の方に半年ぶりにお話を伺い

          ときめきのメカニズムを探る - スマ研1期生の振り返り②

          あの人もやっている!? MAKESHIFT 》SHIFT MAKER 姑息な手段こそ、変化を生み出す第一歩!

          こんにちは、スマイルズ野崎です。新年度の始まりにふさわしい、新入社員にも、入社2年目にも、先輩社員も必見の?”姑息”メソッド第二弾。 今回はオムニバスにビジネスの壁を突破する姑息集をお届けします。 数々事例が出てきますが、残念ながら裏が取れないものが多数なので、あくまで話半分に聞いてください。 1 クワダテは『提案』じゃなくて『相談』せよ 新しいアイデアを思い付いた。自社がやるべき大義名分や、成功のためのエビデンスも携えて、満を持して上司に『提案』したら、けちょ

          あの人もやっている!? MAKESHIFT 》SHIFT MAKER 姑息な手段こそ、変化を生み出す第一歩!

          「前者Pへ」

          ご無沙汰しております。遠山です。 AIが予測した2050年 昭和の人生モデルから脱却のすすめ この記事では、改めて都市や企業への一極集中を避ける「分散」の必要を謳っており、全くその通りだろう。 これからはますます個人やプロジェクトの時代になるだろう。 選択的週休3日制を導入する企業も増え、一人ひとりが複業やコミュニティや地方に分散しながら自己を高めて生きていく。 AIやネットワークがますます発達する時代に、個人は単に労働や消費者の役割分担だけではなく、個人の発想や情熱