若木信吾 写真家

子供の頃から写真を始めて、今ではプロのカメラマンとして雑誌や広告でお仕事させていただいてます。映画を撮ったり、本屋の経営もしてますが、どれも写真が軸にあってのことです。Voicy 始めました! https://voicy.jp/channel/2562/257769?x=8496
    • 若木信吾の「つかずはなれず」写真講座

      写真家の若木信吾です。 写真に関するあれこれです。写真家たちのインタビューや、ちょっとした技術的なこと、僕の周辺で起こっていること、それらについて考えていることなど、ざっくばらんに書いていきます。直接写真の上達につながるかどうかわかりませんが、「急がば回れ」でお付き合いください。気がついたら少しだけ、周りが違って見えてくるかも⁈

    • BOOKS AND PRINTS JOURNAL

      • 18本

      写真家 若木信吾が故郷浜松に開いた写真関連の本を主に扱う書店BOOK AND PRINTSが発信するマガジンです。国内外の本に関する様々な情報を特派員がレポートします。 最初のレポートはBOOKS AND PRINTS期間限定バンクーバー特派員の大久保洋一さんからです。

  • 商品の画像

    Youngtree Diary 2021 BOOKS AND PRINTS EDITION

    好評好評発売中の「Youngtree Diary 2020」の第二部となります。今回も前号に続き、発行人の若木自身も含めた15人の執筆者による2021年上半期(2021年1月から6月末まで)の日記のコレクションです。  これら執筆者メンバーと日記のコレクションのプロジェクトは、若木がコロナ禍最初の緊急事態宣言中に発案し、普段親しくしている方達に執筆者として、一年を通した日記を書いていただくよう依頼したものでした。最初の出版予定は今回と同じく2021年の秋に、一年分の日記を一冊にまとめるという狙いでしたが、新しいオンデマンド印刷機の仕様のため、半年ずつに分けてそれぞれ一冊ずつまとめる方向に変更しました。今回新たに出版する「Youngtree Diary 2021」はその後半部分となるものです。日記という形式をふまえた、それぞれの執筆者たちのショートエッセイ集としても楽しんでいただけると思います。1号目を既にお持ちになっている方は是非この2号目もお求めいただけますと幸いです。 2020年の春に発令された初の緊急事態宣言以降、幾度かにわたり、緊急事態宣言が発令され、対象となる都市や自治体もふえていきました。その中で、身近な人たちや、もしかしたらご自身も感染されたという方も少なからずいらっしゃることかと思います。そのような逼迫した状況の中で、ニュースが伝えきれない、人々の普段の日常を過ごした記録としての日記は今後振り返られるに値する、重要な歴史の一部となるに違いないという思いをもって、この「Youngtree Diary 」の二冊は制作されました。どんな状況においても自分の体験のオリジナリティを信じて、「今を書く」という行為は、若木が写真を撮影する時の思いと共通するものです。 前号に引き続き、15人の日記は時系列にならびかえられ、日にちを追ってそれぞれの行動や思いの記録が読めるようになっております。同じ日にそれぞれの場所でそれぞれの生活を営んでいるという、人生の多様さを読者は感じられることでしょう。 装丁もyoungtree pressの時代から続く、アートディレクター原耕一氏率いる「trout inc.」におねがいしております。読み物なのにヴィジュアルブックのように感じられるデザインで、気軽に手にとって気が向いた時に開いてどこからでも読むことができるようになっております。日記というプライベートな記録文学を、Coffee Table Bookのように生活の中に溶け込ませて置いていただくことで、日々のちょっとした気づきにつながることを願っております。
    ¥4,400
    Youngtree Diary STORE
  • 商品の画像

    Youngtree Diary 2020 BOOKS AND PRINTS EDITION

    Youngtree Diary BOOKS AND PRINTS Edition の受注受付開始いたしました。内容はこれまでと同じですが、表2(表紙の裏面)と表3(裏表紙の裏面)に新たにイメージが追加されます。Youngtree Diary 2020 は受注生産になります。今回のオーダー期間は2021年11月1日から11月30日までとなります。内容2000年代に人気を博した、市井の人々の写真と文章で綴られたドキュメンタリースタイル・マガジン「Youngtree Press」が13年ぶりに復刊!!記念すべき復刊第一号は、作家やイラストレーター、写真家、他さまざまなジャンルのcreative people15人による2020年下半期の日記コレクションを一冊にまとめたものです。コロナ禍、緊急事態宣言下、彼らはどんな日々をすごしたのでしょうか?参加者たちの撮影した写真とともにポートレートも掲載。著者:松浦弥太郎、オカタオカ、横山寛多、佐々木ののか、新元良一、Mike Ming、大森克己、黄弘川、清水チナツ、若木信吾、松葉正和、村岡俊也、大久保洋一、大木俊明、佐藤澄子編集・発行人:若木信吾判型: 318mm×236mm、オールカラー総頁数:104頁製本:ソフトカバー
    ¥4,400
    Youngtree Diary STORE

スティーブンショアのモダンインスタンスModern Instances

「ためになるものへの警告」と僕は読む  スティーブン・ショアは写真家としてはもう巨匠なのだが、アメリカの今の若い人たちにとっては大学の先生の一人だと思っている人…

スデクの写真が滲みてくるまでの時間

自分が撮った写真の中に何が隠されているのか

 今年に入ってVoicyを始めた。自分の日々の仕事や日常を話していることが多い。頻度が高いため、これで大丈夫なのかとか、(自分もリスナーも)飽きてしまわないかと早くも…

積水ハウス住宅展示場での写真展も残り1週間となりました!お近くの際には是非お立ち寄りください。

https://voicy.jp/channel/2562/282575

写真展今日からです!
積水ハウスイズロイエ浜松展示場

先程写真集「Rochester」仕上がりました!明日からの積水ハウス浜松展示場での写真展で購入できます。初版60部です。