「よい教育」が地域活性化につながるメカニズム〜軽井沢・佐久地域の教育と働き方と移住者変化〜
見出し画像

「よい教育」が地域活性化につながるメカニズム〜軽井沢・佐久地域の教育と働き方と移住者変化〜

木下斉/HitoshiKinoshita

「よい教育」というのはかなり曖昧なものかつ流動的なもので、親世代が自分たちがイメージするものでないことも多くあります。

○ 20年前の記憶で、20年先の成果を目指す親たちの教育投資

特に親世代が子どもたちに提供しようとする教育の効果は、子どもたちが大人になってからわかるので、ある意味では20年前の記憶や経験をもとに、20年先に生きる教育を選択することになり、失敗することも多くあります。

この続きをみるには

この続き: 2,371文字
継続すると、個別に購入するよりお得になります。継続的に学ぼうという方におすすめです。

更新されるコラム、音声、動画まで含めて全て購読できるマガジンです!(他とのコラボマガジン記事など一部除く)

本マガジン購読ユーザーは、その月分からの有料コンテンツ、音声コンテンツにアクセスできます。個別にコンテンツ購入するよりも効果的に学べ、更新コンテンツもメールで配信されるので見落としがなくなります。

狂犬が更新する有料noteのテキスト、音声コンテンツが読み放題、聴き放題になります(他とのコラボマガジン記事など一部除く)。 動画による…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
木下斉/HitoshiKinoshita

サポートいただければ、さらに地域での取り組みを加速させ、各地の情報をアップできるようになります! よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!! ぜひSNSでもシェアいただければ幸いです。
木下斉/HitoshiKinoshita
エリア・イノベーション・アライアンス、地域活性化伝道師など。経営とまちづくりが専門。高校一年から補助金に頼らない地域事業開発に従事。著書『まちづくり幻想』『凡人のための地域再生入門』『福岡市が地方最強の都市になった理由』『地方創生大全』『稼ぐまちが地方を変える』など。