Shinya Miyazaki

編集好き。カルチャーエディター志望。書店やライブラリーをつくるブックディレクターもやっています。古代日本、テクノロジー、サブカルが好きです。

和歌のイノベーション―藤原定家の方法

いま一番のバズワードは「イノベーション」だろう。もはや言われすぎて手垢まみれになっている。それほどまでに古い伝統を打ち破り、どうやって新しいものを生み出すのか、...

デルフォイの神託の合意形成機能〜意味なんてなくていい!

なんでもかんでも「民主主義」でいいのか、というのは誰しも一度は思うことかもしれない。多数決で決まったことが「正解」かというと、決してそんなことはないからだ。 じ...

日本版バカロレアの哲学試験をつくってみる?(後編)

前回、フランスのバカロレアの哲学教科について説明しました。 概念リストや著作者リストなど、教育省にしっかりと学ぶべきリストがまとめられていました。では、それを見...

カルチャーエディターへの道!

2018年10月31日、8年間勤務した会社を退職しました。 これまでいろいろと転職活動をする中で、たくさんの企業の人と自分のやってきた仕事の話をしました。転職そのものと...

ユクスキュルの実験が斬新すぎる件

みんなの必読書・ユクスキュル! 「環世界(Umwelt)」という考え方を生み出した生物学者ですね。 なんとなく名前は知ってても、なかなか原著は読めていなかったりするの...

仏像にはUXの秘密が詰まっている

先日、京都の東寺に行って、初めて「立体曼荼羅」を見て、仏像にハマってしまいました。空海が曼荼羅の世界を「立体=仏像」で作り上げたものですが、その圧倒的な迫力に、...